【ストレス】職場の人間関係で疲れたあなたへ。今すぐ現状を打破するための行動を始めよう!

先日、マイナスな人間関係を断つことで僕が得ることが出来た3つの大切なものをお話しました。

しかし、中には関係を断ちたくてもすぐには断てない人も多いと思います。

例えばその最たる例が職場の人間関係です。

職場では基本的に毎日顔を合わせることになりますし、仕事上で関わるのであれば一方的に関係を断つ訳にもいきませんしね。

今回はそんな職場での人間関係で悩んでいる方へ向けて、その現状を打破するための手段についてお話していきます。

職場の人間関係

職場の人間関係って大事です。転職をする方の理由で最も多いのが職場の人間関係の悩みですしね。

そんな感じで多くの人が職場での人間関係に頭を抱えていますが、まず前提として職場で人間関係が上手くいかないのは当たり前のことなんですよね。職場の人間関係で悩んでいる方はそれが正常なのです。

そもそも人は一人ひとりの価値観や考え方が違います。そんなバラバラの人間を集めて同じ職場というコミュニティで雇用という形をとって一緒に仕事をしている訳ですから、問題が起きない訳がありありません。

むしろ職場全体が和気あいあいでみんな仲良しっていう方が稀なんです。

僕も以前勤めていた会社で

 

支配人

コバくん、この椅子次の会議で使うからそっちに運んでおいて。

コバ

はい!すぐに運びます!

 

1時間後。

 

お怒りの役員

おい!こんなところに椅子があったら邪魔だろ!

コバ

すいません!ただ支配人からここに運んでおくようにと指示を頂きまして…

お怒りの役員

仕事の邪魔だ!どかせ!それとも何か?お前が俺の仕事してくれるのか?あぁん?兄ちゃんよ?!

 

コバ

しらんがな

 

とは言えず、あっちを立てればこっちが立たず、こっちを立てればあっちが立たず的なことをずっと繰り返していました。

個人的に派閥や意地の張り合いは仕事上では本当に無意味だと思います。なんなんだろうねあれ、いくない。

スポンサーリンク

現状を打破する行動を始めよう

既存の仕組みを変える

誰かが改善してくれるのを待っていても都合よく変わることはまずありません。やはり自分から動かなければ何も変わらないのです。

例えば、その問題となっている人物が明らかに会社にとって不利益を与えている場合は、決定権のある経営陣に対して提案をしましょう。

ただ注意したいのが、単純に伝えるだけでは駄目です。

具体的にはその人物のどういった発言や行動が問題になってるのか?その具体的なプロセスを客観的にまとめ会社の不利益になっていることを証明しなければなりません。

提案するにしても自分の提案に説得力がなければ意味がないのです。そのために社内でアンケートを取ったり、実際にその人物の言動を証拠として提示することも必要でしょう。

また出来るのであれば相手側に一方的に改善を押し付けるのでなく、相手側の利益にも配慮する必要があります。全員が納得の出来る提案をすることが理想ということですね。

社員の意見を汲んでくれる経営陣であれば、これで改善されることもあります。

その仕事を辞めて独立するという選択

僕が大好きなアニメに攻殻機動隊というアニメがあります。その中で主人公である草薙素子がテロリストに言い放った台詞。

世の中に不満があるなら自分を変えろ。

それが嫌なら耳と目を閉じ、 口をつぐんで孤独に暮らせ。

それも嫌なら………

引用元:攻殻機動隊

つまり、世の中に不満があるのなら自分を変えるしかないということです。

攻殻機動隊の面白さは語りだしたら止まらないので、またの機会に書きたいと思います。

 

多くの方の場合、仕事をしているのは「生活をするため」というのが一番の理由だと思います。

それ以外にその仕事を続ける特別な理由がないのなら、個人的におすすめしたいのがその仕事を辞めるという選択です。

不満やストレスを抱えこんだまま嫌々仕事を続け、病気になったりして体を壊してしまってからでは本当に遅いですからね。

ただ仕事を辞めて転職をして職を変えたとしても、よい職場環境に恵まれるという保証はなく、また同じようなことの繰り返しになりかねません。

なので、大事なのは個人で生活出来る力を身に付けること。これさえで出来るようになれば、職場の人間関係に縛られることはなくなります。

よく「フリーランスは不安定、毎月お給料を貰えるサラリーマンの方が安定している」と言われたりしますが、僕から言わせてもらうと逆です。

一昔前なら確かにサラリーマンは安定していたかもしれませんが、これから先はそんなことはありません。ほとんどの仕事はロボットに代わり、人件費の削減で多くの人が職を失っていくでしょう。普通に大企業でも潰れてしまう時代になりました。

その会社に勤め続けた結果、その会社での地位やその会社での仕事は出来るようになるかもしれませんが、仮に40歳、50歳になって会社が倒産したらどうなるでしょうか?

他の会社でやっていけるのはその中でもごく一部の優秀な人に限られるでしょう。ほとんどの人が路頭に迷うことになると思います。

そうならないために、先を見据えて個人で生活出来るだけの力を付けておいた方が、よっぽど安定すると僕は考えています。

ただだからといっていきなり職を辞めるのはリスクしかないのでおすすめはしません。

最初は仕事をしながら並行して副業としてやっていけばいいのです。

取り組むものはあなたが興味が持てるものであれば、何でもいいと思います。でもやっていて楽しいと感じられないものはおすすめしません。人は楽しくないと苦痛にになってしまって続きませんからね。

もし、何を始めればいいのか決められないというのであれば、僕はブログを始めることをおすすめします。

あくまで僕個人の考えですが、ブログは個人で生活出来るだけの力をつけるための手段として最も適していると思っています。ネット環境があれば誰でもどこにいても始めることが出来ますから。お金もかからないですしね。

まとめ

今の環境を打破したいのであれば、自分を変える必要があります。

待っていても誰も変えてはくれませんからね。

ただ、今回お話した1つ目の既存の仕組みを変えることはその会社の状況にもよりますし、全面的にあなたが正しかったとしても逆恨みを買ってしまうこともあるかもしれません。

なので、個人的には2つ目の個人で生活出来る力をつける方がおすすめです。

もしあなたが今の職場の人間関係に悩んで頭を抱えているのであれば、不満やストレスで体を壊してしまう前に行動を始めましょう。

本当に後悔してからでは遅いので、あなたが後悔のない選択をしましょうね。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。