【小樽】オルゴールが数千万円?!小樽オルゴール堂でメルヘンチックな非日常を体験してきた!

「オルゴールの聖地」と呼ばれることもある小樽オルゴール堂。

実際に行ってみたらめっちゃ非日常でよかった!

もうね、いろんな種類のオルゴールがこれでもかってくらい並んでました。

かわいい系からカッコイイ系、ネタ系、超高級オルゴールなどたっくさん!

メルヘンチック全開な非日常空間だったので、特にそういうが好きなの女子が行ったら間違いなくテンション上がっちゃいます。

このページではそんな女子に大人気のオルゴール堂の魅力を紹介していこうと思います!

小樽オルゴール堂へのアクセス

小樽オルゴール堂は南小樽駅から坂を下って歩いて5分くらい。

メルヘン交差点に面しているのですぐ分かると思います!


ちなみにオルゴール堂は2号館もありますが、今回僕が行ったのは本館の方です。

2号館はアンティークなオルゴールが並んでいるので、キャッキャしたい人は本館がおすすめ!

小樽オルゴール堂

オルゴール堂は3階建てになってます!

1階は様々なオルゴールが販売されていて、2階はオルゴールの歴史や高級オルゴールの販売、3階は気に入った曲を選んでオリジナルのオルゴールを作ってもらうことが出来ます。

ちなみに「一からオルゴールを作ってみたい!」って方は、メルヘン交差点向かいの「遊工房」でオルゴールの手作り製作を体験することが出来ますよ!

小樽オルゴール堂1階

さっそく1階へ入ってみると、招き猫が出迎えてくれました。かわいー!

そして、ズラーッと並んでいるオルゴールの数々。

まずはドラゴンのオルゴール。

ラスボス感が半端ない…。

そして、ぬいぐるみのオルゴール

恋人達のオルゴール。

個人的にめちゃくちゃツボだったのがこちらのオルゴール。


 

「なぜか俺だけ集合時間が朝の5時だったんですよ…。」

 

この子を手にとって爆笑してました笑

その他にも観覧車や飛行機が動くオルゴールに、

小樽オルゴールオリジナルの天使オルゴール。


壁掛け用のオルゴールもあります。

あとは一風変わったオルゴールもあります!

まずはボルト人形。


この発想には感動した!

本当に人みたいで一つ一つが全く違うポーズや楽器を演奏していて個性があります。

そして寿司オルゴール!

いろんな意味でネタ!これは完全に外国人にウケるやつ。

ちなみにオルゴールだけではなく、キレイなアクセサリーもありました。

ただ手作りなので若干値段は高めです!

オルゴールの値段はだいたい数千円といったところでしたが、ディスプレイに入っているオルゴールは2万〜3万円くらいの値段が付いていました。

さらに2階には高級フロアがあると案内があったので、興味本位で覗いてみることに。

この時僕は「高級って10万円くらいのオルゴールがあるのかな?」程度の認識でした。

スポンサーリンク

小樽オルゴール堂2階

まずはこれ。て…斬新。

部屋の消臭効果があるそうです!すげぇ!

オルゴールの今までの歴史をまとめた展示や


アンティーク品が展示されていてTHE・西洋って感じでした。


そして、その奥に高級オルゴールエリアがありました。

各所に「手を触れないで下さい」の看板。

このエリアはとても幻想的な雰囲気に包まれています。

そして、一番奥にディスプレイで一際厳重に管理されているオルゴールがありました…。

「瑞祥四霊 雲龍之図」

に、にひゃくまん?!

コバ

いやいやいや!マジっすか?車買えちゃうじゃん!

 

ん?

 

 

¥21,600,000

 

に、にせんま…

コバ

消費税で車買えるわ!

不用意に近づけませんでした←

まとめ

実際に小樽オルゴール堂に行ってきましたが、カップルのデートにもご夫婦の観光でも女友だち同士の旅行でもおすすめだなーと思いました。

特に女の子は間違いなくテンション上がると思います。オルゴールが嫌いな女の子はあまりいませんからね。

あ、もちろん男性も楽しめますよ!

男の僕でも子どもの頃ってオルゴールって聞いただけでなんだかワクワクしてました。

個人的には箱型でパカって開けるオルゴールが好き。

どんな曲が流れるんだろ?っていうあのワクワク感がたまらなかった。

そんな童心に戻らせてくれるオルゴール。

結局気付いたら2時間くらいオルゴール堂を満喫してきましたね。

ぜひオルゴール達が作り出す非日常をあなたも体験してみて下さいね!

小樽オルゴール堂

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。