【プラグイン】記事中にアドセンス広告を自動挿入するならシンプルに設定できる「adMore」がおすすめ!

ワードプレスを運営して収益化する上で「記事中に広告を表示したい」と思う方は少なくないですよね。

コバ

これでよし!記事中に広告が表示されるはず!

あとはこっちの記事に広告のコードをコピペして…

ネット関係に詳しいキッズ

おや、何を必死にやっているのです?

コバ

お?記事の中に広告を差し込んでるんだよ。

結構手間で一日かかっちゃったけどあと1記事で終わり〜!

ネット関係に詳しいキッズ

まさか…1記事1記事手動で広告のコードをコピペしたのですか?

コバ

もちろん!いや〜今日は頑張っちゃったな〜!

ネット関係に詳しいキッズ

………それ、プラグインで簡単に代用できるのです…。

コバ

……………え?なんだって?聞こえないよ?

記事中に表示される広告はクリックされやすいですし、立派な収益化の1つの手段になります。

ただし、記事を書く度にいちいち広告のコードを貼り付けていくのはかなり手間ですよね。

ですが、そんな手間がかかる作業を代わりに行ってくれるプラグインがあります。

それが「adMore」です。

このページではあらかじめ設定をしておけば、あとは自動的に記事中に広告を差し込んでくれる便利なプラグイン「adMore」について、インストール手順から設定の方法までまとめておきます。

adMoreとは?

広告を表示させたい場所に広告のコードを設定しておくだけで、自動的に広告を差し込んでくれる非常に便利なプラグインです。

広告を表示させることが出来る場所は、

①記事のヘッダー(記事の最初の部分)

②フッター(記事の最後の部分)

③moreタグ

この3つでそれぞれに広告を自動的に挿入することが出来ます。

ちなみに「moreタグ」というのはトップページなどでそれぞれの記事の導入文を表示させる時に、任意のところで「続きを読む」と表示させるタグのことです。

moreタグは記事の編集画面で①のボタンをクリックすることで②のように差し込むことが出来ます。

adMoreはこの②のmoreタグの部分に設定した広告を差し込むことが出来る訳です。

注意点として①ヘッダーと②フッターは広告を設定すればそのまま全ての記事に自動的に表示されますが、③moreタグの場所に設定した広告は記事中にmoreタグを差し込んだ記事にしか表示されません。

なので広告の表示場所としてmoreタグを使う場合は、記事中にmoreタグの挿入を忘れないようにしましょう。

ちなみに表示させるものは広告以外(例えばSNSボタンやおすすめ記事など)でも可能なので、表示させるものを個人で自由にカスタマイズすることが出来ます。

スポンサーリンク

adMoreのダウンロード

ネット関係に詳しいキッズ

adMoreは下記のサイトで無料で配布してくれているのでありがたくダウンロードさせてもらうのです。

コバ

うおおおおおお!ありがとうございますありがとうございます!

※adMoreはプラグインの新規追加の検索からは入手出来ません。

記事ヘッダ・フッタ・more位置にタグを自動挿入するWordPressプラグインを配布してみる。

設定方法もとても分かりやすく記載して下さっています。

上記のサイトに移動したら「adMoreプラグイン」をクリックしましょう。

そうするとzipファイルがダウンロード出来ます。

ちなみにzipファイルとは元々のファイルを圧縮したファイルのことです。

例えばインターネット上でファイルのやり取りをする時などにファイルの容量が大きすぎると時間がかかってしまいますよね。

そこでファイルを圧縮することでファイル自体の容量を小さくすることが出来ます。

そうするとファイルの容量が圧縮前より軽くなり、やり取りがスムーズに出来るという訳です。

圧縮されたファイルはそのままだと使うことが出来ないので、使う時には元のファイルに戻す解凍という作業をする必要があります。

解凍するとこんな感じで元のファイルに戻ります。

ただ今回はzipのままで大丈夫です。

分かりやすいようにzipファイルのままデスクトップにでも保存しておきましょう。

では、続いてプラグインの新規追加をクリック。

そしたらプラグインのアップロードをクリック。

次にファイルを選択をクリック。

先程ダウンロードしたadMoreのzipファイルを選択しましょう。

ファイルを選択すると今すぐインストールのボタンがクリック出来るようになるのでクリック。

最後にプラグインを有効化をクリック。

これでインストールは完了です。

adMoreの設定

では続いてadMoreの設定をしていきましょう。

adMoreの設定方法はメニュー一覧の設定の中にあるAdMoreをクリック。

広告を差し込みたい箇所に広告のコードを貼り付けて設定更新をクリックすれば設定は完了です。

あとは過去の記事にもこれから更新していく記事にも自動的に広告を差し込んでくれます。

まとめ

今回はadMoreを紹介しましたが、広告を記事中に自動的に差し込む方法は他にもあります。

adMore以外のプラグインで代用したり、ワードプレスのhtml自体をいじって設定することも出来ますが、僕はシンプルで分かりやすいadMoreを使っています。

広告を記事中に差し込むのはブログの収益化の中でも一番取り組みやすいものだと思うので、これから収益化を考えている方はadMoreを積極的に活用してみて下さい。

また僕が厳選したワードプレスを運営していく上で必須のプラグインを下記のリンク先にまとめておいたので、こちらもチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。