【頭痛の種類】片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛それぞれの対処法まとめ

頭痛って本当に厄介ですよね。

僕は仕事柄よく頭痛になることがあるのですが、日常生活においてかなり障害になります。

仕事中に起こると仕事に集中できないし、休日に起こると休みが台無しになった気がして落ち込みます……。

なによりもずっとチクチクと痛みが続くので、ストレスが半端ないんですよね!

このページではそんな頭痛に悩まされている方に向けて、頭痛の種類とそれぞれの対処法についてまとめておこうと思います。

このページを読むことで一般的に言われている頭痛の種類と、それぞれの対処法が分かるはずです。

頭痛の種類によって対処の仕方が異なってくるので、自分がどの頭痛なのかしっかりと把握した上で適切な対処法を行っていきましょう。

一次性頭痛と二次性頭痛

頭痛といっても痛む部位や痛みの強さ、痛みの持続時間、原因などで様々な種類が存在します。

風邪や二日酔いで起こる軽度の頭痛の他に、

国際頭痛分類で分類された一次性頭痛二次性頭痛があります。

一次性頭痛は慢性的な頭痛でその頭痛自体が治療対象のもの。

二次性頭痛は他の病気が原因で二次的に起こる頭痛。最悪の場合は命に関わることもある危険な頭痛です。

【軽度の頭痛】

風邪や二日酔いで起こる頭痛。

【一次性頭痛】

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の3つ。

【二次性頭痛】

くも膜下出血や脳腫瘍、感染症など他の病気が原因で起こる頭痛。非常に危険です。

一次性頭痛の患者さんは日本では約3,000万人もいると言われています(4人に1人)。

今回はこの一次性頭痛について詳しくまとめておきます。

スポンサーリンク

一次性頭痛について

一次性頭痛は片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の3つです。

それぞれの詳細を見ていきましょう。

①片頭痛

頭のどちらか片側に脈打つようなズキズキした痛みを発症しする頭痛です。

痛みの他に吐き気を伴うこともあります。

(基本的に痛みは片側に現れますが、中には両側が痛む方もいます)

特に女性に多く、日本ではおよそ840万人の方が片頭痛に悩まされているとされています。

片頭痛は血管が拡張することで痛みが起こるので、

対処としては患部を冷やすか、血管収縮作用のあるトリプタン製剤が有効です。

(なぜ血管が拡張するのかは明らかになっていません)

また片頭痛は予兆がある人とない人があり、前者の人は予兆として閃輝暗点(せんきあんてん)が出ることがあります。

【補足】

閃輝暗点(せんきあんてん)とは目の前にチカチカとした光が現れたり、視界の一部が見えにくくなること。

②緊張型頭痛

主に後頭部から首筋にかけて鈍痛が続き、次第に頭全体に広がっていく頭痛です。

痛みの他にめまいを伴うこともあります。

男女ともに見られる頭痛で、患者数はおよそ2,200万人と言われており、僕も悩まされている1人です。

緊張型頭痛は無理な姿勢を継続したり、過度な緊張やストレスが主な原因とされています。

これらによって首や肩の筋肉がこわばってしまい血管が収縮され、頭痛に繋がっているのです。

対処としては首や肩のマッサージ、入浴などで血流を促進することで改善されます。

③群発頭痛

左右どちらかの目の奥を錐(キリ)で刺されるようなとてつもない痛みをもたらす頭痛です。

痛みの他に目の充血、涙、鼻水を伴うこともあります。

群発頭痛の痛みは心筋梗塞、尿路結石と並び世界三大激痛と称されており、片頭痛や緊張型頭痛の比ではありません。

特に男性に多く発症し、日本での患者数は約1万人とされています。

血管の拡張が原因とされていますが、なぜ血管が拡張されるのか根本的な原因やメカニズムは未だに解明されていません。

対処としてはイミグランや純酸素吸入が非常に有効です。

コバ

群発頭痛の対処法はこちらに詳しくまとめました。

まとめ:頭痛ごとに適切な対処をしよう

最後にそれぞれの頭痛の特徴を表でまとめておきます。

片頭痛 緊張型
頭痛
群発
頭痛
患部 片側
(両側の場合も)
頭全体 片側
目の奥
痛み ズキズキ 鈍痛 激痛
男女
割合
主に女性 ほぼ均等 主に男性
患者数 840万人 2,200万人 1万人
原因 血管の
拡張
血管の
収縮
血管の
拡張
対処法 冷やす
トリプタン製剤
マッサージ
入浴
イミグラン
純酸素吸入

頭痛によって対処法が異なるので、よかれと思って行ったことが頭痛をより悪化させてしまう場合もあります。

自分の頭痛がどの頭痛なのかを把握して、適した対処をするようにしましょう。

また突然強い痛みに襲われたり、安静にしているのに一向に治まる気配がない場合は、

早めにペインクリニック頭痛外来、脳神経内科を受診するようにしましょう。

中には命に関わる場合もあるので、頭痛だからといって決して侮らないようにしてくださいね。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。