アニメ・映画

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」で涙もろい僕が泣けなかった理由まとめ

「泣ける作品」として一大ブームを巻き起こした「君の膵臓をたべたい」。

2018年9月1日にアニメ劇場版が公開されたので、映画館に足を運んできました。

事前に聞いていた口コミでは「絶対泣ける良作」「100回観て100回泣ける」と、とにかく泣ける映画といった評価が多く見受けられました。

ただ結論からお伝えすると、僕は泣けませんでした。

映画の内容自体はグラフィックも綺麗でメッセージ性もあって、グッとくるシーンもあったのですが……最後まで涙は出ませんでした。

なので、このページでは僕と同じように「泣けなかった」という方に向けて、「なぜ泣けなかったのか?」その理由について個人的にまとめておこうと思います。

この記事は映画を観た方を対象としていますので、映画の核心に迫るようなネタバレを含みます。

まだ映画をご覧になっていない方は、まず映画を観てから読んでみてください。

君の膵臓をたべたいについて

原作は住野よるさんの小説で、2015年に発行されてから数々の賞を受賞しています。

実は住野よるさんはこれがデビュー作です。

「君の膵臓を食べたい」は小説投稿サイトに投稿したことで反響を呼び、出版に至ったという経緯があります。

そして、2017年に実写映画化、2018年にアニメ映画化という流れです。

作品のストーリーは

他人に興味がない主人公「春樹」と膵臓の病気で余命わずかしかない「桜良」

この性格が正反対の2人が、徐々に惹かれ合い心を通わせながら成長していく

というもの。

ちなみに読みやすいジュニア版や漫画版も出版されています。

泣けなかった理由について

①親友の恭子の存在

まず泣けなかった理由として一番大きかったのが、桜良の親友である「恭子の存在」です。

僕は恭子のおかれた立場を考慮したとしても、どうしても恭子のことが好きになれませんでした。

特徴的だったのが次に挙げる2つのシーンです。

春樹へ警告するシーン

クラス一地味な春樹と桜良が仲良くしている場面を目撃した恭子。

桜良には「あいつに桜良はもったいないから止めておきなって」と忠告します。

ここまでは桜良のことを心配している親友という認識だったのですが、次のシーンで完全に恭子の認識が変わりました。

恭子は学校の階段の踊り場で、春樹に対して脅しともとれる言葉を口にします。

「桜良を傷つけるようなことがあれば……、本気で殺すから」

そして、春樹の胸ぐらを掴んで締め上げています(この時に春樹は持っていた小説を階下へと落としてしまいます)。

親友である桜良が大切で心配なのは分かります。

でも「本気で殺すから」といった脅しや、自分の思い通りにならないことに対して暴力で解決しようとするのは絶対にしてはいけないことです。

恭子はかなり自己中心的な性格な上に、気に入らないことがあれば暴力にも訴える人なんだと感じました。

まして事前に桜良自身が「春樹とは仲良しだから大丈夫」と説明しているんです。

親友なら桜良のことを信じてあげるのが筋だと思いました。

桜良は恭子のことを「少し気が強い子」と言っていましたが、もはや「気が強い」という範疇を超えてしまっているんですよね。

春樹が恭子に共病文庫を見せたシーン

桜良が生前に書いていた「共病文庫」。

その日記にはお世話になった人々に対しての遺言が記されていましたが、その文庫をどうするかは春樹に委ねられました。

そして、春樹は勇気を出して恭子に桜良の余命がわずかしかなかったこと、そして桜良が書いていた共病文庫を見せる決断をします。

しかし、そこで恭子は信じられない言葉を口にします。

「なんでお前は私に教えなかったのか! 絶対許さないから!」

さらに、春樹の頬を平手打ちするという暴挙。

春樹は桜良に「誰にも私の病気のことは言わないで欲しい」と頼まれ、桜良の気持ちを汲んで病気のことを黙っていたんです(日記にも書いてあります)。

それにも関わらず、それまで散々脅して首を締めておいて「なぜ教えなかったのか!(バシッ)」って……マジか。

桜良に病気のことを教えてもらえなかったことがショックだったのは分かるんですけど、それを春樹に八つ当たりするのはお門違いも甚だしいです。

本当にお前は何様なんだ?

拗ねているだけじゃないのか?

