【魅力】仕事でも恋愛でも!人を一気に惹きつける「魔法の6要素」

日常生活を送っていると「ついつい気になってしまうもの」ってありますよね。

実は人間には興味を持ちやすい要素というものが存在します。

この要素を持っている人の周りには自然と人が集まってきますし、ネットを見ている時にこの要素があればついついクリックしてしまうでしょう。

人間心理は不変なものなので、対面だろうとネット上だろうと関係ありません。

この要素を知って活用することで、あなたの人間関係は間違いなく今よりも豊かになるはずです。

このページではそんな人を惹きつける魔法の6要素についてまとめていきます。

仕事でも恋愛でも活用できるのでぜひ身に付けてみて下さいね。

人を惹きつける魔法の6要素

 

コバ

師匠、駄目です。あれから女の子に見向きもされません。

何か女の子からアプローチされちゃうような方法ってありませんか…。

師匠

しょうがないの。では、今回は人を惹きつける魔法の6要素について教えてあげよう。

コバ

ま、魔法の6要素…?!

師匠

そうだ。人間には興味を持ってしまう要素というものがある。

これを身に付けて活用することで求められる人になれるのだ。

要素1:お笑い芸人はいつだって人気者

 

師匠

まず1つ目は「楽しさ」。人は基本的に笑うことが大好きだ。

笑うことでリラックスし、ストレスを解消する効果もある。その結果心地よさも感じる。

いつの時代もお笑い芸人が人気なのもそのためだな。

 

コバ

なるほど!お笑い芸人になればいいんですね!

さっそく弟子入りしてきます!

 

師匠

待ちたまえ。何も一流芸人のようなお笑いを目指す必要はない。

日常生活なら相手が思わずクスッと笑ってしまうレベルでいいのだ。

 

コバ

あれ?「クスッ」程度なら僕も結構女の子笑わせてますよ?

 

師匠

それはクスクス笑いな。

君の場合は笑わせているのではなく笑われているんだ。

もちろん笑われるのも立派な楽しさの演出ではあるが、立場的にはどうしても下になってしまう。

つまり相手を意図的に笑わせることが出来た方が圧倒的に立場は上だ。

日頃からユーモアのセンスを磨くようにするように。

 

要素2:クラスに1人はいた

 

師匠

2つ目は「不思議さ」だ。人は頭に疑問が浮かんだらそれを解消しないと気がすまない生き物でもある。

例えばどんな店員さんとでも仲良くなる彼がそうだな。謎過ぎて気になったろう。

 

コバ

確かに…完全に見た目がマフィアですもんね。一方で僕って不思議さ皆無ですもんね。

 

師匠

不思議さ…つまりミステリアスさを持ったキャラクターはやはり人気が出やすい。

例えばエヴァの綾波レイやカヲル、スラムダンクの流川楓、ブリーチの浦原喜助などがいるな。

 

コバ

(一番不思議なのは師匠なんだけどな…。)

要素3:どうしても気になる

 

師匠

3つ目は「秘密」だ。人は何か隠されたりすると無性に気になるしそれを知りたくなる。

例えばこれは昔私に相談してきた女性がやっていたのだが…まぁこれはいいか。

 

コバ

いやいや、教えて下さいよ!

 

師匠

ってことだ。こうやって焦らされると人はよりその事に興味を持つのだ。

 

コバ

(クソじじぃ…)

スポンサーリンク

要素4:人気マンガの主人公

 

師匠

4つ目は「進化」だ。人は人の成長に興味を持つ。

例えば人気のある王道マンガを見てみれば分かりやすい。

「敵を倒す→さらに強い敵が現れる→主人公が修行などをして強くなる→敵を倒す→さらに強い敵が現れる→主人公が修行などをして強くなる…」を繰り返しているはずだ。

 

コバ

確かにドラゴンボールで悟空がスーパーサイヤ人になった時の衝撃は今でも忘れられませんし、花道が2万本の合宿シュートで身に付けたジャンプシュートには感動しました。

 

師匠

主人公が進化しないマンガはワンパンマンくらいだよ。

 

 

 

コバ

(この人意外とマンガ詳しいな…)

要素5:お金を払ってでも買いたいもの

 

師匠

5つ目は「権威」だ。人は権威に興味を持つ…というか権威に弱い。

例えばこれを利用して人にプレゼンや提案をする時に著名な人の名前を入れてあげることで一気に説得力を増すことが出来る。

「有名な◯◯さんも本の中で書かれていますが…」、「芸能人の◯◯さんも使ってます!」と言った感じだな。

あとは弁護士や検察官といった職業にも権威を感じる人が多いはずだ。

制服を来た警察官やパトカーを見ただけで「ビクッ」とする人もいるだろう。

 

コバ

僕も警官がいるとビクビクしているのでよく職質にあいます!

要素6:情熱に勝るものなし

 

師匠

6つ目は「真剣さ」だ。人は熱意や情熱といった真剣さに心動かされる。

ただしここで注意したいのが、最初からずっと真剣さを押し通した場合は逆に心が離れてしまう場合もあるということだ。

1人の女性に何十回もデートを申し込んだ話なんていい例だな。

 

コバ

やめてー!

 

これまでに紹介してきた6つの要素に関しては個々で活用しても問題はありませんが、真剣さはちょっと注意する必要があります。

それは、相手がちゃんと聞く体勢になってから真剣さを出すということ。

いきなり初対面の人に真剣になっても怖いだけですよね。

真剣さはアピールする順番が大事になってくるのです。

その事を踏まえた上で、実は今回紹介した6つの要素の順番はそのまま相手を動かすためのアプローチになっています。

特に営業などでクロージングする際には、楽しさで相手の心を掴み、不思議さや秘密で相手に気にならせ、自分の成長権威で立場を上にし、最後に真剣さで締めるといった流れが非常に有効なのです。

まとめ

今回は人を惹きつける魔法の6要素を紹介しました。

この6つの要素を意識して活用していくだけで、「人を惹きつける人」になり自然と人が集まってくるようになります。

ぜひ今日から意識して日常生活の中で活用してみて下さいね。

 

ではっ!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。