【ランパス】ランチパスポートとは?ランチ好きにおすすめしたい4つの理由!

様々なランチをワンコインで堪能することができる「ランチパスポート」。

僕も最近知ったのですが、これがあればランチをめちゃくちゃお得に楽しむことができます!

実際に使ってみてとてもよいものだったので、今回紹介したいと思います。

「ランチパスポートって何?」

「どんなメリットがあるの?」

「どうやって使うの?」

このページではランチ好きの方に向けて、

ランチパスポートをおすすめしたい理由をまとめていきます。

日々のランチ代を節約できる上にもの凄く満足感を得られるので、ぜひ活用してみてください!

ランチパスポートとは?

株式会社ほっとこうちさんが販売されているグルメ冊子で、

略して「ランパス」と呼ばれることが多いです。

【ランチパスポート札幌 大通&札幌駅2017】

有効期間:2017年3月15日〜2017年6月16日

掲載店舗:ランチ77店、テイクアウト6店、デザート14店

冊子は2017年1月時点で42都道府県で販売されており、

それぞれの冊子には各地域ごとのお店の情報が掲載されています。

値段は各地域によって若干違いますが、1,000円前後で購入することができます。

掲載されているお店に行ってランパスを提示することで、

そのお店が定めた料理(700円以上のもの)を500円で食べることができるのです。

行ったことがないお店でもマップ上で示してくれているので、すぐに場所が分かります。

またショップの一覧リストがあるのですが、

各お店の利用できる曜日や時間をすぐに確認できるのでもとても役立ちます。

ランチパスポートのメリット

全国で発売されているランチパスポートですが、人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

ここからはランチパスポートで得られるメリットを紹介していきましょう。

全てのランチが500円!!!

やはりランパスの最大のメリットはこれ。

掲載されている全てのお店の料理を500円で食べることができるのです。

どの料理を500円で提供するのかはそのお店によるので、

お店毎に割引額は異なってきますが、

大体800円〜1,200円くらいの料理が掲載されています。

ランチパスポート自体の値段を1,000円として、

1回のランチの割引額が300円〜700円だとすると、

ランチパスポートを2〜3回利用するだけで元が取れてしまうのです。

それ以降はランチを割引でお得に楽しむことができます。

またこのメリットを最大限に活用するのであれば、割引額が大きいお店をメインで回るのも面白いと思います!

