【体験談】親知らずを抜歯してセラミックを詰めたら費用が10万円もかかったお話

あなたは自分の歯を大切にケアしていますか?

歯は一生付き合っていくものです。

日々しっかりとしたケアをしておかないと後々本当に後悔することになります。

実際に僕はもの凄く後悔しました!

先日親知らず4本の抜歯をしてきたのですが、

その費用が10万円もかかってしまいました。

このページでは親知らずの抜歯で悩んでいる方に向けて、

僕が親知らずを抜歯した時の体験談をまとめておきたいと思います。

このページを読むことで「余分な出費」を抑えることができるようになるはずです!

なぜ費用が10万円もかかってしまったのか?

結論からお伝えすると費用のほとんどがセラミック代です。

親知らずを抜歯する際に隣の歯を大きく削ることがあるのですが、

削った後に詰め物をする必要があります。

その詰め物として使用される素材の1つが「セラミック」です。

セラミックの他にも銀歯や金歯などがあるのですが、

これらは保険が適用されるものと適用されないものがあって、

銀歯は保険適用内、金歯とセラミックは保険が適用されず自費治療になります。

素材の種類 保険適用
銀歯 あり
金歯 なし
セラミック なし

費用は保険が適用される銀歯が最も安く、次いで金歯、そしてセラミックが最も高くなっています。

参考までに現在のセラミックの相場は1本4万円前後です。

僕が受診した歯科医院の場合はセラミック1本4万3,200円(税込)でした。

値段的には保険が適用される銀歯の方が圧倒的に安く済むのですが、僕はセラミックでお願いしました。

(詰め物の素材は患者自身が選ぶことができます)

僕がセラミックを選んだ理由としては

  • 口の中に金属を入れることに抵抗があった
  • 銀歯や金歯だと見た目が気になる(セラミックは歯と同じ色なので違和感がない)
  • 銀歯や金歯だと金属アレルギーを誘発する可能性がある
  • 銀歯や金歯の方が虫歯になりやすい

セラミックは費用はめっちゃかかります。

ただし、先生が言うには

歯医者の先生

費用対効果で考えると断然セラミックの方がお得

とのことでした。

あとはものにもよりますが、僕がお願いしたセラミックには5年保障が付いていたのでそれが大きかったです。

そして、僕の場合は詰め物が下の歯2本分必要だったので、セラミック代だけで

43,200円×2本=86,400円

これだけの費用がかかりました。

もちろん親知らずを抜歯する際に隣の歯を削ることなく抜歯できれば、詰め物は必要ありません。

ただやはり親知らずが斜めや横に生えている場合が多いので、抜歯の際には隣の歯を削るケースが多いそうです。

スポンサーリンク

治療内容

参考までに実際に僕が行った治療内容についてもまとめておきます。

僕の場合かなりの間親知らずを放置していたので、4本とも隣の歯を圧迫していてもれなく虫歯になっていました。

さらに日常的にスポーツドリンクを飲んでいたことで、その他に虫歯が3本ほどありました。

僕はタバコは吸わず、お酒も飲まず、毎日歯磨きをしています。

しかし、糖分が多く含まれているスポーツドリンクなどは虫歯の原因になります。

特に寝る前は注意が必要です。

みなさんもスポーツドリンクの飲み過ぎには注意しましょうね。

最終的に僕は

  • 虫歯7本治療
  • 親知らず4本抜歯

という内容で治療を開始しました。

虫歯の治療と親知らずの抜歯

担当してくれたのは男の先生。

結論からいうとこの人めっちゃ腕がよかったです。

歯茎に麻酔を打って(チクってします)虫歯の部分を削って樹脂で固めてはい出来上がり。

今の技術って本当に凄いです。

先生の腕がいいからかもしれませんが、虫歯で欠けてた部分が分からないくらいに綺麗に修復されています。

ただ、親知らずの抜歯に関しては、

歯医者の先生

麻酔をしてからあの手この手で抜いていきます!

コバ

え! ちょ! そんな感じ? 力技でいく感じ?

虫歯の時はあんなに華麗に治療してたのに?

ってなりました。

まずは麻酔をされて(チクッとします)

歯医者の先生

はい、じゃあ抜きますね〜

といいながら器具を口の中に。

好奇心で少しだけ目を開けてみましたが……

コバ

(おぉ…先生の手がプルプル震えている。)

麻酔のおかげで痛みはありませんが、頭中に振動が響いてきます。

目は開けない方がいいです。 ソースは僕。

ただ抜歯自体は5分もしない内に終わりました。

親知らずの抜歯に関しては

  • 基本的に下よりも上の方が抜きやすい
  • 抜くのにてこずったら(傷が深かったら)、糸で縫って補助することがある
  • 抜歯後は傷口から細菌が入って発熱や頭痛を起こすことがある
  • 気圧の変化で痛むと聞いていたけど別にすぐに飛行機に乗っても大丈夫
  • 穴は2ヶ月くらいで自然に塞がる

といった感じでした。

ただ僕は出血が結構ありました。

あとはご飯粒が穴にスポッて入るんです。

もうね米粒がちょうどいい感じに穴にベストフィットするんですよね。

「わしゃ動かんぞ」って……これが気持ち悪くて仕方ありません。

なので、基本的に僕はずっとゼリーか春雨スープ食べてました。

抜歯した後は春雨スープおすすめですよ。

まとめ

そんな感じで無事に治療が終わり、今後は半年ごとの定期検診を受けることになりました。

諸々の診察代・レントゲン代・治療費、セラミックの費用で合計で10万円ほどかかった訳です。

治療にかかった期間              約4ヶ月

診察代・レントゲン代・治療費       25,630円

セラミック代(2本)           86,400円

合計                  112,030円

本当にいい勉強代になりました。

僕の場合なら定期検診をちゃんと受けてもっと早く親知らずを抜歯していたら、こんなに高額な治療費がかかることはありませんでした。

後回しにすればするほど治療が長引き、治療費も高くなってしまいます。

手遅れになる前にこまめに診察を受けておきましょうね。

特にフリーランスの方はサラリーマンと違って定期的な健康診断がないので注意しましょう。

この記事が親知らずの抜歯で悩んでいる方にとって少しでも参考になれば嬉しいです!

親知らずを抜歯する際の注意点(※2016年10月30日追記)

質問を結構頂いたので、抜歯に関する注意点に関して改めて下記のリンク先にまとめました。

事前に知っておくだけでかなり不安が軽減されるので、こちらもチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。