【仮想通貨とは?】話題の理由や種類など初心者の方に向けて分かりやすく解説!

最近CMでも話題になっている仮想通貨。

「利益が億を超えた!」

「仮想通貨バブルだ!」

といった声が各方面から聞こえてきます。

このページでは、初心者の方に向けて仮想通貨が話題の理由やその種類などを分かりやすくまとめておきます。

「そもそも仮想通貨って何?」

「何でそんなに話題になってるの?」

「どうやって購入するの?」

こういった疑問はこのページを読むことで解消されるはずです!

仮想通貨とは?

仮想通貨とは仮想のお金のことです。

暗号通貨とも呼ばれます。

仮想っていうからには物理的に紙幣や硬貨としては存在していません。

あくまでインターネット上に存在するお金なのです。

僕も最初は「お金が実在しないとか大丈夫なの?」と思っていたのですが、

日本でもすでに楽天やNTT、リクルートなど大手企業が参入しています。

日本のお店にも仮想通貨導入の動きがどんどん広がっていて普通に使えるので安心してください。

以前にはビックカメラがビットコイン決済を導入して話題になりましたし、すでにカフェやバー、クリニックでも決済方法として導入しているお店もあります。

また個人的に一番注目しているのが、

身近なコンビニでも導入される準備が進められているということ。

これが実現すれば仮想通貨は一気に僕達の日常で当たり前の存在になるでしょう。

なぜ仮想通貨が話題なのか?

ではなぜここまで仮想通貨が世間で注目されているのかお話していきます。

価値が急上昇している

これが一番の理由です。

近年になって仮想通貨の価値が急上昇しているのです。

下記の図は仮想通貨で一番人気を誇るビットコインの2017年の動きです。

2017年1月時点で10万円程の価値だったビットコインが、12月時点で200万円まで上がっています。

たった1年間で約20倍も価値が上がっているのです。

例えばの話ですが、

1月時点で100万円分のビットコインを買って保有していたら12月には2,000万円に。

同様に1,000万円分保有していれば、2億円になっていたということです。

仮想通貨の特徴

仮想通貨の便利性も話題になっている理由の1つです。

仮想通貨はインターネット上の各国共通の電子通貨のようなものなので、

  • 手数料が安く抑えられる
  • 国に関係なく世界中どこでも使うことができる

こういった特徴があります。

クレジットカードよりも手数料が安く、

両替の必要もなく世界中どこでも使うことができるのです。

なんだか近未来感が半端ないですね!

日本で考えると2020年に東京でオリンピックが開催される予定なので、多くの外国人が日本を訪れます。

そうなると便利な仮想通貨の需要がさらに高まることが予想されるので、多くの企業や店舗が仮想通貨を導入する流れになっているのです。

またすでに仮想通貨を用いて取引を行うサービスも登場しています。

個人が株式を発行できるVALUなどがいい例ですね。

スポンサーリンク

仮想通貨の種類

一言に仮想通貨といっても、その種類は1,000種類以上存在しています。


数ある仮想通貨の中で一番メジャーな仮想通貨が「ビットコイン」。

そして、このビットコイン以外の仮想通貨達は「アルトコイン」と呼ばれています。

アルトコインで有名なものは

  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XMR(モネロ)
  • REP(オーガー)
  • XRP(リップル)
  • ZEC(ジーキャッシュ)
  • NEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • DASH(ダッシュ)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)

などがありますね。

この他にも数多くのアルトコインがありますが、

世間から注目されず人気のないものは「草コイン」と呼ばれたりします。

仮想通貨の購入方法

仮想通貨の購入方法ですが、

  • 取引所を作る
  • 身分証を提出して本人確認をする
  • お金を取引所に入金する
  • 仮想通貨を購入する

基本的にはたったこれだけです。

仮想通貨を購入するためにはまず取引所に自分の口座を作る必要があるのですが、

この工程が面倒くさいと感じる人が多いみたいですね。

ですが、実際にやってみるとめちゃくちゃ簡単です!

取引所は結構数があるのですが、初心者の方には下記の3つの取引所がおすすめです。

各取引所の特徴や具体的な仮想通貨の購入方法に関してはこちらで詳しく説明していきます。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。