例えば僕が以前お邪魔したカフェレストラン「こもれび」さんでは、

1,409円のステーキをランパス提示で500円で提供しているので、

これだけで元が取れてしまうんですよね。

その地域のお店を知ることが出来る

ランチパスポートには人気店から隠れ家的なお店まで様々なお店が掲載されています。

僕がランチパスポートを買って目を通した時は、

「こんなお店あったんだ!」

「ここ美味しそう!」

と知らないお店ばかりが掲載されていてとても新鮮でした。

そして、そのおかげでお店の情報が大分増え、

今では仕事やプライベートなど日常生活でお店を選ぶ時に役立ってくれています。

極端な話ですが、個人的にはランチを利用しなかったとしても、

ランチパスポートで様々なお店を知ることができるので、

それだけでも充分元が取れる一冊だと思っています。

ランチだけでなくデザートなどのジャンルも網羅

ランチパスポートという名前ではありますが、

ランチに限らずテイクアウトデザートなど幅広いジャンルを扱っているものもあります。

中には車が必要にはなりますが、「道の駅」を特集したランチパスポートもあったりと、

本当に幅広いジャンルのお店を知ることが出来るのです。

例えば僕は甘いものが好きなので、

よくデザートに「ジェラテリアミルティーロ」さんを利用したりしています。

夜パスが利用できる

ランチパスポートを提示することでランチはもちろんですが、

ディナー時にもお得なサービスを受けることができます(通称「夜パス」)。

夜パスの条件としては、そのお店のランチにランパスを1度でも利用していることです。

ディナー時に会計から20%オフや、ドリンクやデザート提供などの限定サービスを受けることができます。

スポンサーリンク

ランチパスポートの使い方と注意点

とってもお得なランチパスポートですが、

注意しなければならない点もあるのでしっかり使い方を覚えておきましょう。

1冊につき1名までの利用

ランチパスポートは1冊につき1名までの利用なので、複数人で使い回すことができません。

複数人で利用する場合はランチパスポートを1人1冊購入しましょう。

ランチパスポートの利用期限が限られている

ランチパスポートは冊子毎に利用できる期限が決まっており、

多くの場合3ヶ月間となっています。

なので、ランチパスポートを購入する際はその冊子の利用期限を確認してから購入しましょう。

「ランパス購入してみたら利用期限が1週間しかなかった」とかなったら悲しいですからね。

やはりベストなのは発売と同時に購入して丸々3ヶ月間利用することです!

1店舗につき3回まで

実際にランチを利用してみて気に入ったことでリピートすることもあると思います。

しかし、ランチパスポート1冊につき1店舗で利用できる上限が決まっており、

1店舗につき3回までの利用となっています。

なので、4回目以降にランパスを利用する場合は2冊目を購入する必要があります。

ちなみに夜パスは1回のみの利用となっています。

ランパスを利用できる曜日や利用時間がお店ごとに決まっている

お店ごとにランパスを利用できる曜日や時間が限られています。

これはお店によって変わってくるので、事前にしっかりと確認してから予定を立てましょう。

ランパスは注文時と会計時に提示する

ランパスを利用する際には注文時と会計時に提示する必要があるので、

必ずランパスを持参して店員さんに提示しましょう。

ランパスを利用した後に店員さんにスタンプを押してもらうのですが、

スタンプを押すタイミングは注文時だったり、会計時だったりとお店によって異なります。

ランパスのアプリが登場!

ランパスには公式のアプリもあります。

  • 全国の対応エリアで使用可(ランパスの購入不要)
  • 条件指定でお店の検索が出来る
  • 現在地から最寄りのランパス掲載店の検索が出来る
  • お店までのルート案内
  • 1店舗で1月に3回まで利用可
  • 新規で課金登録された方は初月無料

とても便利な機能を備えていて、料金は月額380円です。

アプリは複数の地域で利用する方だったり、スピーディーにお店を調べたい方、

またランパスの冊子を持ち歩きたくないという方におすすめですね。

ランチパスポート 毎日のランチを特別割引でお得に!
ランチパスポート 毎日のランチを特別割引でお得に!
開発元:株式会社バリューパスポート
無料
posted withアプリーチ

まとめ

僕はランパスを購入したことで、

ランチがお得になったのはもちろん、様々なお店を知ることができました。

ランチパスポートは本当にお得なのでおすすめですよ!

各地域で定期的に発売されているので、

ランチを食べる方はぜひランチパスポートを活用してみてくださいね。

マナーを守ってお得にランチを楽しみましょう!

最後に僕が今回のランパスで利用した店舗をまとめておきます!

【ランパス】北海道料理「絆」のローストビーフ丼が大迫力で大満足!

2017.05.19

【ランパス】「ジェラテリアミルティーロ」のジェラート4種盛り!16種のフレーバーの中からどれを選ぶ?

2017.05.21

【ランパス】中札内鶏を使った「ねぎま」の親子丼!とろとろ&ふわふわ卵に包まれた絶品ランチ!

2017.05.22

【ランパス】ゴマの風味が薫る「しのあ」の炙りチャーシュー入り坦々麺を堪能してきた!

2017.05.23

【ランパス】最高の値引率!オシャレなカフェレストラン「こもれび」でステーキ三昧!

2017.05.25

【ランパス】「山の猿」のチキンカツカレーはカツの衣がサクッサク!

2017.05.30

【ランパス】ダッチベイビーで有名な森の間カフェの「森の間スフレ」の圧倒的存在感がもの凄い!

2017.06.06

ランチパスポート札幌リクエスト版発売!(※2017年6月20日追記)

2017年6月20日にランチパスポート札幌のリクエスト版が発売されました。

さっそく初日に購入して詳細をまとめたので、

札幌にお住まいの方はこちらも併せて目を通してみてください!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。