日常生活

【引越しの手順】アパートから単身で引越しをする人がやるべきこと!一覧でわかりやすく解説!

「なぜ引越しはこんなに面倒なのか……」

物件を契約(解約)したり、荷物を運んだり、書類の手続きをしたり、引越しって本っ当に大変ですよね。

僕は今までに何度も引越しの経験があるのですが、引越しが終わると大変すぎて毎回手順を忘れます。

なので、このページでは自分の備忘録も兼ねて、これから単身で引越しをする方に向けて

  • アパートから引越す際の流れ
  • 実際にやるべきこと

これらを分かりやすくまとめておこうと思います。

このページを読むことで、引越しをスムーズに行うことができるようになるはずです。

単身でアパートから引越す際の流れ

引越しをする方は、まず全体の流れを把握しておきましょう。

全体の流れを時系列順にまとめるとこんな感じです。

  1. 新居を決める
  2. 退去日を決める
  3. 退去前の準備
  4. 退去前の手続き
  5. 引越し当日と立会い
  6. 引越した後の手続き

それでは順番に解説していきます。

スポンサーリンク

引越しの手順

①新居を決める

まずはなんと言っても「次に住む場所」です。

新しい物件を探して契約し、いつから入居するのかを決める必要があります。

またもうすでに住む物件が決まっている方や、実家に引越す方はそのまま次に進みましょう。

②退去日を決める

住む場所が決まったら次に「退去日」を決めます。

大抵のアパートの場合、退去する1ヶ月前には管理会社へ連絡する必要があるので、少し余裕をもって退去日を決めましょう。

③退去前の準備

管理会社への連絡

退去する日が決まったら管理会社へ連絡を行います。

先程も話したとおり退去日よりも1ヶ月以上前に連絡しましょう。

また退去には立会いが必要ですが、連絡した際に立会い日の日時を決めます。

移動手段の確保

退去日当日の新居への移動手段を考えておきましょう。

車や電車などなら特に準備は必要ありませんが、飛行機で移動する場合などは予約を忘れないように注意です。

引越し屋さんに依頼

新居に持っていく荷物が多くて運ぶ手段がない場合は、引越し屋さんにお願いすることになります。

各引越し会社を比較して相場を確認し、お得な引越し屋さんに依頼をしておきましょう。

引越しの相場を確認する

不要品の処分

各ゴミの回収日をすりあわせながら、不要なものを捨てておくと引越しがだいぶ楽になります。

  • 燃えるゴミ
  • 容器プラスチック
  • 缶・ビン・ペットボトル
  • 不燃ゴミ
  • スプレー缶
  • 乾電池
  • 粗大ゴミ

特に不燃ゴミは回収が月に1回しかない地域が多いので要注意です。

また家具・家電など大型のものは処分が結構大変なので、専門業者にお願いすると楽ちんです。

冷蔵庫は「霜取り」と「水抜き」が必要なので、運搬する2日前からコンセントを抜いておきましょう。

専門業者に依頼する

インターネットの導入

ネット環境が必要な方で、新居にネット環境がない場合は入居にあわせてネット環境を導入しておきましょう。

今なら固定回線、ポケットWi-Fi、ホームルーターの3つのうちのどれかになると思います。

自分にどれが合っているか知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

Wi-Fi(ワイファイ)って何?初心者に向けて仕組みや種類について分かりやすく解説!「ワイファイってよくテレビで聞くけど何なの?」 これは普段インターネットを使わない父親からされた質問なのですが、仕事などでパソコン...

部屋の掃除を行う

普段から掃除を行って部屋を綺麗にしている方なら問題ありませんが、退去時の立会いに向けて事前に入念に掃除を行っておきましょう。

④退去前の手続き

水道・ガス・電気会社へ連絡

引越しは水道・ガス・電気の各会社への連絡も必要です。

  • 現在の住居での利用停止の手続き
  • 新居での利用開始の手続き

手続きに関しては、電話の他にWebからも申し込みが可能な会社もあります。

申込みは遅くとも引越しの1週間前には済ませておきましょう。

またガスの利用停止と利用開始の際には、立会いが必要になります。

市役所

「住民票の移動」を忘れずに行いましょう。

住民票を移動させる手続きは、引越し先の市区町村で変わってきます。

  • 違う市区町村へ引越し…「転出届」と「転入届」
  • 同じ市区町村内で引越し…「転居届」

違う市区町村へ引越す場合は旧住所の市役所に「転出届」を提出し、14日以内に新住所の市役所に「転入届」を提出します。

一方で同じ市区町村内で引越す場合は市役所に「転居届け」を提出します。

旧住所で印鑑登録を行っていた場合は、転出届を提出した時点で抹消されます。

印鑑登録が必要な場合は、新住所の市区町村で新たに登録しましょう。

郵便局

郵便物を確実に受け取るために、郵便局に「転居届」を提出して転送サービスを利用しましょう。

転送サービスとは、1年間、旧住所宛の郵便物などを新住所に無料で転送してくれるサービスです。

転送が始まるまでに少し時間がかかるので、こちらも引越しの1週間前には済ませておきましょう。

窓口で申し込む場合は「本人確認証」と「旧住所が記載された書類」が必要です。

またWebから申し込むことも可能です。

税務署

会社員の方なら必要ないのですが、個人事業主の方は税務署で納税地の異動届けを提出しておく必要があります。

書類の正式名称は「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」です。

以前は旧住所と新住所それぞれを管轄する2つの税務署に提出する必要がありましたが、平成29年4月からは旧住所を管轄する税務署のみに提出すればOKになりました。

⑤引越し当日と立会い

管理会社の立会いは、部屋に何もない状態で行うので引越し当日に行うことが多いです。

ガスの閉栓作業の立会いも、この日にあわせておくとスムーズですね。

当日は荷物の運び出しを行って部屋に何もない状態にします。

そして、部屋の掃除を簡単に行い、部屋の最終確認をしてブレーカーを切っておきます。

管理会社との立会いは約30分程度です。

部屋の破損や汚れなどを一緒に見ていくことになりますが、入居前にあった傷など、自分に非のないものはしっかりと主張しましょう。

また入居時に現状報告書を記入して提出していた場合は、トラブルを防ぐためにその控えを用意しておくといいですね。

問題がなければ最後に鍵を管理会社へ返却して完了です。

⑥引越した後の手続き

新しい自治体に転入届の提出

違う市区町村への引越しの場合、「転出届」を提出してから14日以内に「転入届」を市役所に提出しておきましょう。

これで住民票の移動が完了します。

免許証の書き換え

免許証を持っている方は警察署に行って、免許証の住所変更を行っておきましょう。

住所変更の届けを出しておかないと、免許更新の連絡ハガキが届きません。

最悪の場合、免許証の更新に気づかずに失効してしまうリスクがあるので、早めに手続きをしておきましょう。

住所の変更

利用しているサービスの中で、住所変更が必要なものは手続きを行いましょう。

一例を挙げておきます。

  • クレジットカード
  • 各種の保険
  • 携帯電話
  • ネットショッピング(Amazon、楽天など)
  • インターネットプロバイダ

まとめ:余裕を持ってスケジュールを組もう

引越しはやることがたくさんあります。

しかし、後々後悔しないためにも今回紹介した内容の項目は、しっかりと行っておいた方がいいです。

また引越しは意外と見落としてしまう点もあるので、できるだけ早めにスケジュールを組んで、余裕を持って手続きを進めていった方が安心です。

大変ですが、頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。