【基礎知識】税金で損をしないために絶対におさえるべき9つのポイント

このページでは「税金の基礎知識」について分かりやすくお話していきます。

税金は「知らなかった」というだけで大きな損失をしてしまうことが多々ありますが、多くの方がこの事を知らずに損をしてしまっている現状があります。

若者1

そもそも税金って何なんだよ?あぁん?

若者2

何で税金を納める必要があるワケ?そこんとこシクヨロでーす

若者3

税金を納めなかったらどうなるのでしょう?捕まったりするんですかね?

こういった疑問はこのページを読んでもらえれば、全て解決できるようになっています!

実際に僕もこの基礎の部分を学んで理解することで、節税に繋げることが出来ました。

ただ、中には「税金」という言葉を聞いただけで

「難しい」「興味がない」「支払っている実感がわかない」

といったようなネガティブなイメージを持ってしまっている方も多いと思います。

僕もサラリーマンをしていた時は税金を払っている感覚が全くなかったですからね。

ただフリーランスになって税金の仕組みを理解してから「昔どれだけ払っていたのかちょっと調べてみよう!」って軽いノリで調べて絶望しました。

コバ

僕はこんなに国に貢いでいたのか、女性にも貢いだことないのに…

膝から崩れ落ちましたよ。

やっぱりね、この国で生きていくのであれば税金は切っても切り離せないものなのです。

税金は一生関わっていくものなので損をしないように上手に付き合っていきましょう。

ちなみに僕は本当に税金のことを知らなかったので、この記事内容に関しては「そこから!?」っていうほど基礎からまとめています!

「税金」って何だろう?

そもそも「税金」って何だろう。

ニュースでももっぱら無駄遣いで話題になってますよね。

なんか勝手に使ったりして凄い叩かれてるじゃないですか?

やれキャバクラに行っただの、やれSMクラブに行っただの…それで議員辞職したり、裁判になったりしてる人がいる訳ですよね。

でもそんなに大変なことなのでしょうか?

みんな大の大人なんだからもっと冷静になりましょう。僕は争いが嫌いなんです。

で、調べてみました。

税金を簡単に説明すると日本社会を維持・発展させるためにみんなで出し合ったお金」です。

裁判官

無駄遣いした奴は懲役で!

みんなから集めたお金を自分のために使ってたら、それは叩かれますね!

この社会を運営していくにはどうしても必要になってくるものがあります。

例えば治安を維持するための警察火災から人々を護る消防などですね。

帝愛グループばりの独裁組織であれば別ですが、こういったみんなのために働いている人に対してお金を払わなければいけません。

その人達も生活があるのでボランティア(無給)という訳にはいかないと。

なので、こういった社会全体で必要なものに対して国民みんなでお金を出し合って支払っていきましょうと昔に決めたんです。

ちなみに「税金を納めること(納税)」は「勤労」「教育」と並び日本国憲法に国民の3大義務として定められています。

つまり日本国民は「一生懸命働いて、国にお金を払って、自分の子どもに教育しましょう」ってことです

…ただのリア充ですね。

「公務員」って何だろう?

よく聞きますよね。「公務員」って。

女学生

うちの親が公務員で〜

将来は公務員を目指していて〜

なんて言われた日には無条件で凄いですね!と思ってしまう僕。

公務員っていうのは「国の公務を執行する人」です。

国を運営する仕事をしている訳だから、税金からお給料を出しますよというわけですね!

税金からお給料を貰っている人はたくさんいて、さっき挙げた警察官や消防士はもちろんのこと国会議員や市役所の職員などが代表的ですね。

で、中にはその税金を自由に使えちゃう人もいるのです(本当は駄目ですけど)。

偉い人

税金で家族旅行に行っちゃお

税金でアキちゃんに同伴してもらっちゃお

税金で女王様にご褒美もらっちゃお

若者2

おっちゃんアゲポヨ〜

あと就職活動とかで「公務員は安定」という話題がよく出ることがありますが、公務員は税金からお給料をもらっているので国が機能している限りお給料が支払われます。

つまり、民間企業に比べたら国が潰れる可能性は限りなく低いので安定と言われている訳です。

もちろん移り変わりが激しい現代においては公務員になれば安定と一概に言える訳ではありませんが、こういった理由で公務員を目指す人も多いですね。

税金にはどんな種類があるの?

税金には本当に様々な種類があるんですが、おそらくもっとも馴染みがあるのが「消費税」だと思います。

無知な僕もこれだけは知ってました。

お店で商品を購入する際に必ず商品の代金に加えて消費税が上乗せされますよね。

お店に支払った消費税はそのお店が後でせっせか国に支払っているんです。

いつの間にか支払って当然のものなんだって幼少期から叩き込まれてましたけど、この消費税ってどんどん増えてますよね。

若者3

あれ?この前まで5%だったのに今は8%ですか?えっ!もうすぐ10%になる?えっ!?えっ!?

