【小樽】六味庵の「きまり丼」を食べてきた!地元の人々に愛され続ける金太の金太直伝の名物丼!

小樽には昔から地元の人々に愛され続けている名物丼があります。

それが焼肉屋の金太の金太さんがランチで提供していた「きまり丼」。

大量のご飯の上に豚バラと目玉焼き、そしてキムチからなるボリューミーな一品。

ただ残念ながら数年前に提供を終了してしまったそうです。

「もう食べられないのか…」

と落ち込んでいたのですが、なんとそんな幻の一品であるきまり丼を受け継いでいるお店があると。

そのお店が六味庵さん。

お店を出す際に金太の金太の親父さんからきまり丼を継承し、復刻したそうです。

「これは食べに行くしか無い!」ということで、六味庵さんで復刻したきまり丼を堪能してきました!

六味庵へ

六味庵さんの最寄り駅はJR南小樽駅です。

南小樽駅から徒歩5分くらいで着きました。

お店に近づくと炭火の匂いが漂ってきます。

看板に金太の金太直伝「きまり丼」の文字が!これこれ!!!

店内にはカウンター席が5席ほど、座敷のテーブル席が3つほどありました。

ちょうど12時くらいに伺ったのですが、座敷のテーブル席は満席で作業着の方々が仕事中のお昼ご飯といった感じです。

おかみさん2人で切り盛りされているようでしたが、とても優しいおかみさんでした。

六味庵のメニュー

お店の看板メニューはなんといってもきまり丼。

ノーマルは750円。

スペシャルにするとお肉とご飯が1.5倍になって940円です。

金太の金太さんではノーマル、スペシャルに加えて2倍の量になるダブルがあったそうですが、六味庵ではダブルはないそうです。

ちょっとだけ残念。

きまり丼の他にも限定5食の特盛り豚ランチも美味しそう。

その他のメニューはこんな感じ。

麺類に丼物、定食にカレー、スパゲッティなど種類が豊富です。


ただ今回の目的はきまり丼なので、迷わずに決まり丼のノーマルをオーダーしました。

スポンサーリンク

幻の「きまり丼」登場!

カウンター席だとお肉を焼くところを目の前で見れるのですが、炭火焼きで火柱が上がって「お〜!」となります。

見とれていると、15分くらいできまり丼が運ばれてきました。

ご飯の上に豚バラと目玉焼きが2つ、ピリ辛の漬物が乗っています。

お供にはネギと油揚げのお味噌汁が。

香りが凄くいいので食欲をそそります。

さっそくお肉を一口いただきます。

コバ

美味ーい!!!

ご飯もタレが染み込んでいて美味しい。

続いて卵をお肉にかけて

卵と一緒に。

コバ

まろやかさが加わってこれまた美味い!!!

本当にあっという間に食べ終わってしまいました。

個人的にはネギと油揚げのお味噌汁も風味がとても良い絶品。

きまり丼大満足でした!

まとめ

僕が食べていると続々とお客さんが入ってきます。

そして、みんなこぞってきまり丼をオーダーしていました。

どうやら常連さんが多いようで、店内には笑いが絶えません。

そんな地元の人々に愛され続けているきまり丼。

小樽に寄った際にはぜひ幻のきまり丼を堪能してみて下さいね。

六味庵

営業時間:11:00〜21:00

定休日:日曜日

座席:カウンター席、テーブル席(座敷)

備考:

HP:食べログ

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。