作業環境

【iMacの選び方】絶対に選んではいけないiMacとは?初心者の方におすすめの選び方を解説!

Apple製品の中でも根強い人気を誇るiMac。

ディスプレイのサイズや性能などでモデルが分かれており、いったいどれを選べばいいのか悩んでしまう方も多いと思います。

iMacを購入するには最低でも10万円以上はかかるので、絶対に失敗したくないですよね。

実際に僕も購入する前にめちゃくちゃ調べまくりました。

なので、このページではiMacを初めて購入する初心者の方に向けて、

  • 絶対に買ってはいけないiMac
  • 失敗しないiMacの選び方

これらについてわかりやすくまとめておくので、iMacを購入する際の参考にしてみてください。

ウル
ウル

買ってから後悔しないようにしましょう!

絶対に選んではいけないiMacとは?

最初に「絶対に選んではいけないiMac」についてお伝えしておきます。

まずiMacのディスプレイサイズは「27インチ」「21.5インチ」のどちらかを選択することができます。

(画像引用元:Apple)

そして、それぞれのサイズごとに

  • エントリーモデル
  • ミドルモデル
  • 最上位モデル

これら3つのモデルが存在し、性能が異なっています。

(画像引用元:Apple)

この中で絶対に購入してはいけないiMacは

  • 4K・5K非搭載ディスプレイ
    →21.5インチの「エントリーモデル」
  • HDD(ハードディスクドライブ)搭載
    →21.5インチの「エントリーモデル」と「ミドルモデル」

これらのモデルは正直おすすめできません。

(画像引用元:Apple)

詳しく解説していきますね。

スポンサーリンク

初心者におすすめのiMacの選び方

ディスプレイのサイズと解像度

まずディスプレイのサイズは、全力で「27インチ」をおすすめします。

理由としては、27インチモデルは購入後に自分で自由にメモリを増設することができるのです。

また27インチの画面は本当に広いので、タブの切替作業やブラウザが重なることがなく作業効率を最大限まで高めることができます。

ちなみに27インチはどのタイプを選んでも「5Kディスプレイ」に対応しています。

iMacを設置するスペースがあまりないという方であれば、21.5インチも選択肢になってきますが、その場合は必ず4K搭載のモデルにしてください。

「4K・5K非搭載ディスプレイ」である21.5インチのエントリーモデルは、正直iMacである意味がほぼ失われています。

(画像引用元:Apple)

コストの面を考えたら「MacBook Pro」か「MacBook Air」を購入した方が断然いいです。

ストレージの種類

ストレージとは簡単に言うと「補助記憶装置」のことで、PCにおいて重要な役割を果たす部分です。

ストレージの中にはデータなどを保存しておくのですが、大きく次の3つに分けることができます。

  • HDD(ハードディスクドライブ)
  • SSD(ソリッドステートドライブ)
  • Fusion Drive(フュージョンドライブ)

特徴を表にすると下記のようになります。

HDD SSD
読み書き性能 普通 高速
消費電力 多い 少ない
衝撃への耐性 弱い 強い
静音性 低い 高い
容量 多い 少ない
価格 安い 高い

Fusion Driveは、HDDとSSDを組み合わせたものです。

ストレージの性能によってパソコンの起動やシャットダウン、読み取りの速度が明らかに変わってくるので、高性能なSSDもしくはFusion Driveを選ぶのがおすすめです。

iMacは基本的にFusion Drive搭載ですが、21.5インチのエントリーモデルとミドルモデルはHDDとなっているので注意してください。

(画像引用元:Apple)

ちなみにFusion Driveに組み合わされているSSDの容量は、

  • 1TBのFusion Drive→32GB
  • 2TBのFusion Drive→128GB

このように、2TBには1TBの4倍のSSDが組み込まれており、処理スピードが早いです。

スピードを重視するのであれば、Fusion Driveの中でも「2TB」がおすすめです。

周辺アクセサリの選び方

iMacの初期パッケージには、付属品として「Magic Mouse 2」「Magic Keyboard(JIS)」が付いていますが、自分の好きなものに変更することもできます。

ここは好みが分かれる部分ではあるのですが、僕個人のおすすめも紹介しておきます。

まずはマウスですが、これは「トラックパッド」に変更するのが断然おすすめです。

トラックパッドは指でなぞるだけなので、カーソルの移動が早く疲れにくい上に、活用できる機能が多様で使いやすいです。

「Magic Trackpad 2」を選択すると5,000円ほど高くなりますが、作業効率を考えるとトラックパッド一択です。

(画像引用元:Apple)

またキーボードは3,000円を追加することで、「テンキー付き」のものに変更することができます。

テンキーとは?

キーボードの右側に設置されている数値入力用のキーのことです。

0から9までの10個のキーがあることから「テンキー」と呼ばれています。

仕事などでテンキーを使う必要がある方なら変更してもいいと思いますが、個人的にはテンキーはなしの方が圧倒的に使いやすいです。

理由はテンキーがあると、キーボードとトラックパッドの切り替えがスムーズにできないから。

どうしてもテンキーの上をまたぐ必要があるので、毎回多少のタイムロスになってしまうんですよね。

テンキーなしの方が、キーボードとトラックパッドをスムーズに切り替えることができます。

あとはキーボードの種類もJISタイプやUSタイプなどから選べますが、これは人によって使い慣れているものを選べばいいと思います。

個人的にはJISタイプよりもUSタイプの方が見た目がスッキリしているのと、キーの配置が合理的なので好きです。

(画像引用元:Apple)

まとめ:初心者におすすめのiMacは「iMac 27インチ 5Kディスプレイ」のエントリーモデル

ここまでお話してきた内容をまとめると

  • ディスプレイは「27インチ(5K)」
  • ストレージは「SSD」か「Fusion Drive」

この条件を満たす「iMac 27インチ 5Kディスプレイ」がおすすめです。

迷ったらこのモデルを購入しておけばまず間違いありません。

そして、コストパフォーマンスの点を考慮すると、初心者の方なら「エントリーモデル」で充分です。

(画像引用元:Apple)

ミドルモデルや最上位モデルにしたとしても、グラフィックやCPUの性能の違いは体感ではわからないレベルです。

ただし、iMacでオンラインゲームや動画編集などをするのが目的で、メモリを増設する場合は注意してください。

エントリーモデルは、32GBまでしかメモリを増設することができません。

なので、それ以上メモリを増設したいという方であれば、最大で64GBまでメモリを増設できるミドルモデルか最上位モデルを選ぶ必要があるので気をつけましょう。

また速度を重視する方であれば、Fusion Driveが2TBある最上位モデルがおすすめです。

ちなみに僕は2017年モデルを購入したのですが、メモリの増設と速度を考慮して「iMac 27インチ 5Kディスプレイの最上位モデル」を購入しました。

スペックは下記の通りです。

  • 27インチ 5Kディスプレイ
  • 3.8GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
  • 8GBメモリ(最大64GBまで増設可)
  • 2TB Fusion Drive(SSD容量128GB)

CPUの性能以外は2019年モデルとほぼ差はないので、よければこちらも参考にしてみてください。

【レビュー】iMac 27インチ 5Kディスプレイのデメリットは?使用感を徹底レビュー!先日、念願の「iMac 27インチ 5Kディスプレイ」を購入しました。なので、このページではこれからiMacを購入しようと考えている方に向けて、iMacの使用感やメリット・デメリットを正直にレビューしていきたいと思います。...
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です