国は今までの税金の無駄遣いのしわ寄せが来てお金が全く無いので、この消費税のパーセンテージは年々増えてきており今後もさらに増え続けていくと予想されています。

消費税の他にも

・自分が稼いだお金の額に応じて支払う所得税

・自分が住んでいる地方自治体に支払う住民税

・事業を行うことでかかる事業税

・土地などにかかる固定資産税

・自動車を所持していることでかかる自動車税

・遺産を相続する際にかかる相続税

驚愕する同級生

覚えられないよ!

もはや某アイドルグループ状態です。

僕達の生活は税金で溢れていました。

中にはあなたや僕が一生関わることのない税金もあるでしょう。

「所得税」って何だろう?

サラリーマン、フリーランス共に支払う税金の中で大きな割合を占めるのが「所得税」です。

所得税とはあなたが稼いだお金に対してかかる税金のこと。

なんか聞いただけでテンション下がりますけど、元気出して下さいね。

日本では超過累進課税制度というものが適応されていて、簡単に言うと

たくさん稼いでいる人ほどたくさん税金を納めてね!

ということになっています。

つまり所得が多くなれば多くなるほど支払う所得税も多くなる仕組みなのです。

一生懸命働いて大きな金額を稼いでいる人からするとたまったものではありませんが、社会の構造上稼いでいる人は少数派になるので、こういった仕組みが機能している訳です。

スポンサーリンク

「収入」と「所得」の違いって何だろう?

意外と知られていないのが「収入」と「所得」の違い。

僕も最初はどちらも同じだろうと思っていましたが、悟空とヤムチャくらいの違いがあります。

まず「収入」についてですが、これは単純に売り上げた金額を指します。

例えば雪だるま君が雪だるま酒場を経営していました。

雪だるま君

いらっしゃい!寒いのは苦手だよ。

この時お客さんに支払ってもらって得た日々の売上、これが収入になります。

雪だるま君がフリーのカメラマンなどを始めたのであれば、仕事に対して受け取った報酬額がそうです。

しかし、この収入が全て利益になっているという訳ではありません。多くの場合この収入を得るために使っているお金があります。

例えば雪だるま酒場だったら提供する食品や飲料を仕入れる必要がありますし、水道や電気も必要になります。カメラマンだったらカメラや三脚が必要な訳です。

こういった収入を得るために使ったお金は経費と呼ばれます。この経費があったからこそ、雪だるま君は収入を得て厚着をすることが出来るのです。

なので、全体の収入からその売上を上げるために使ったお金(経費)を差し引いたものが利益である所得になり手元に残ります。

 

雪だるま酒場の売上(収入) − 提供する食品代や飲食代(経費)

= 雪だるま君に残るお金(所得)

 

先に仕組みだけお話しておくと、この所得の部分からこの後にお話する控除を引いたものに定められた税率を掛け算して所得税が算出されます。

つまり所得が少なければ少ないほど、雪だるま君が支払う所得税が少なくなるので、いかにして所得の部分の数字を抑えるかが節税をする上でのポイントになるんですね。

そこで雪だるま君は考えました。

雪だるま君

収入を一部申告しなかったり、経費を水増ししたりすれば所得を簡単に抑えられるじゃありませんか!浮いたお金で厚着しよう!

そう考えた雪だるま君、珍しく賢いですね。でもね、

某マフィア

犯罪だ。やめときな。

豆知識

余談ですが「月収100万円達成」などの謳い文句を使って自身のコンサルティングを販売したり、セミナーなどでお話されている講師の方がいますが、ほとんどの場合100万円が手元に残っている訳ではないので注意しましょう。

月収100万円に到達していても蓋を開けてみると「広告費や自分での買い込みなどの経費がかかっていて、実は所得がほとんどない」という方が結構います。

「これだけ稼ぎました!」ということを売りにしている方を見る時は、収入ではなく手元に残った所得に注目すべきです。

「控除」って何だろう?

支払う税金の話ばっかりで夢がなくて嫌になっちゃいますね。ただ税金は無慈悲なことばかりではないんです。

所得を抑える上でよく聞くのが「控除」という言葉。控除というのは「金額を差し引くこと」です。

特定の条件の人は所得から規定の金額を差し引いて所得税を安くできる制度があるのです。

例えば、

・子どもがいるのなら扶養控除

・妻がいるのなら配偶者控除

・保険料を支払った分だけ引くことができる社会保険料控除

・無条件で与えられる基礎控除

つまり控除って

他の人の生活など負担してくれているから所得税は少し安くしてあげるね!

という国からのはからいなんです。

所得税はさっきお話した所得からこういった諸々の控除分の金額を差し引いた課税所得(課税の対象になる所得のこと)の部分に定められた税率を掛け算して最終的な金額が算出されます。

なので控除の部分を大きくすることは節税のポイントでもあるのです。

 

雪だるま君の所得 − 雪だるま君の各控除

= 雪だるま君の課税所得

 

雪だるま君の課税所得 × 税率

= 雪だるま君の支払う所得税

 

「給与所得者」と「事業所得者」の違いって何だろう?

