【失敗談】auの携帯料金が3倍に!格安SIMに乗り換えようとして損したお話

僕は2017年の4月にauを解約して格安SIMのmineoに乗り換えました。

そのおかげで月々の支払いがなんと1,410円に!(※デュアルタイプの1GBです)

mineoの月額料金(Aプラン)

引用元:mineo

しかもキャンペーンで利用開始月の翌月から800円引き×3ヶ月と来たもんだ!

格安SIMを知るまでは毎月auに3,000円ほど支払っていたので、

コバ

これで月々の携帯料金が大幅に安くなるぞ〜ひゃっほー!

なんて思っていたら

コバ

は、8,000円…

そして、、、

コバ

い、10,000円…

今までは3,000円前後だったauの携帯料金が

3月の携帯利用料金  8,037円

4月の携帯利用料金 10,497円

コバ

なんだねこれは?なぜこんなに高くなっている?

ネット関係に詳しいキッズ

落ち着くのです!料金の詳細を確認したいのなら電話で問い合わせてみるのです〜。

コバ

な、なるほど!よ、よし電話だ!

2年契約が終了したことで割引がなくなっていた

auお問い合わせ窓口(年中無休 9:00~20:00)

auの携帯電話から157(通話料無料)

au以外の場合は0077-7-111(通話料無料)

コバ

あ、もしもし月々の携帯料金が一気に高くなってたんですけど内訳を確認して貰えますか?

auのオペレーター

かしこまりました。確認いたしますので少々お待ち下さい。

(3分後)

お待たせ致しました。

これは割引の適用が終了されている影響ですね。

コバ

ん?割引の適用が終了?

どういうことかというと、まず今回の乗り換えで僕は2年契約が終了した後に2ヶ月間ある更新期間中に解約をしました。

僕の場合2年間契約で利用し続けてきて、更新期間は2017年3月1日〜4月30日の2ヶ月間。

もし2年契約期間中に解約をした場合、契約解除料として9,500円がかかるのですが、更新期間の2ヶ月間の間に解約すればこの解除料は発生しません。

そして、更新期間2ヶ月目の4月にMNPの予約番号を発行してauを解約しました。

ただ、2年間の契約が完了したことで

・月々の誰でも割 3,000円
・auのりかえ割   934円

3月からはこれら2つ(約4,000円)の適用がなくなっていたんです。

つまり更新期間である3月と4月の携帯料金は

3月の携帯利用料金  8,037円
基本料金3,000円に加え、割引がなくなった分4,000円増加、残りの1,000円は通話料。

4月の携帯利用料金 10,497円
→基本料金3,000円に加え、割引がなくなった分4,000円増加、残りはMNP予約番号の発行手数料3,240円。

こういう内訳でした。

格安SIMに乗り換えるなら更新期間1ヶ月目に乗り換えよう!

完全に僕のミスでした。

解約を更新期間の2ヶ月目である4月にしてしまったことで余分なお金を払っていたんですね。

もし更新期間の1ヶ月目である3月に解約をしていれば、4月分の7,000円(基本料金3,000円+割引がなくなった分4,000円)はauさんに支払う必要はありませんでした。

なんというか金額云々というよりも、自分のミスで損をしてしまったことが悔しいんですよね。

ただね、改めてよく出来てるシステムだなーと。

2年間契約でその2年間の間だけは割引を付け、その後に2ヶ月間の更新期間を設ける。

他社に乗り換える場合で更新期間の1ヶ月目に乗り換えた場合でも、割引が適応されていない金額を確実に1月分は支払う訳ですよ。

個人的にはその2年間の中に更新期間を組み込んで欲しいですし、そもそも携帯もwifiも年数縛りの制度は本当に止めて欲しいなと。

いや企業努力なのは分かるんですけどね。

まとめ

2年間の契約が終わり更新期間に解約するのであれば、auの場合2ヶ月ありますが1ヶ月目に解約した方がいいです。

僕と同じように面倒くさがって解約が遅くなってしまうと、その分損をしてしまうので気をつけてください!

今後僕のように損をしてしまう人を減らしたいなと思い記事にまとめておきました。

ちなみに僕が乗り換えたmineoへの乗り換え手順はこちらの記事を参考にしてみて下さいね。

人によってはめちゃくちゃ安くなるのでおすすめです!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。