【節約】格安SIMとは?格安スマホに乗り換えたので初心者の方に分かりやすく解説します!

月々の携帯料金って高くないですか?

毎月の固定費ってマジで馬鹿にならないですよね。

どうにかもっと安く抑えられないかなと色々試してみて僕がたどり着いたのが格安SIMでした。

結果からお伝えすると格安SIMのおかげで、僕は携帯料金が半分以下になりました。

「格安SIMを知っている上で選ばない」のならいいと思いますが、「格安SIMを知らないから選べない」のであれば、毎月余分にお金を払っている可能性大です。

ただ僕も格安SIMを調べる前は

コバ

格安とかなんだか胡散臭くない?

安くなるらしいけど面倒くさいんでしょ?

こういったイメージを抱いていました。

この時はろくに調べようとすらしなかったのであまり人のことは言えないのですが、実際に使ってみたらイメージと全く違って驚きました。

このページでは知識ゼロの方でも格安SIMがどんなものなのかを理解し、使うことで得られるメリットやデメリットについて分かりやすくまとめていきます。

この機会に格安SIMの仕組みを理解して、可能なら毎月の携帯料金を節約しちゃいましょう!

今まで損をしていた実例

コバ

むむむむ…。(携帯料金表とにらめっこ中)

ネット関係に詳しいキッズ

そんなに画面とにらめっこして楽しいのです?僕もやるです〜

コバ

いや、先月の携帯料金の明細が出たんだけどさ、固定費ってバカにならないじゃん?

AppleCare+を解約して少しは安くなったけど、もっと安く出来ないかなと思ってさ。

ネット関係に詳しいキッズ

そうでしたか、それなら格安SIMを検討してみるといいのです!

コバ

格安SIM?あぁ、名前だけ聞いたことあるな。

携帯料金を安くしようとすると必ずといっていいほど話題に上がるのが格安SIMです。

僕はauのiPhoneを使っているのですが、上記の画像のように毎月の料金は2,500円程度です。

(端末代は最初に一括で支払いました)

ただ僕はWi-FiのWiMAXも契約していて、その関係でauの携帯料金が毎月934円割引になるというキャンペーンが適応されています。

なので、実際の携帯料金は3,500円程度ということになります。

ネット関係に詳しいキッズ

まずは自分が月にどれくらいの通信と通話をしているかMy auにログインして確認してみるのです。

コバ

ええと…、先月の通信量は0.4GBで、通話料は40円くらいだね。

家にいる時は携帯はWi-Fiに接続してるからね。

ネット関係に詳しいキッズ

それはもったいないのです!

例えばmineoなら音声通話ありのプランで、余裕を持って1GBにしたとしても月々1,410円の支払いで済むのです!

画像引用元:mineo

コバ

え?マジ?!

ネット関係に詳しいキッズ

みなさんも自分が一ヶ月にどれくらいの通信料と通話を使っているのかを確認して、格安SIMの料金プランを見てみるといいのです。

特に普段あまり携帯を使わない人や、使うけどポケットWi-Fiを契約していたり、家にWi-Fi環境がある人はかなり節約できると思います。

 

そして、僕も見直しの余地があったのですが、それよりも問題だったのが僕の両親でした。

この前電話した時に両親の携帯料金を聞いてみたのですが驚愕しました。

両親

携帯料金?

月々7,000円くらいだね。2人とも。

コバ

な…7,000円!

しかも「2人とも」…だって?!

怖いなと思ったのがその金額が普通だと思っていたことです。

両親は電話もネットもそんなに使いません。

それにも関わらず色々なオプションが付いていて、何の疑問も持たずに今の今まで毎月支払ってきたのです。

ネット関係に詳しいキッズ

カモなのです!

ちゃんと教えてあげないからこうなるですよ。

コバ

ぐぬぬぬぬ…。

実際に僕は格安SIMにして月々の支払いが1,410円程度になりました(音声通話付き)。

これを両親に当てはめてみると毎月5,500円の節約。

1年間で66,000円の節約。

これが2人なら1年間に132,000円の節約…2人で色々な旅行に行けるよ。

どうでしょう?これって地味にでかいですよね。

例えばサラリーマンの方の場合、給料を1年間で13万円上げるのは中々難しいです(というか不可能に近い)。

それがこの記事を読んで、申し込みや設定などに1〜2時間を費やすだけで節約出来るのなら、格安SIMを検討する価値は充分あると思います。

格安SIMって何?

ではまず「そもそも格安SIMとは何か?」というところからお話していきましょう。

まずは「SIMカード」について説明します。

ネット関係に詳しいキッズ

SIMカードとはスマホの中に入っている小さなカードのことなのです!

