ゲーム・アプリ

【大三国志】土地レベルごとの攻略目安と強くなるために育てるべき施設一覧

このページでは大三国志を始めたばかりの方に向けて、

  • 土地レベルごとの攻略目安
  • 強くなるために育てるべき施設

これらについてまとめておきます。

大三国志において領土の拡大はとても重要な要素なので、しっかり理解しておきましょう。

大三国志
大三国志
開発元:WINKING DIGITAL ENTERTAINMENT LIMITED
無料
posted withアプリーチ

土地レベルごとの攻略目安

大三国志では領土を拡大していくために、広大な土地を制圧していく必要があります。

しかし、何も考えずに土地に攻め込んでいては、返り討ちにあって多くの資源が無駄になってしまいます。

なので、しっかりと準備をした上で土地の制圧行うようにしましょう。

土地ごとに攻略するための目安をまとめておきます。

土地レベル 目安となる兵力
レベル1 300
レベル2 800
レベル3 2,000
レベル4 7,000
レベル5 10,000

目安はあくまで個人的な目安となっており、敵の武将の構成や出兵拠点からの距離で変動します。

なので、まずは武将1人を配置した部隊(兵力は100)を偵察に送って、敵の情報(武将の構成や兵力など)を探るのが得策です。

特に土地レベル4と5の間にはかなりの差があり、一つの区切りと言われています。

レベル5の土地を攻略できるようになれば、初心者は卒業と言えますね。

スポンサーリンク

強くなるために育てるべき施設

より高レベルの土地を攻略していくためには、部隊の強化が欠かせません。

ここからは部隊を強化するために育てるべき施設を紹介していきます。

①統師庁

統帥庁を建てることで部隊に前衛を配置することができます。

建設以降は昇級するごとに前衛を配置できる部隊数が増えていき、最大で5部隊まで前衛を配置することができるようになります。

配置できる武将が1人増えれば、それだけで戦力が大幅にアップします。

優先的に建設を行い、3武将を配置できる部隊を1つは持っておきましょう。

②兵営

各武将が率いる兵士の上限数をあげることができ、武将1人につき最大で+5,000まで増やすことができます。

武将は元々「自身のレベル×100の兵士」を所持できますが、兵営を育てることで兵力を格段にアップさせることができます。

兵力を上昇させることは、そのまま戦力アップに繋がるので、こちらも優先的に上げるようにしましょう。

ちなみに武将のレベルは50が最大なので、1人の武将が率いることができる兵士は10,000人までです(レベル50×100+5,000)。

③各将台(魏・呉・蜀・漢・郡)

各将台を建てることで「陣営効果」を発生させることができます。

陣営効果とは部隊内に同じ陣営の武将を2人以上配置すると、ステータスにボーナスを得られるというものです。

そして、さらに各将台をレベル5まで昇級させることで、それぞれに対応した「銅銭召募」が行えるようになります。

個人的にはこの銅銭召募はかなり大きいです。

この召募からは★5の武将も出現するので、各将台を早めにレベル5まで上げて毎日引いていきたいところです。

まとめ:土地の攻略はしっかり準備してから行おう

高レベルの土地へ攻める際は注意が必要です。

返り討ちにあって敗北してしまうと、余計な徴兵で資源が無駄になってしまう上に時間も取られてしまいます。

なので、1度の討伐で確実に攻略できるように、偵察や部隊の強化などの準備をしっかりとしておきましょう。

あとは土地の攻略以外にも効率よく進めるためのポイントをまとめたので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

【大三国志】おすすめの武将と戦法は?序盤を効率よく進めるためのポイントまとめこのページでは大三国志を始めたばかりの方に向けて、おすすめの武将や戦法など「序盤を効率よく進めるためのポイント」についてまとめておきます。大三国志を効率よく進めたい方はぜひ参考にしてみてください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です