サービス

【VALUとは?】これから利用する初心者に向けて絶対に知っておくべき7つの注意点を解説!

最近VALUというサービスが流行っています。

VALUを一言で説明すると「個人」を応援できるサービスです。

自分が好きなブロガーやクリエーター、歌手、実業家など、応援したいと思う人を気軽に応援することができます。

2017年の5月31日にリリースされてから爆発的に広まっていて、ホリエモンこと堀江さんもさっそく参入しています。

VALUはかなり斬新なサービスなので、特に「将来やりたい事がある!」という方は絶対に知っておいた方がいいです。

このページではVALUに対して、

「どんなサービスなの?」

「どんなメリットがあるの?」

「危険じゃないの?」

こういった疑問を持っている初心者の方に向けて、注意点も含めて分かりやすくVALUを解説していこうと思います!

このページを読み終わる頃には、VALUの仕組みを理解できるようになっているはずです。

VALUは個人を応援するサービス

冒頭で「VALUは個人を応援できるサービス」と説明しましたが、主に資金面で応援することができます。

それでは実際にVALUの仕組みを見ていきましょう。

(画像引用元:VALU)

まずは個人がVAと呼ばれる株式のようなものを発行し、その人を応援したい人がそのVAをお金を払って購入します。

そうすることでVAを発行した個人には「資金」が入り、応援者の手元には購入した「VA」が残る訳です。

このVAは他のユーザーと売買することも可能です。

ちなみにそれぞれの名称ですが、

  • VALUを発行した発行者は「VALU発行者」
  • VALUを購入した応援者は「VALUER」

と呼ばれています。

そして、VALUの一番のポイントは、このVALU発行者もVALUERも個人というところです。

一般的に資金を調達しようとすると株式や銀行からの融資など、それなりの信用が必要になります。

しかし、VALUの対象は個人。

個人がかなり自由に資金を調達することができるので、話題になっているのです。

ちなみに誰でも「応援する側」になることはできますが、

「応援される側」になるためには審査を通過する必要があります。

VALU発行者とVALUERそれぞれのメリット

①VALU発行者のメリット

まずVALU発行者のメリットですが、

一番のメリットはファンなどの個人から資金を調達できることですね。

応援者がVAを購入することでVALU発行者は資金を簡単に調達することができます。

その結果、その資金を作品の制作費や遠征費などにあてることができ、活動により専念できるという訳です。

これはやりたい事がある個人には大きなメリットです。

無名な頃はやりたい活動があったとしても、生活をするためにバイトを掛け持ちしたりして、活動に専念できない場合が多いですからね。

②VALUERのメリット

また一方で、応援する側であるVALUERにもメリットがあります。

それが「優待制度」です。

(画像引用元:VALU)