SIMカード自体の大きさは、端末によってMini(ミニ)、Micro(マイクロ)、Nano(ナノ)の3つに分かれています。

このSIMカードに購入者の情報が埋め込まれていて、SIMカードを端末に入れることで音声通話やネットが出来るという仕組みになっています。

なので、SIMカードを抜いてしまえば音声通話もネットも出来なくなってしまう訳です。

このSIMカードは個人情報が入っているものなので、取り扱いには気をつけましょうね。

ちなみに店頭で携帯電話を購入した場合は、ショップのスタッフさんがSIMカードを端末に入れてくれるので、実物を見たことがないという人もいるかもしれません。

そして、このSIMカードですが、

・大手携帯会社(docomo、au、ソフトバンク)で提供されているものをキャリアSIMカード

・その他の携帯会社で提供されているものを格安SIMカード

と一般的に呼ばれています。

つまりSIMカード自体にはそんなに差はありませんが、SIMカードを提供する会社によって名称が変わってくるという訳です。

携帯電話業界の実態

現在の大手の携帯会社といえば、docomo、au、ソフトバンクの3つが有名ですね。

というかこの業界は完全に3強です。

この大手達が強すぎるので、この3社と肩を並べられる企業が存在しません。

そんな状況が長年続いていた訳ですが、そうなってくると3社とも安泰なので価格競争が起きずに、値段は高いまま。

そもそもなんでこの3社が強いのかというと、電話の回線をこの3社で独占していることが最大の理由でした。

そんな状況を見た国がこれはアカンということで、

大手3社くん達〜!

回線を独占してないで、他の業者にも回線を分けてあげてね!

となり、これにより大手3社の回線を借りて携帯電話業界に参入してきた企業が増えてきたのです。

この新たに参入してきた企業のことを「仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)」と呼びます。

略して「MVNO」

秘密組織みたいでカッコイイのですが、ようは「大手3社から回線を借りて携帯電話事業始めました!」という新しい企業さん達なのです。

そして、このMVNOと呼ばれる企業が、先程の格安SIMを提供している訳ですね。

ただ最近参入してきた企業さんが多いので、大手に比べると知名度がまだ低いのです。

格安SIMについて気になる疑問

格安SIM自体がどんなものなのかはご理解頂けたと思います。

次は格安SIMに関してよくある疑問についてまとめておきましょう。

女学生

Q:ちょっと回線の性能が心配なのです〜

A:回線自体は大手から借りてきているものなので、性能自体は大手の回線と同じです。

MVNOは大手に比べて知名度がないだけで、怪しいものではないんですね。

僕は携帯は主にLINEでのやり取りとゲームアプリに使っていますが、特に問題なく使えています。

 

サラリーマンの友人

Q:なんでそんなに安く提供できるんだい?

A:MVNOが提供するSIMカードは「格安」と呼ばれていますが、実はこちらの値段の方が適正であり、今までの大手3社が高過ぎたのです。

なので格安SIMを使うことで値段が安くなるというよりは、適正な値段になるという感じですね。

 

某マフィア

Q:格安SIMは申込みや設定が手間なんだろ?

A:これは否定しません。申し込みや設定に時間や手間はかかります。

ただ僕の場合ですが、auショップで携帯電話を新規で購入した時は1時間くらいかかりました。

時間で考えると個人的にはどちらもそんなに変わらないかなーと思います。

 

偉い人

Q:使っていた電話番号って引き継げるのかな?

同伴の女の子の数が多くて改めて番号を教えるのが面倒でね…

A:電話番号は引き継げます。

格安SIMでも音声通話付きのプランを選択して、MNP制度を使えば、今まで通りの番号で使うことが出来ます。

安心して同伴に行って下さい。

MNP制度とは?

携帯会社を乗り換える際に電話番号をそのまま引き継げる制度のことです。

便利な制度ですが、会社によって事務手数料がかかります。

格安SIMのデメリット

コバ

でもさ、さすがに世の中そんなうまい話ばっかりじゃないでしょ?

きっと何かしらのデメリットとかあるのでは?

ネット関係に詳しいキッズ

もちろんデメリットもあるのです!

しっかり把握しておくのです!

