ファッション

【服の選び方】初心者が自分に似合う服を選ぶコツまとめ

服を選ぼうと思って探してみたものの、自分に似合う服が分からないという方は意外と多いと思います。

実際に僕も服を新調する時に、どうすればいいのか分からず途方に暮れていました。

ウル
ウル

ボトム? アウター? カットソー?

サイズは? 色は? 形は?

ファッションは専門用語が多く、どういった服がオシャレで自分に似合うのかが全く分かりませんでした。

しかし、最終的には自分に似合う服を理解し、跡形もないくらい別人になることができたのです。

結論からお伝えすると、一番大事なのは「自分で服を選ばないこと」でした。

このページでは服の選び方が分からないという方に向けて、自分に似合う服を選ぶコツをさらに詳しくお伝えしていきます。

この記事を読むことで、あなたも失敗せずに自分に合った服を新調できるようになるはずです。

初心者はなぜ服を選べないのか?

そもそも多くの方が、なぜ服を選べないのかというと

  • オシャレな着こなしが分からない
  • 自分に似合う服装を把握していない

このように服を選ぶ基準がないからです。

基準がないのだから選べなくて当然なのです。

僕を例に挙げると、今までファッションに興味を持ったことがなく、「服は着られればいい」程度の認識で、破れたら新しい物を買うというレベルでした。

学生の時なんて、服にこだわりがなさすぎて母親が買ってきた服を着てましたからね。

今はどういったファッションが流行になっているのか?

そして、自分にはどういった服装が似合うのか?

こういったことは考えたこともありませんでした。

そんな人間がいきなり自分に似合う服を選ぼうと思っても、選べるわけがないのです。

自分の基準で選ぼうものなら失敗は目に見えていますね。

  • 初心者は判断基準がないから選べない
  • 自分で選んだらまず失敗する

ファッション初心者が自分に似合う服を選ぶには?

ではどうすればいいのかというと、

「基準がある人にコーディネートしてもらう」

これが一番早くて間違いのない方法です。

ファッション初心者の方は、僕のように自分で判断できる基準を持っていない場合がほとんどです。

もちろんファッションを学んでセンスを磨くのもありだとは思いますが、一から学ぶと時間がかかります。

それなら、やはり基準がある人にコーディネートしてもらった方が早く結果が出るし、教えてもらうこと自体がファッションを学ぶことに繋がります。

なので、少なくとも基準がないうちは、基準がある人に選んでもらうのがおすすめです。

コーディネートをしてもらう手段としては、主に下記の4つがあります。

  1. 服屋の店員さんにお願いする
  2. ファッションに詳しい友人にお願いする
  3. プロに依頼する
  4. アプリを活用する

大事なのは「主観ではなく客観的にコーディネートしてもらう」ということです。

ただし、個人的に服屋の店員さんはおすすめしません。

というのも実際に僕がお願いしてみて失敗した経験があるからです。

詳しくはこちらにまとめたので、失敗談として参考にしてみてください。

【失敗談】初心者が服屋の店員さんにおまかせしてはいけない理由まとめこのページでは、服屋の店員さんに服を選んでもらおうとしている方に向けて、「服屋での失敗談」「服屋の店員さんにお願いしてはいけない理由」「初心者が失敗しないための服選びのコツ」これらについてお話していきます。...

あとはファッションに詳しい友人を頼るのもいいとは思うのですが、初心者の方ほど最初はプロのコーディネーターやアプリを活用するのがおすすめです。

なぜかというと、「第三者からの意見がもらえる」というメリットがあるからです。

友人やある程度知った仲だと、相手に対して気を遣ってしまって「思っていることを言えない」ということが結構あるのです。

気遣いはありがたいのですが、服を選ぶ際には裏目になってしまいます。

プロのコーディネーターやアプリは、第三者目線でフラットな立場からアドバイスしてくれるので、客観的に自分の改善点や似合う服を知ることができるのです。

あと僕は友人達を見返したかったというのもありました。

なので、僕はプロのコーディネーターの方にお金を払ってお願いしてみました。

  • 客観的な視点で選んでもらう
  • プロに頼むかアプリがおすすめ

スポンサーリンク

プロのコーディネーターにお願いしてみた結果

実際にお願いしてみた結果なんですが、これはもう実際に見てもらった方が分かると思うので、まずはこちらをご覧ください。

待ってください。

言いたいことは分かってます。

僕の「Before」がありえないレベルなのは、今の僕なら分かります。

ファッションに興味がないとはいえ、あまりのダサさに写真を載せるべきか投稿するギリギリまで迷いました。

でも間違いなく伝わると思ったので載せました。

お恥ずかしいことなのですが、当時の僕は「Before」の格好が普通だと思っていました(むしろイケてるとさえ思っていました)。

男性
男性

さすがに気づけよ!!

って思うかもしれませんが、服装がダサいのって本人は気付けないんですよ。

普段は鏡さえ見ないし、そもそも「自分が他人にどう映っているか」なんていう客観的な視点がゴッソリ抜け落ちていたのです。

ただ、これを機に「自分のファッションレベルの低さ」を自覚することができました。

人間自覚してからがスタート。

自覚することができれば、そこから伸ばすことができますが、自覚できなければいつまでもそのままですからね。

そして、プロの方にお願いしてありがたかったことが、

「自分のスタイルを活かした着こなし方を知ることができた」

ということです。

例えば、僕はこんな感じで依頼をしていました。

ウル
ウル

自分の持ち味を活かした

女子ウケするコーディネート

これでお願いします!

