【小樽】観光におすすめと話題のニトリ小樽芸術村に行ってきた!ステンドグラスとガラス作品が神秘的な美術館

「小樽に新たな観光名所が出来た!」

そんな噂を聞いた僕はさっそく小樽まで足を運んできました。

今回行ってきたのはニトリ小樽芸術村。

まだOPENしてそれほど経っていませんが、小樽の人気の観光地になっています!

実際に観光してみて「また来たい!」と思えるくらいよかったので、ニトリ小樽芸術村についてまとめておこうと思います。

ニトリ小樽芸術村とは?

簡単に説明するとステンドグラスとガラス作品を鑑賞出来る美術館。

小樽駅から出て中央通りを下っていった先の運河沿いに位置しています。専用の駐車場はないので、車で向かう場合は近隣の駐車場を利用しましょう。

あの「お値段以上ニトリ」で有名なニトリさんが運営していて、2016年7月23日にOPENしました。

歴史的建造物を改装して、そこで美術品・工芸品を展示公開しています!

ミュージアムショップ

入り口から入るとまずはミュージアムショップが広がっています。

ここではガイドブックやポストカード、グラスやキャンドルなどを販売していました。

ミュージアムショップのみの利用は入場無料です。

開館時間と入館料

開館時間は9時30分〜17時までで、入場時間は閉館の30分前までとなっています。

7・8月の夏季営業中は18時まで、2月に行われる「小樽雪あかりの路」の期間中は21時まで開館しています。

入館料は一般700円、学生500円、中学生以下の方は無料です。

この料金でステンドグラス美術館とアール・ヌーヴォーグラス館の両方を楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

ステンドグラス美術館

受付で入館料を支払うと入場チケットとパンフレットを貰えました。

ステンドグラス美術館の入り口には無料ロッカーがあるので、荷物を預けてゆっくり観ることが出来ます。

こういう配慮はありがたいですね。

また入り口では音声ガイドの無料貸し出しも行っていました。

音声ガイドを活用することで、そのステンドグラスの歴史的背景を学びながら鑑賞出来るのでとてもおすすめです。

ステンドグラス美術館のコレクションは19世紀末から20世紀初めにイギリスで作られたものが多く、実際に教会の窓に収められていたステンドグラスをそのまま展示しているそうです。

ステンドグラス美術館は2階まであります。

2階へ登る階段がオシャレ。

階段の「ギシっ」ていう音が会場に響き渡るくらい静かで荘厳な雰囲気でした。

そして、2階までそびえ立つステンドグラス。

壁一面に広がるステンドグラスはめちゃくちゃ大迫力でした。

有名な最後の晩餐のステンドグラスも。

この迫力はぜひ実際に足を運んで体感してみて下さい!

アール・ヌーヴォーグラス館

ヨーロッパを中心に19世紀末から20世紀にかけて起こった新しい芸術運動「アール・ヌーヴォー」。

その時代を生きた著名な作家達の作品を展示しています。

主な作家はエミール・ガレ、ドーム兄弟、アージー・ルソー、アマルリック・ワルター、ルネ・ラリックなど。

ガラス作品の技法なども展示されています。

まとめ

ステンドグラスもアール・ヌーヴォーの作品も本当に綺麗で終始見とれてしまいます。

美術館巡りが趣味なカップル、西洋の美術品に興味がある夫婦の方々にはめっちゃおすすめです!

入場料の値段自体も妥当だなと思いました。

ただ逆に「ウェーイ!」って騒ぎたいカップルには向かない感じです。

またニトリ小樽芸術村は2017年9月1日にさらに2棟を加え、全4棟となってグランドオープンする予定だそうです。

小樽駅からも近いですし、本当におすすめなので小樽観光に来た際はぜひ足を運んでみて下さい!

僕もグランドオープンしたらまた行こうと思っています。

ニトリ小樽芸術村

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。