格安SIMのデメリット一覧

  1. 通話料金が高かったり、かけ放題に対応していないものが多い
  2. キャリアメールが使えない
  3. ネット通信が遅い時がある
  4. テザリングに対応していないこともある

①通話料金が高かったり、かけ放題に対応していないものが多い

普通に通話する場合の通話量は高めです。

だいたいの相場として30秒で20円くらいが目安ですね。

ただ今は無料通話が出来てしまうLINEなどで代用も可能なので、人によってはそこまでデメリットではないかと思います。

僕から電話するのはたまに頼む出前くらいなので、普段はLINEで事足りています。

仕事などで電話を頻繁にする必要がある人は、別に電話専用の安い携帯を契約して2台持ちにするとかいいかもしれませんね。

その分、格安SIMカードのスマホを音声通話のない安い方のプランにすることが出来ますので。

②キャリアメールが使えない

「◯◯◯@ezweb.ne.jp」のようにキャリア会社からは専用のメールアドレスをもらえます。

しかし、格安SIMではこういったメールがないのでキャリアメールが使えなくなります。

ただメールアドレスはgmailなどのフリーメールでいくらでも代用できるので、これも人によってはそこまでデメリットではないと思います。

僕はそもそも普段の連絡はキャリアメールは使わずアプリのLINEを使っていました。

③ネット通信が遅い時がある

僕は携帯でゲームアプリをよくやるのですが、普通に使っている分には全く問題ありません。

ただ回線が込むお昼や夕方辺りは若干回線の繋がりが遅くなることもあるようです。

「一瞬でも回線が遅くなるのは困る!」という方にはデメリットですね。

④テザリングに対応していないこともある

テザリングとは携帯電話に繋がっているネット回線をパソコンやタブレットに分けてあげることで、携帯電話以外の端末でもインターネットが使えるようにしてあげることです。

これは格安SIM会社で扱う端末の中でテザリングに対応していないものがあったり、対応していてもプランで通信の容量が決まっているのですぐに上限に届いてしまう場合が多いです。

なので、頻繁に携帯でテザリングを使うという方はかなりのデメリットだと思います。

ただ逆にそもそもテザリングを使っていない人からすると、そこまでのデメリットではありませんね。

僕は特にテザリング機能は使っていませんでした。

格安SIMをおすすめしたい人/おすすめできない人

ここまで格安SIMの詳細についてお話してきました。

では実際に「格安SIMをおすすめしたい人」「おすすめできない人」を重要なポイント毎にまとめてみたいと思います。

格安SIMをおすすめしたい人

  1. 自宅や職場にwifi環境がある人
  2. スマホでインターネット回線(検索や動画閲覧など)をあまり使わない人

この2つに当てはまる人は格安SIMを検討してみた方がいいと思います。

まずは自宅や職場にwifi環境がある人。

wifi環境があるのであれば、そのwifiのインターネット回線を携帯で使うことが出来ます。

実際に僕は自宅にwifi環境があるので、インターネットをたくさん使っても携帯自体の通信量は0.4GB程度でした。

携帯は月に1GBもあれば足りるので、格安SIMの割安プランで充分。

その分コストを下げることができました。

またそもそもインターネットをあまり使わない人にもおすすめです。

僕の両親がそうだったのですが、キャリアのプランでパケホを使っていました。

パケホとは?

パケホーダイの略。

パケット通信料が月額で固定されており、インターネットが使い放題のプラン。

パケホは上限がないのが魅力ですが、それで月々4000円〜5000円くらいかかっていたんですよね。

両親はほとんどインターネットを使わないので、格安SIMの割安プランで充分足ります。

あなたも月にどれくらいの通信料を使っているのか一度確認してみましょう。

もし通信料に余裕があるようなら、その分大幅にコストを下げることができるので格安SIMを検討してみましょう!

 

続いて格安SIMをおすすめできない人について。

格安SIMをおすすめできない人

  1. 音声通話(電話)を頻繁に使う人
  2. キャリアメールのアドレスを失いたくない人

まず格安SIMだと電話をかけ放題というプランがないので、音声通話を頻繁にする人にはおすすめできません。

その場合はキャリアの方で電話かけ放題のプランにした方がコストが安く済むと思います。

ただ電話をLINEのアプリで代用したり、電話かけ放題のガラケーをもう一台持つといった代用方法もありますね。

あとおすすめできないのはキャリアメールを使いたい人や失いたくない人。

格安SIMにはキャリアメールがないので、キャリアメールを使いたい人や今使っているキャリアメールを失いたくない人にはおすすめはできません。

まとめ

もしあなたが「格安SIMをおすすめしたい人」に当てはまるのであれば、格安SIMを利用しない手はありません。

格安SIMは携帯の月々の支払いを大幅に減らすことが出来ますが、それによって性能が落ちるということはありませんので。

それに、携帯料金の毎月の固定費が少なくなれば、その分他のことに回すことも出来ます。

知らなかったり、調べるのが面倒くさいという理由で損をするのは、本当にもったいないのでぜひこの機会に検討してみて下さいね!

ただ「どの格安SIM会社を利用すればいいのか分からない」という方がほとんどだと思います(僕も最初は全く分かりませんでした)。

なので、そういった方に向けておすすめの格安SIM会社を厳選してみたので、こちらの記事も目を通してみて下さい!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。