僕は今でこそフリーランスですが、前はせっせとサラリーマンをしていました。

別に大した違いはないだろうと思っていましたが、こっちもベジータとナッパくらいの違いがあります。

まず社会においてお金を稼ぐ形態は大きく2つに分けることが出来ます。

1つは給与所得者と呼ばれるもの。

これはサラリー(給与)を貰う人のこと。一般的に企業に勤務しているサラリーマンが考えられがちですが、パートやアルバイトの方でも貰うのは給与なので実はこの人達も給与所得者になります。

もう1つは事業所得者と呼ばれるもの。

僕のように企業に属さず自分で事業を行い、その対価として給与ではなく報酬を受け取っている人達のことを指します。

両者を分ける基準として時間給で働く場合は給与所得者、出来高制で働く場合は事業所得者と考えると分かりやすいです。

また申告納税(1年間に稼いだ金額を国に報告して、その分の税金を納めること)については給与所得者は企業が「年末調整」という形で行ってくれるのに対し、事業所得者は自分で「確定申告」という形で行わなければなりません。

それに伴って給与所得者の場合は仕事に必要な備品などは企業が負担するので経費という概念がなく、事業所得者の場合は当然自分で負担するので経費の概念がある訳です。

実は会社って裏で色々やってくれてるんですね。

明日、上司にスッと缶コーヒーでも差し入れしてあげて下さい。

偉い人

キャバクラでもいいよ

またちょっと細かいことを言うと給与所得者でも経費に当たる「給与所得控除」というものが用意されていて、一定額を収入金額から差し引いてよいことになっています。

ただ基本的に全て企業が行うので給与所得者は自分で調整することはできません。

豆知識

給与所得者でも自分で確定申告をすることは可能で、ケースによっては還付金(税金を支払い過ぎたために戻ってくるお金)が発生したりします。

またかなりの金額の給与を貰っている場合など条件によっては確定申告が義務付けられている給与所得者の方もいらっしゃいます。

  給与所得者 事業所得者
貰うもの 給与 報酬
形態 時間給 出来高
申告納税 企業が
年末調整を
してくれる
自分で
確定申告する
経費 経費の概念が
ない
経費の概念が
ある

税金を納めないとどうなるの?

さて、僕が個人的に一番気にしていたのが税金を納めないことによるペナルティです。

心配症なフリーランス

はぁぁ…保険料を未納したら問答無用で牢屋に入れられて、まずい飯を食べながら狭い部屋の中で一生を…

某マフィア

待ちな、あいつらも鬼じゃない。

毎年、税務署の税務官が正しく申告をして税金を納めているか確かめるために税務調査というものを行っています。

税務調査を受けるのは稀なんですが、受けた場合は帳簿をはじめ通帳や領収証など全て詳しく調べられます。もうぐうのねも出ないくらい徹底的にです。

その結果、自身で修正申告を行ったり、税務署からの処分として更正を受けることもあります。

修正や更生があった場合は「過少申告加算税」「延滞税」が課され、雪だるま君がやろうとしていた所得隠しや経費の水増しなどの悪質なものになると「重加算税」を課されたり場合によっては逮捕になるケースもあります。

あまりに悪質な場合はお縄頂戴になりますが、「過少申告加算税」や「延滞税」の場合は、払うべきだった税金分にプラスして数%程度の支払いになります。

また余り知られていませんが税金にも時効が存在します。

ただ時効の期間は個人の状況によって変わってきますので注意しましょう。

支払っている税金は社会的信用に繋がります

一般的にフリーランスはサラリーマンに比べ社会的信用が低いとされてます。

社会の風潮は企業に属し毎月給料が支払われるサラリーマンの方が安定しているという見方なんですね。

心配症なフリーランス

はぁぁ…カードの申請に落ちてしまった…僕はこれからどうやって生きていけば…

なんてこともよくあります。

フリーランスは所得税などの税金を支払っていることが、買い物などで社会的信用を得るための手段になるのです。

また事故に遭ったときの保障を受ける時など自身の所得を証明するためにも所得税を払っておく必要があるのです。

節税することは大事なのですが、一概に支払う金額が安ければいいというものでもないということは覚えておきましょう。

大切なのはバランスということですね!

まとめ

お疲れ様でした!

ここまで目を通してくれたあなたであれば、税金の概要は分かってもらえたと思います。

税金って難しく考えられがちですけど、根本はシンプルなものなんですよね。

あと基礎的な部分で知っておくべきなのは毎月支払うことになる社会保険料についてです。

それについてもまとめてみたので、知りたい方は下記のリンク先もチェックしてみてください。

後悔してしまう前に仕組みをしっかりと理解して節税に活かしましょう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。