【購入】格安SIMへの申し込みの際の注意点とおすすめの格安SIM会社を厳選して紹介します!

「格安SIMってどの会社にすればいいのか分からない…」

一概に格安SIMと言っても、扱っている会社は何十社も存在しており、日に日にその数は増えています。

実際に僕も格安SIMに乗り換えようと思って調べながら、どの会社にしようかめっちゃくちゃ迷いました。

ただ格安SIMは申し込みの際に気をつけなければならない注意点があります。

この注意点によって利用できる格安SIM会社が限られてくることもあるので、まずはこの注意点をしっかり把握しておくことが大事です。

そして、このページでは僕が厳選したおすすめの格安SIM会社もあわせて紹介していきます。

どの格安SIM会社と契約しようか迷っている方はぜひ目を通してみて下さい!

ちなみにまず格安SIMについて詳しく知りたいという方はこちらからどうぞ。

格安SIMカードを購入する際の注意点

ネット関係に詳しいキッズ

格安SIMカードはネットで購入したり、実店舗を構えている企業であればショップに出向いて購入することも出来るのです!

ただしSIMカードは購入する際に絶対に気をつけなければならない点があるので、まずはその注意点を説明していきます。

SIMロックとは?

格安SIMカードを購入する前に「SIMロック」について知っておきましょう。

SIMロックとは特定の端末」で「特定のSIMカード」しか使えないように制限されている状態を指します。

例えば、「ドコモで購入した携帯端末」には、「ドコモのSIMカード」しか使えないようにSIMロックされています。

なので、「ドコモで購入した携帯端末」に「auで購入したSIMカード」は使うことが出来ないのです。

このSIMロックは携帯端末によって解除できたり出来なかったりするのですが、ここが非常に重要なポイントになっています。

というのも格安SIM会社は主に下記2つの回線を使っています。

・docomoの回線

・auの回線

ドコモで携帯端末を購入してSIMロックがかかっていたとしても、ドコモの回線を使っている格安SIM会社を使うのならば、SIMロックを解除する必要なく使うことができるのです。

一方でドコモで購入した携帯端末の場合、auの回線を使っている格安SIM会社を使う場合はSIMロックの解除をしなければいけません。

ちなみにソフトバンクで携帯端末を購入した場合は、ソフトバンクの回線を使っている格安SI会社はないので、必ずSIMロックを解除する必要があります。

ただし、端末によってはSIMロックの解除自体が出来ないものもあるので気をつけて下さい。

ネット関係に詳しいキッズ

ちなみにSIMロックがかかっていなくて、どの会社のSIMカードでも使うことが出来る状態の端末は「SIMフリー端末」と呼ばれているですよ!

手持ちの携帯端末を使う場合は対応端末を確認しよう!

格安SIMカードを購入する場合に、手持ちの端末をそのまま使いたいという方(格安SIMのみ購入する場合)は、手持ちの端末がその格安SIMカードに対応しているか必ず確認しておきましょう。

どの格安SIM会社にも「動作確認済端末一覧」というページがあります。

携帯端末も一緒に購入出来る

携帯端末を新しくしたいという方は、SIMカードを購入する際に携帯端末も一緒に購入することが出来るようになっています。

SIMカードと端末をセットで購入した場合、値段がお得になっていることもあるので、各格安SIM会社の公式サイトをチェックしてみましょう。

格安SIMの契約タイプは2種類

会社によって多少の違いはありますが、格安SIMの契約タイプは大きく分けて2種類存在します。

それが「データ通信のみ」「データ通信+音声通話」の2タイプです。

前者はインターネットのみ利用できて、電話は出来ません。

一方で後者はインターネットに加えて電話も利用できるというものです。

例えば下記はmineoという人気の格安SIM会社の料金プランなのですが、

画像引用元:mineo

データ通信のみの方が料金が安く、音声通話を加えると月々の支払いが610円ほど高くなっているのが分かると思います。

音声通話の機能が付くタイプにするかは、あなたの使い方によるので、まずは自分がどちらのタイプにするかを決めておきましょう。

その後に基本データ容量をいくつにするのかを決めていくとスムーズです。

スポンサーリンク

おすすめの格安SIMは?