オシャレ番長
オシャレ番長

ウルさんは細身なので、ジーンズは細身の方が似合うと思います。

スタイルの良さを活かしてみましょう!

それととても落ち着いた方なので、ベストを併せて大人っぽい雰囲気に。

あとは面長なのでハットとか似合うと思いますよ!

イメージは英国風の紳士でいきましょう!

女子ウケもいいので!

こんな感じで僕の要望に合ったアドバイスやコーディネートをしてもらえました。

そして、コートとマフラーを着用したスタイルがこちら。

ここだけの話なんですが、この格好で街を歩いていたら「モデルに興味ありませんか?」って声をかけられて名刺を渡されました。

しかも、2回もです(ガチで)。

あ、止めてください! 今後街で見かけた時に面白半分で僕に声をかけるのは止めてください!

別に自慢したいとかは微塵もなくて、今まで一度もそんなこと言われたことがなかったので、

ウル
ウル

プロが選んだ服ってすげぇ!!

と実感すると共に、否が応でも自分に自信が持てるようになったことを伝えたかったのです。

お願いできるコーディネーターがいない場合は?

正直、僕の場合はかなり運がよかったと思っています。

信頼できるコーディネーターの方と運良く繋がりを持てて、しかも依頼をすることって中々出来ませんからね。

もし、あなたの身近に頼れるコーディネーターさんがいるのならその方にお願いすればいいと思います。

ただ問題は「そんな知り合いはいないんだけど!」って場合です。

身近に相談できる人がいない場合は、ファッションコーディネートアプリを使うのもアリです。

女性向けですが、個人的におすすめなのがpickss。

このアプリは面白くて、自分の情報や好みを入力するとプロが自分に合う服を選んで家まで郵送してくれるのです(送料は無料です)。

どんな服を選んでくれるのか分からないので、服が届くまでワクワクしながら待ちます。

そして、実際に試着してみて気に入れば購入できますし、気に入らなければそのまま返品することができます(返送料も無料です)。

注意点としては、スタイリング料が2,800円(税別)ほどかかります。

ただプロに直接お願いするよりかなり安く済むのと、服を1点でも購入するとこのスタイリング料は無料になります。

まとめると、pickssはこういった女性におすすめです。

  • 人に直接相談することに抵抗がある
  • 服を買いに行く時間が取れない
  • コストを抑えてプロに選んで欲しい
pickss - プロがコーデするファッション通販アプリ

pickss – プロがコーデするファッション通販アプリ

airCloset無料posted withアプリーチ

服装を変えるのは違和感がある

それとこれもぜひ覚えておいてください。

服を変えると、最初は物凄い「違和感」があります。

例えば僕の場合、

オシャレ番長
オシャレ番長

ウルさんはスキニージーンズがいいと思います!

これを試着してみましょう!

スキニージーンズとは?

スキニージーンズはピッタリした細めのジーンズのことを指します。

「スキニー」は細さを表す指標のことで、スキニー<スリム<ストレートの順で太くなっていきます。

ウル
ウル

これ、初めて履いたんですけど……。

めっちゃキツめというか……かなり違和感が……。

オシャレ番長
オシャレ番長

ちょうどいい感じですね!

すぐに馴染むので大丈夫ですよ!

ウル
ウル

え? でもキツくて違和感が……。

オシャレ番長
オシャレ番長

大丈夫です!

こんな感じで最初はめちゃくちゃ違和感がありました。

でも、1週間も履いて馴染んでくると、これが驚くほどフィットするんです。

それからは、僕はもうスキニージーンズ以外は履けなくなりました。

そして、その時に僕は「プロの意見には黙って従うべし」ということを身をもって実感しました。

本当に口答えしたことについて土下座をしたい。

今でこそ笑い話になっていますが、これはファッション初心者の教訓です。

新しい服を新調した場合、間違いなく違和感を感じるはずです。

しかし、その違和感は自分が変わろうとしている証拠。

今までの自分とは違う自分になるのだから、違和感を感じるのは当然なのです。

自分の感覚は捨て去りましょう。

まとめ:主観を捨てて客観的なコーディネートを!

今回の記事で特にお伝えしたかったことは、下記の2点です。

  • 初心者は客観的な視点で服を選んでもらおう
  • 服を変えると、最初は違和感がある

服装は自分を磨く上で最も取り組みやすい上に、すぐに効果を実感できるものでもあります。

実際に僕も服装を新調したことで、以前よりも鏡や写真に映るのがめちゃくちゃ楽しくなりました。

ぜひあなたも自分を変えるための第一歩として、自分に合ったファッションを見つけてみてくださいね。

また見た目に関しては、服装以外の部分も一緒に変えていくと、より変化を実感できるのでおすすめです。

自分を変えるには見た目を変えろ!周りを見返す外見の磨き方をわかりやすく解説!このページでは「自分の見た目を変えたい」と思っている方に向けて、僕が実践して本当に効果があったものを紹介していきます。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です