申し訳ないけど、こういった印象を抱いてしまいました。

もちろん、春樹が最後のシーンで恭子に対して言った「友達になってくれませんか?」への伏線だったのだとは思います。

  • 春樹が成長して人と関わりたいと思えたこと
  • 桜良が春樹に「恭子とも仲良くして欲しいんだけどな〜」と言っていたこと

この2つを回収し、春樹の成長を際立たせるためにあえて2人の仲を悪くしておいたのだと思います。

しかし、そのせいか自己中心的で全く他人の気持ちに配慮のない人物になってしまっており、結果的に僕は恭子のことはどうしても好きになれませんでした。

スポンサーリンク

②運命の演出が強引だった

作中で運命の演出が強引だった箇所が結構ありました。

例えば

  • たまたまクラスメイトの春樹が桜良と同じ病院に通っていた
  • たまたま桜良が病院で共病文庫を落とす
  • たまたま春樹が共病文庫を拾う
  • たまたま春樹が共病文庫の中身を見てしまう
  • そのタイミングで桜良が戻ってくる

このようにして春樹は桜良の余命がわずかであることを知る訳ですが、かなりの偶然が重なっています。

また春樹と桜良が2人で旅行に出かけた時も、本来は一部屋ずつ予約していたにも関わらず、ホテル側の手違いで一部屋になってしまったこと。

その他にも2人が心を通わせ始めた時の

「あなたに会うために生まれてきた」

「君と出会う、ただそれだけのために選択して生きてきた」

もちろん運命と言ってしまえばそれまでですが、「強引に運命を演出した」という印象が強く少し違和感を覚えてしまいました。

おそらく過剰なまでの運命の演出は、最後の桜良の言葉「それぞれが自分で選択したから今こうして一緒にいる」に繋げたかったのだと思います。

③桜良の闘病シーンの描写をもっと見たかった

桜良の闘病について掘り下げるエピソードがあれば、もっと感情移入できたと思います。

桜良の闘病に関するシーンは

  • 旅行に行った時に春樹が桜良の荷物から大量の薬やインスリン注射を見つける
  • 春樹とのゲーム中に「もし死ぬのがめちゃくちゃ怖いって言ったら?」という質問
  • 入院中、母親に自分が亡くなった後のことをお願いするシーン

明るくて周りに心配をかけたくないという桜良の性格は分かるのですが、桜良が苦悩する部分をもっと掘り下げてもいいと思いました。

しかも桜良は「これから本格的に病気と闘っていくんだな……」と思った矢先に通り魔に殺されてしまいます。

意外性という意味ではとても驚きましたが、なんだか置いていかれた感覚がすごくて、感情移入する前にヒロインが死を迎えてしまいました。

また春樹が共病文庫を読んだ時に、桜良と対話するシーンがありましたが、正直ファンタジー感が強すぎて思考停止してしまいました。

それまでのシリアスさが一気になくなってしまったのが残念。

ただ、春樹が桜良のお母さんに共病文庫を読ませて欲しいと申し出た際の

「あなただったのね……来てくれてよかった。」

と言ってお母さんが泣き崩れるシーンや

桜良がお母さんに自分が亡くなった後のことをお願いする

「私の病気のことと共病文庫の存在を唯一知っている人がいる。臆病な人だから葬儀には来ないかもしれないけど日記は必ず取りにくるから渡して欲しい。」

といった場面は、春樹のことを理解していてグッとくるものがありました。

まとめ:メッセージ性の強い良作

僕自身は泣くことは出来ませんでしたが、この作品自体は

  • 生きることは誰かと心を通わせること
  • 今起こっていることは偶然ではなくそれぞれが自分で選択した結果

といったように桜良から気付かされることが多い、非常にメッセージ性の強い良作でした。

全体的にグラフィック(特に桜の描写)が綺麗で、春樹と桜良が2人で旅行に行くシーンは青春まっしぐらで高校生時代に戻りたくなります。

また春樹が成長して徐々に変わっていく過程も、リアリティがあってよかったです。

特に旅行から帰ってきて電車から降りるシーンで、それまで全く感情を出さなかった春樹が

桜良「さては楽しかったな?」

春樹「ああ、楽しかったよ。じゃ」

桜良「え? えぇぇぇぇぇぇーーーーー!!!」

桜良が買ってくれた帽子をちゃっかり被ってるのも可愛いかった。

帽子気に入ってたんですね。

そして、ガムくんは最後までいい奴。

エンドロールの名前が「ガムくん」なのは笑いました。

コバ
コバ

みなさんの感想も気になるので、この作品を観られた方は「泣けた」「泣けなかった」の一言でもいいので、ぜひコメント欄に映画の感想を頂けたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。