VALU発行者は自分のVALUERに独自のサービスを提供することができます。

ようは「私のVAを買ってくれてありがとう!お礼をしますね!」というもの。

優待の内容はVALU発行者が自由に設定することができるのですが、実際に見てみるといろいろなものがあって面白いです笑

例えば、ブロガーで多いのが「自身のSNSを使って記事や商品を紹介します!」というもの。

有名なブロガーは影響力があるので、SNSで紹介してもらうだけで大きな宣伝になりますよね。

また他にも「専門分野の相談にのります!」というものや、有名人であれば「出会った時に握手やサイン、写真撮影に応じます」というものまでありました。

このように、

「この人めっちゃいいイラスト書くな〜! もっと有名になって欲しい!」

といった個人を応援したいという理由で購入したり、

「お! この人の優待凄い魅力的! 受けたい!」

といった優待を受けたいから購入するというのもありです。

ただVALU発行者が付ける優待は義務ではありません。

付けていない方もいるので、優待に重点を置くのであればちゃんと確認するようにしましょうね。

スポンサーリンク

VALU発行者の注意点

次にVALU発行者が注意しないければいけない点を紹介していきます。

VALUは言い換えれば信頼の取引なのです。

知らずに後悔しても遅いので最低限これらのことは把握しておきましょう。

①過度な優待は危険

VAを購入してもらうために過度な優待を付けることは自分の首を締めることになる可能性があります。

例えば「専門分野で無制限で相談にのります」といった継続的に時間や労力を消費する優待を付けたとします。

今後VAが売却されていく度に、新規のVALUERは増えていき、その優待に費やす時間や労力は増え続けます。

例えば自分のVAを自分から購入してもらう分には、資金が調達できるのでいいかもしれません。

しかし、VALUER同士で売却が起こった場合は新たな資金調達がないにも関わらず、VALU発行者は優待を行わなければならなくなります。

頻繁にVALUER同士で売却が行われるようになったら、その労力はどんどん増えていってしまうでしょう。

優待を付けるのなら、自分も無理なくそしてVALUERが満足できる優待を考えましょう。

②運営方法によってはVALUERの信頼を失う

例えば最初にVAの売却で資金調達だけしておいて、その後にVALUERに活動報告を一切しなかったり、

最初に掲げた優待を実行しなかったりするのは危険です。

当然ですが、こういったいい加減な運営をしていると自身の信頼を大きく損なうことになってしまいます。

VALUは信頼の上に成り立っています。

運営方法によっては自分のファンを失うリスクもあるのです。

常に自分を応援してくれるVALUERのことを考えた運営をするように心がけましょう。

VALUERの注意点

続いてはVAを購入するVALUERが注意するべき点をまとめておきます。

①VAの価値が変動する

最も注意したいのがVALU発行者から購入したVAは価値が変動するということ。

極端な例ですが、例えばVAを1つ1,000円で購入したとします。

これが翌日には1,500円の価値になったり、翌々日には500円の価値になったりするのです。

つまりVAは価値が一定ではありません。

この価格の変動はVALUの発行者自身の価値によって決まります。

発行者が自身の価値を高めて、多くの人がVAを購入する行動を起こせば上がっていきますし、逆にVAを売却する人が増えてくるとVAの価値は下がっていきます。

購入したVAの価値は一定ではないということを必ず覚えておきましょう。

②投機的な要素を含んでいる

先程も少し話しましたが、

購入したVAはVALUER間で売却することができます。

つまりVAを1,000円で購入し、1,500円まで価値が上がった時に売却すれば500円の儲けになります。

しかし、逆に価値が500円まで落ちた時に売却すると500円の損失になるといったことですね。

この辺りはVALUの公式サイトにも掲載されていますが、トレーディングカードを想像すると分かりやすいですね!

(画像引用元:VALU)

僕は昔ハマっていた時にレアカードを1枚1,000円とかで購入してたんですけど、

価格は変動を続け今では売ると10円とかになってます……。

つまり、990円の赤字になっているという訳です。

「VAを売却することができる」ということは、メリットとデメリット両方の要素を含んでいます。

実際に有名な方のVALUが公開された当初にVAを購入して、価値が上がったら売却し大きく稼いでいる方もいます。

ただ投機的な要素も含んでいるので、大きく損をしてしまうことも充分にあり得るのです。

個人的にはVALUは余剰金で行うものだと思っているので、利益を狙っての過度な購入は注意しましょう。

③発行者が突然いなくなるリスク

VALUでは個人を応援することができますが、有名な方から無名な方まで本当に様々な方が参入しています。

VALUの発行者になるためには審査がありますが、株式のように実績を見たり厳しい審査がある訳ではありません。

なので、残念ではありますが、VAの発行者が突然いなくなって音信不通になってしまうというリスクも充分にあり得ます。

誰を応援するのかは個人の自由ですが、少なくともあなたが信用できる人、応援して後悔しない人を応援するのがおすすめです。

④サービスが終了するリスク

先程は発行者がいなくなるリスクをお伝えしましたが、VALU自体にもリスクはあります。

VALU自体がまだ始まったばかりのサービスなので、「この先どうなるか分からない」という懸念の声があるのも事実です。

仕組み自体はとても面白いと思うのですが、VALU自体が今後どう成長していくのかは不透明な部分がかなり多いです。

万が一、VALUのサービスが終了してしまったら購入したVAなどは意味がないものになってしまいますからね。

サービスが終了せずとも法的に規制が入る可能性もありますし、税金関連も含め慎重に見守っていく必要があります。

⑤VAの購入にはビットコイン(仮想通貨)が必要なので敷居が高い

VAの購入には仮想通貨のビットコインが必要になります。

おそらくVALUを利用する際に最も障壁となるのがこのビットコインだと思います。

VALUが気になったとしても

「ビットコインって何?」

「え? 面倒くさいからいいや」

となってしまう人が結構いるのでは? と思っています。

しかし、これからビットコインは日常生活の中で当たり前の存在になります。

時代の流れに取り残されないためにも、この機会にビットコインについても理解しておきましょう。

まとめ:VALUで個人を応援するなら余剰金でやろう

VALUは個人を応援できる新しい仕組みです。

僕は個の時代を象徴する面白いサービスだなーと感じています。

もちろん始まったばかりのサービスなので、不安な要素もあります。

ただその分、これからの成長は未知数ですし、不安な点が改善されてよりよいサービスになっていくだろうなとも思っています。

これからは個の時代。

VALUがあなたの人生を大きく変えるキッカケになってくれるかもしれませんね。

ただし、VAを購入するなら余剰金でやりましょうね(これが一番大事です)。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。