Wi-Fi

失敗しない固定回線選び!スマホのキャリアごとにおすすめのプロバイダを紹介!

このページでは固定回線を検討している方に向けて、スマホのキャリアごとにおすすめの光回線を紹介していきます。

固定回線選びで失敗したくない方はぜひ参考にしてみてください。

固定回線の3つの種類

まず固定回線は大きく分けると次の3種類があります。

  1. 光回線
  2. ADSL(電話回線)
  3. CATV(ケーブルテレビ)

迷わないように先に結論をお伝えしておくと、これから固定回線を契約するのなら「光回線」が最もおすすめです。

①光回線

光回線とは光ファイバーケーブルを使用して、レーザー光で通信を行う回線のことです。

料金は高めなのですが、最も通信速度が速く安定しています。

固定回線として選ぶのであれば最もおすすめできる回線となっています。

②ADSL(電話回線)

ADSLは電話回線を使って電気でインターネット通信を行うことです。

値段は安めですが、通信速度が遅く安定しません。

その上、NTT東西地域会社が2016年6月に新規申し込みを打ち切ったことで、事実上の終了宣言がされています。

③CATV(ケーブルテレビ)

CATVは有線のテレビケーブルですが、これを使ってインターネット通信を行うこともできます。

しかし、CATVは光回線より通信速度が遅いのにも関わらず値段が高くなる傾向があるので、正直おすすめはできません。

CATVは元々はVODのために作られたものなので、オンラインゲームや動画編集など重い作業向きではないんです。

VOD(ビデオ・オン・デマンド)とは?

「Video On Demand」の略で、映像コンテンツを視聴することができる動画配信サービスのことです。

具体的にはhuluU-NEXTのようなサービスのことです。

おすすめの光回線5社の比較

上記でお話したように今から固定回線を利用するのなら光回線になると思うので、ここからは失敗しない光回線の選び方についてお話していきます。

まず、光回線を提供している会社はたくさんあります。

しかし、人によって条件が変わってくるので、一概に「ここが一番おすすめです!」とは言えないんです。

具体的に言うと、次の5つが光回線の選択を複雑にしています。

  • 利用している携帯会社の割引を受けられるか
  • 月額の利用料金
  • キャッシュバックの金額
  • 通信の速度・安定性
  • 住んでいるエリアに対応しているか

なので、今回はこの5つ「スマホ割、月額料金、キャッシュバック(CB)、通信速度、対応エリア」などの観点から、人気があっておすすめできる光回線会社を5つに絞りました。

スマホ割 月額料金 最大CB
ドコモ光 docomo 5,200円
4,000円
2.5万円相当
auひかり au 4,975円
2,550円
5.5万円
ソネット光 au 5,580円
4,480円
5万円
NURO 光 Softbank 4,743円
2,500円
3.5万円
Softbank光 Softbank 5,200円
3,800円
3.2万円

月額料金の上段は「戸建てタイプ」、下段は「マンションタイプ」の料金になっています。

ここからは条件ごとに「わかりやすく」「簡潔」に、おすすめの光回線をまとめていきます。

失敗しない光回線の選び方

個人的にもっともおすすめしたいのが、「利用している携帯会社の割引」を受けることです。

理由はシンプルで、固定回線の月額の料金が割引されるので非常に恩恵が大きいのです。

なので、各キャリアごとにおすすめの光回線とプロバイダを紹介していきます。

①docomoユーザーの方

docomoユーザーの方はドコモ光がおすすめです。

通信速度 エリア
ドコモ光 最大1Gbps 全国

全国に対応してくれており、スマホ1台につき最大で3,500円の割引を受けることができます。

また定期的にプレゼントキャンペーンで、キャッシュバックの他にdポイントもらうことができます。

ドコモ光はこちら

②auユーザーの方

auユーザーの方はauひかりを選びましょう。

auのスマホ割を受けることができます。

通信速度 エリア
auひかり 最大1Gbps 全国
(中部地方をのぞく)

またauひかりはキャッシュバックが高額なのも特徴です。

3万円代の光回線会社が多い中で、5万円という高額なキャッシュバックを用意してくれています。

auひかりはこちら

auひかりは中部地方には対応していないので、対応していないエリアにお住みの方は、同じくauのスマホ割が受けられるソネット光がおすすめです。

通信速度 エリア
ソネット光 最大1Gbps 全国

ソネット光はこちら

③Softbankユーザーの方

Softbankユーザーの方ならNURO 光がおすすめです。

通信速度 エリア
NURO 光 最大2Gbps 関東・東海・関西

NURO光の特徴はなんといっても通信速度の速さで、最大通信速度が2Gbpsと他の光回線と比べても頭1つ飛び抜けています。

またSoftbankのスマホ割を受けることができます。

NURO 光はこちら

ただし、対応エリアが狭いので対応していないエリアにお住みの方は、同じくSoftbankのスマホ割を受けられるSoftbank光がおすすめです。

通信速度 エリア
Softbank光 最大1Gbps 全国

Softbank光はこちら

④大手キャリア以外の方

上記のキャリア以外の方だとスマホ割は関係なくなります。

なので、通信速度を重視するならNURO光、コスト面を重視するならauひかりを選びましょう。

auひかりは通信速度や月額料金など、最もバランスのいい安定した回線です。

まとめ:自分に最適の光回線を見つけよう

今から固定回線を利用するのなら「光回線」を選びましょう。

そして、条件によって最適な光回線が変わってくるので、あなたのスマホにあった光回線会社を選びましょう。

ちなみに固定回線を検討している方の中で、引っ越しの予定がある方などはホームルーターを検討してみてもいいと思います。

ホームルーターは通信速度こそ固定回線に多少劣りますが、面倒な工事が不要で到着後すぐにWi-Fiを利用し始めることができるのでとても楽ちんです。

まだ検討していない方は、1度検討してみるといいと思います。

詳しくはこちらの記事にまとめたので、参考にしてみてください。

Wi-Fi(ワイファイ)って何?初心者に向けて仕組みや種類について分かりやすく解説!「ワイファイってよくテレビで聞くけど何なの?」 これは普段インターネットを使わない父親からされた質問なのですが、仕事などでパソコン...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。