エヴァンゲリオン

エヴァンゲリオン旧劇場版のラストを解説!なぜアスカは「気持ち悪い」と言ったのか?

エヴァンゲリオンの旧劇場版である「Air/まごころを、君に」。

この2話はエヴァンゲリオンのアニメ版の結末(25話・26話)を、現実世界の視点で描いた作品です。

アニメ版の結末はシンジの精神世界が描かれたのですが、シンジが「おめでとう」と祝福されているシーンで終わってしまい、社会的に物議を醸しました。

そこで、アニメ版の結末を補完する位置づけで、この「Air/まごころを、君に」が制作されました。

しかし、そんな役割を担っていたにも関わらず、ラストにまた大きく話題になるシーンが登場します。

それが、アスカが最後に発したセリフ「気持ち悪い」です。

この発言の真意に関しては、今でもファンの間で様々な考察が行われています。

なので、このページでは、

  • 旧劇場版のストーリーを知りたい方
  • アスカの真意を知りたい方

こういった方に向けて、旧劇場版のストーリーの解説とアスカの真意を考察していきます。

旧劇場版を理解するためには、ここに至るまでのストーリーを知っておく必要があるので、知らない方はまずは下記のアニメ版の解説記事を読んでみてください。

エヴァアニメ版の解説はこちら

エヴァンゲリオンのストーリーをわかりやすく解説!意味不明な方にぜひ読んでほしい!このページではエヴァンゲリオンのストーリーを知りたい方に向けて、「エヴァンゲリオンの意味」「エヴァ作品ごとの繋がり」「アニメ版のあらすじ」これらについて分かりやすくまとめておきます。...

エヴァンゲリオン旧劇場版のストーリー

①占拠されるネルフ本部

(画像引用元:カラー)

すべての使徒を倒すことに成功したネルフに対して、ゼーレは戦略自衛隊を投入し、ネルフの占拠を開始します。

これはゼーレがゲンドウの造反を以前から見抜いており、使徒を倒し終えたことで用済みになったからです。

ゼーレからすれば当然の対応と言えますが、その過程でネルフ関係者も次々に容赦なく殺されていきます。

シンジも標的とされて殺されそうになりますが、ギリギリのところでミサトが救出。

しかし、ミサトは移動中に負傷しそのまま命を落としてしまいます。

②サードインパクトの始まり

(画像引用元:カラー)

廃人状態だったアスカが目を覚まし、弐号機で出撃。

戦略自衛隊の部隊を壊滅させますが、ゼーレが送り込んだエヴァ量産機9体に惨殺されてしまいます。

これには初号機に搭乗したシンジを精神的に追い詰める狙いがありました。

結果、ゼーレの目論見どおりシンジは精神崩壊。

初号機を導くエヴァ量産機9体と共にセフィロトの樹を完成させ、初号機は「神に等しい存在」となります。

そして、初号機の叫びに応じて戻ってきたロンギヌスの槍。

初号機と量産機がロンギヌスの槍で自身を貫いたことで、大規模なアンチATフィールドが展開され、サードインパクトが始まります。

すなわち、すべての人類がLCL化し、黒き月のガフの部屋へと回帰していったのです。

スポンサーリンク

③シンジの決断

(画像引用元:カラー)

一方でアダムを右手に移植し、レイの中に眠るリリスの魂とリリスの肉体との融合も行おうとしていたゲンドウ。

しかし、レイはこれを拒絶し、ゲンドウの右手ごとアダムを奪いシンジの元へと向かいます。

そして、初号機は融合したアダムとリリス(カヲルとレイ)に取り込まれ、世界の行く末を決める最後の選択に迫られます。

すなわち人類の原初への回帰か、従来の世界への回帰か。

そこでシンジは、それぞれが個人として存在する従来の世界を望みます。

そして、気がつくとシンジは赤い海に囲まれた白い砂浜で、アスカとともに横たわっていました。

シンジの決断によってサードインパクトは終わりを迎えたのです。

④アスカが最後に放った「気持ち悪い」の真意

(画像引用元:カラー)

