作業環境

【1分】iMacをデュアルディスプレイにする方法と設定のやり方をわかりやすく解説!

先日、はじめてiMacをデュアルディスプレイにしたのですが、思っていたよりもめちゃくちゃ簡単でした。

決して大袈裟な話ではなく、必要なものさえ揃っていれば1分で完了します。

なので、このページではiMacをデュアルディスプレイにするにあたって

  • 用意するもの
  • 接続する手順

これらについてわかりやすく解説していきます。

iMacをデュアルディスプレイにしたいという方は、参考にしてみてください。

ウル
ウル

設定は本当にあっという間です!

iMacをデュアルディスプレイにする方法

用意するもの

iMacをデュアルディスプレイ化するために用意するものは、次の2つだけです。

  1. モニター(ディスプレイ)
  2. 接続ケーブル

それぞれ詳しく見ていきます。

①モニター(ディスプレイ)

画面を2つにするために、メインとなるパソコンの他にもう1枚モニターが必要です。

モニターの大きさはメインとなるiMacと同じくらいのものか、少し小さいくらいのものが見やすいです。

個人的に27インチのiMacなら、24〜27インチくらいのものがおすすめですね。

また接続端子として「DisplayPort」を搭載しているものがおすすめです。

「DisplayPort」とはケーブルを接続する「端子の種類」のことです。

「接続端子がよくわからない…」という方のためにシンプルに説明すると、接続端子は下記の4種類に分けることができます。

  1. VGA端子(アナログ)
    ※「D-sub15ピン」や「アナログRGB端子」とも呼ばれます。
  2. DVI端子(アナログ+デジタル)
  3. HDMI端子(デジタル)
  4. DisplayPort端子(デジタル)

下に行くほど最新の規格となっていて、アナログよりデジタルの方が良い画質で映像を映すことができます。

つまり、「DisplayPort」が最も映像のクオリティが高いのでおすすめです。

  • 大きさはiMacと同じか少し小さいくらい
  • 「DisplayPort」搭載モデルがおすすめ

僕は27インチのiMacを使っているので、DisplayPortが搭載されているiiyamaの23.8インチモニターを購入しました。

実際に使ってみたレビューはこちらをどうぞ。

【レビュー】デュアルディスプレイにおすすめなiiyamaの23.8インチモニター!メリット・デメリットまとめ先日、自分のデスク環境をデュアルディスプレイにしたのですが、めちゃくちゃ快適で作業がはかどりまくってます。 その際にモニターとして...

②接続ケーブル

次にiMacとモニターを繋げる接続ケーブルが必要になります。

この接続ケーブルの選び方で失敗してしまう方が多いので、間違えないように気をつけましょう。

モニター側は先程紹介したVGA、DVI、HDMI、DisplayPortの4種類の接続端子のうちのどれかです。

今回はおすすめの「DisplayPort端子」を例にあげます。

あとはiMac側の接続端子を確認するのですが、iMacは製造年で接続端子が変わっています。

具体的には

  • iMac(2017年・2019年発売)は「サンダーボルト3」
  • iMac(2012〜2015年発売)は「サンダーボルト2」

となっています。

(画像引用元:Apple)

このようにiMac側の接続端子によって、選ぶべき接続ケーブルが変わってくるので、ご自身のiMacを確認してみてください。

iMac(2017年・2019年発売)のサンダーボルト3ならこちらのケーブル。

iMac(2012〜2015年発売)のサンダーボルト2ならこちらのケーブルがおすすめです。

僕は2017年発売のiMacなので、DisplayPort(モニター側)とサンダーボルト3(iMac側)を接続できる前者のケーブルを購入しました。

MacLab.なら、もし繋がらなかったとしても30日間の相性保証が付いているので安心です。

接続する手順

モニターと接続ケーブルさえ揃えば、接続はあっという間です。

iMacのサンダーボルト端子(稲妻のマーク)と、モニター側のDisplayPort端子に接続ケーブルを差し込むだけです。

接続ケーブルは、iMacとモニターの電源が切れている状態で差し込みましょう。

横からみるとこんな感じでケーブルが繋がっています。

あとは両方の電源を入れれば、自動的にデュアルディスプレイになります。

スポンサーリンク

デュアルディスプレイの設定方法

細かい設定はiMacの「リンゴマーク」→「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「配置」から行えます。

ここでは各モニターの位置を設定することができます。

また同時にサブモニターの方にも設定画面が現れるのですが、こちらではサブモニターの表示を横向きにするか縦向きにするかなどの設定ができます。

ちなみに僕の場合、デュアルディスプレイにした時にモニターの方から音声が出るようになっていました。

iMacの内蔵スピーカーに切り替えたい場合は、「リンゴマーク」→「システム環境設定」→「サウンド」→「出力」から切り替えられます。

まとめ:iMacのデュアルディスプレイ化は本当に簡単

iMacのデュアルディスプレイ化は、難しい設定もなく本当にあっという間に行うことができます。

ただ、接続ケーブルの種類を間違えてしまうことが結構あるので、モニター側とiMac側の接続端子はしっかり確認するようにしましょう。

デュアルディスプレイは本当に快適なので、ぜひ試してみてくださいね。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です