ゲーム

【1分】原神PC版をPS5コントローラー「DualSense」でプレイする方法をわかりやすく解説!

原神がバージョン2.2にアップデートされたことで、PS5コントローラー「デュアルセンス」が正式に使用可能となりました。

自分もこれを機にデュアルセンスを買って使ってみたのですが、1分で接続が完了しました。

なので、このページでは原神PC版でデュアルセンスを使うにあたって

  • 用意するもの
  • 接続する手順
  • 設定のやり方

これらについてわかりやすく解説していきます。

原神PC版をデュアルセンスでプレイしてみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

原神PC版をデュアルセンスでプレイする方法

用意するもの

用意するものは次の2つです。

  1. PS5コントローラー「DualSense」
  2. Bluetooth環境

①PS5コントローラー「DualSense」

まずはコントローラーを準備するのですが、注意点があります。

コントローラーを単体で購入する場合は、充電ケーブルが入っていません。

PS5本体を購入される場合は、コントローラー1個と充電ケーブル1本が付属しています。

なので、コントローラーのみを購入する場合は、充電ケーブルも一緒に購入しましょう。

デュアルセンスの接続口の端子の形は「Type-C」です。

自分はコントローラーを単体で購入したのですが、Amazonに充電ケーブルがセットになったものがあったので、それを購入しました。

ちなみにデュアルセンスの特徴は難しいことが書かれていますが、簡単に説明すると「振動機能の向上」「トリガーでよりリアルな体験が可能」ということです。

  1. ハプティックフィードバック…振動機能の向上
  2. アダプティブトリガー…トリガーでよりリアルな体験が可能

②Bluetooth環境

(画像引用元:エレコム)

Bluetoothとは、機器同士を無線で繋げる技術のことです。

原神PC版とデュアルセンスは、このBluetoothを使って接続を行います。

コントローラーであるデュアルセンスには、Bluetoothが内蔵されているので問題ありません。

あとはご自身で使っているPCに、Bluetoothが内蔵されているかどうかを確認しましょう。

Windows10の場合は、

左下のWindowsのマークを「右クリック」

「デバイスマネージャー」をクリック

デバイスマネージャーの一覧を確認

ここに「Bluetooth」と記載があれば、あなたのPCはBluetoothが内蔵されています。

Windows8.1、Windows7など、OSごとの確認方法は下記を参考に。

もしBluetoothが内蔵されていなくても安心して下さい。

BluetoothアダプタというものをPCに接続することで、Bluetooth対応を可能にすることができます。

自分のPCはBluetoothに対応していなかったので、こちらを購入しました。

PCのUSBポートに差し込むだけで、PCがBluetoothに対応してくれます。

接続する手順

接続はとっても簡単です。

まずはPC側の設定として、

トップ画面左下の「Windowsのマーク」をクリック

「設定(歯車のマーク)」をクリック

「デバイス」をクリック

「Bluetoothとその他のデバイス」をクリック(①)

Bluetoothを「オン」にする(②)

「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」をクリック(③)

デバイスを追加するためのウィンドウが開くので、「Bluetooth」をクリック

するとPCが接続する機器を探し始めます。

あとはデュアルセンスの方で、十字キー近くの「クリエイトボタン」と中央の「PSボタン」の2箇所を同時に長押しします。

PSボタン下の「マイクのミュートボタン」と間違えないようにしましょう。

ライトバーが青色に点滅しはじめペアリングが始まります。

PCの画面に「デバイスの準備が整いました!」と表示され、デュアルセンスのライトバーが常時青色に点灯したら接続完了です。

スポンサーリンク

デュアルセンスの設定方法

原神を起動してメニュー(パイモン画面)からオプションを開きます。

「操作」→「デバイス」と進み、「キーボートとマウス」から「コントローラー」へとチェックを入れましょう。

するとコントローラー用のゲーム画面へと切り替わります。

対応ボタンはオプションのキーコンフィグである程度変更することができるので、使いやすいようにカスタマイズするのがおすすめです。

自分はこんな感じに設定しています。

デュアルセンスの注意点について

①次回以降の接続について

次回以降はデュアルセンスの「PSボタン」を押してコントローラーを起動してから原神を始めることで、自動でコントローラーと接続してくれます。

先にコントローラーを起動しておかないと、またオプションからデバイスを切り替える必要があって少し手間なので、先にコントローラーを起動しておくのがおすすめです。

②マウスについて

コントローラーで操作しているとPC画面でマウスポインタが表示されず、マウスの操作ができません。

ですが、キーボードの左下にある「Windowsキー」を押すことでマウスの操作へ移ることができます(ゲームに戻る際はマウスでゲーム画面内をクリック)。

デュアルディスプレイなどで、公式のテイワットマップを見ながら素材を集めたりする時に、地味に便利なので知っておくといいと思います。

原神PC版でデュアルセンスを使ってみた感想

結論からお伝えすると、慣れればデュアルセンスの方が快適です。

やっぱりコントローラーで操作する方がしっくりきますね。

使いやすい点をまとめると

  • キャラの変更がスムーズ
  • 落下が攻撃ボタンと同じなので楽

キーボード操作だと、キャラの変更をミスることが多かったのですが、コントローラーはキャラ変更が十字キーに対応しているので変更しやすいです。

またキーボード操作だと、崖や木から落下する際に任意のボタンを押す必要があって、手間取っていました。

しかし、コントローラーは落下ボタンが攻撃ボタンと同じなので、落下しやすくて快適です。

逆に少し使いづらいと思ったのは

  • カメラの操作が少し面倒
  • キャラ編成画面がメニュー画面からしか開けない
  • マップ上で樹脂の回復時間が表示されない
  • キャラ変更後の即元素爆発ができない

この辺は今後の改善に期待したいです。

それでは稲妻の探索に戻ろうと思います。

【原神考察】稲妻編のストーリーをわかりやすく解説!雷電将軍・笹千代・御輿千代・狐斎宮についてこのページでは稲妻編をより深く理解したい方に向けて、ストーリーをわかりやすくまとめておきます。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です