浜辺で目覚めたシンジは隣で眠っているアスカの首を絞めますが、アスカがシンジの涙を拭うとシンジは首を絞めるのを止めて嗚咽を漏らします。

そして、最後にアスカが放った言葉が「気持ち悪い」。

正直この言葉は様々な解釈をすることができるので、その人なりの解釈があっていいと思っています。

ですが、参考までに自分なりの考察をまとめておきます。

サードインパクトによって、人類がLCL化されていきますが、アスカだけは「あんたとだけは、絶対に死んでも嫌」とシンジと一緒になることをずっと拒否していました。

最終的に他人が存在する世界を望んでいたシンジですが、やはり父親に捨てられた記憶や人に嫌われたくないという思いはあります。

目が覚めた瞬間に自分の隣に自分を拒絶し続けたアスカがいたので、「アスカにまた捨てられるかもしれない」という恐怖からとっさに首を締めてしまったのだと思います。

つまり「他者への恐怖」ですね。

そして、アスカはシンジのことが好きです、ですが素直ではありません。

アスカが言い放った

「あんたとだけは、絶対に死んでも嫌」

は愛情の裏返しだと考えています。

つまり、シンジのことが好きだからこそ、みんなと同化してシンジと一緒になるのではなく、1人の他者として一緒にいたいと。

そして、シンジに首を締められた時に頬を撫でたのは、哀れなシンジのことが愛しく思えたからだと思います。

つまり、アスカはシンジの心情を理解し、シンジの全てを受け入れたのです。

嫌いだったら絶対抵抗してますからね。

そして、そんなアスカの愛情に触れたシンジは「自分を受け入れてくれる存在」がいることに気が付き、首を締めることをやめ泣き崩れました。

シンジは無条件で自分を受け入れてくれる存在をずっと求めていたので、

  • 自分を受け入れてくれる存在に出会えた喜び
  • しかし、その存在を殺そうとしてしまった自分

この2つの感情が入り混じったゆえの涙だったように感じます。

まただからこそ最後のシーンのタイトルが「I NEED YOU」なのだと思いました。

そして、そんなシンジを見ていたアスカは

  • 勝手に自己完結したシンジ
  • 25話(Air)の冒頭にシンジがアスカに対して行ったこと

この2つに対して「気持ち悪い」と発言したのだと考察しました。

そして、最後に

「人は他者に触れるのが怖くても、一緒にいたいと願ってしまう生き物だ」

というメッセージを示唆しているようにも感じました。

エヴァンゲリオン旧劇場版のラストを解説!なぜアスカは「気持ち悪い」と言ったのか?│まとめ

周りに流され人と関わることを拒絶してきたシンジが、自分の殻を打ち破って、自分の意志で元の世界に戻ることを選びました。

この決断はシンジにとって、間違いなく大きな一歩だったはず。

そして、そんなシンジを受け入れたアスカも覚悟もすごいです。

エヴァは考察できる余白を残してくれているので、それも魅力の1つだと個人的には思っています。

特に旧劇場版のラストは本当に様々な考察があるので、色々な人の考察に触れてから作品を見返してみると、新しい発見があって面白いと思います。

そして、旧劇場版の公開で一応の完結をみたものの、エヴァンゲリオンは新劇場版が制作されました。

リメイクされたエヴァは、アニメ版と旧劇場版を引き継ぎながらも、まったくテイストの違う新しいエヴァへと生まれ変わっています。

エヴァ新劇場版の解説はこちら

【ヱヴァンゲリオン新劇場版】「序破Q」のストーリーをわかりやすく解説!このページでは新劇場版の完結編を見る前の復習として「序破Q」のストーリーの振り返りと新要素についての考察についてまとめておきます。このページを読むことで「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」をより楽しむことができるはずです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です