それでは続いて僕が厳選したおすすめの格安SIM会社を紹介していきましょう!

最近は様々な企業が格安SIMの提供を始めて、知名度が徐々に上がってきました。

それぞれ他の企業と差別化しようと様々なサービスを付けています。

個人的に格安SIMでおすすめのサービスと特徴を紹介しておきます。

おすすめその1:LINEモバイル


対象のSNS(LINE、、Twitter、facebook、Instagram)が、通信制限なく使い放題というのが一番の特徴ですね。

また回線はdocomoの回線を使っているので、使える端末としては下記のものが対象になります。

LINEモバイル対応端末

・LINEモバイルで販売している携帯端末

・ドコモの携帯端末

・SIMロックが解除されているSIMフリー端末

SNSを頻繁に使う方にはLINEモバイルが一番おすすめです!

 

おすすめその2:mineo


「800円割引×◯ヶ月」のようなお得なキャンペーンを定期的に行っています。

またドコモとauの2つの回線に対応しているのも特徴の1つです。

僕はauのiPhoneを使っていたのですが、SIMロック解除が出来ない携帯端末だったので、mineoに乗り換えました。

mineo対応端末

・mineoで販売している携帯端末

・ドコモの携帯端末

・anの携帯端末

・SIMロックが解除されているSIMフリー端末

docomoに比べてauの回線を使っている格安SIM会社は少ないので、特にauで購入した端末をそのまま使いたい方におすすめです。

サポートも手厚くてよかったです!

 

mineoへの乗り換え手順は下記のボタンのリンク先の記事にまとめたのでぜひ参考にしてみて下さい。

おすすめその3:楽天モバイル


楽天ポイントを貯めている方なら、使う度に楽天スーパーポイントが貯まってお得です。

回線はドコモの回線を使っているので下記の端末が対象になります。

楽天モバイル対応端末

・楽天バイルで販売している携帯端末

・ドコモの携帯端末

・SIMロックが解除されているSIMフリー端末

僕は楽天のポイントをよく使うので、auの携帯端末が可能なら楽天モバイルにするつもりでした。

楽天を頻繁に利用している方におすすめです!

 

おすすめその4:DMMモバイル


料金だけ見れば業界で最安値レベルです。

その他の特徴としてはプランをコマメに変更できる点ですね。

DMMモバイルもドコモの回線を使っているので下記の端末が対象になります。

DMM対応端末

・DMMバイルで販売している携帯端末

・ドコモの携帯端末

・SIMロックが解除されているSIMフリー端末

とにかく携帯料金のコストを抑えたい方、プランを頻繁に変更することがある方におすすめです!

 

まとめ

僕はauから格安SIM会社のmineoに乗り換えたのですが、全く問題なく使えています!

それどころか毎月の携帯料金が半分以下になってくれたので、月々の固定費をかなり削減することが出来ました。

タイミング的に契約の更新月が迫っている方はもちろんですが、

「今の携帯会社でまだ2年縛りが終わっていない…」

という方も今すぐに乗り換えた方が損しないケースが多いです!

早ければ早いほどお得になりますし、後に回すとなんだか面倒になってしまって結局やらないパターンが多いですからね!

今回、自分が「知らない」というだけで、「どれだけのお金を損してきたのか?」

改めて考えて反省するキッカケにもなりました。

今は毎月クレジットカードから引かれる携帯料金を見て、その安さに感動しています。

手間をかける価値は充分にあるので、あなたもぜひ格安SIM会社を検討してみてください!

また僕が使っているmineoへの乗り換え手順をまとめたので、mineoを検討している方はこちらも参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。