作業環境

作業効率アップする?L字デスクのメリット・デメリットをわかりやすく解説!

前から気になっていた「L字デスク」。

一般的な横長デスクよりもL字デスクの方が作業効率が上がると聞いていたので、はじめてL字デスクを購入してみました。

結論からお伝えすると、作業効率はグーンと向上したのですが、いくつかデメリットもありました。

なので、このページではL字デスクを購入しようか悩んでいる方に向けて

  • L字デスクのメリット・デメリット
  • おすすめのL字デスク

これらについて詳しくまとめていきます。

L字デスクを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ウル
ウル

実際に使ってみた感想を率直にお伝えしていきます!

L字デスクのメリット・デメリット

実際にL字デスクを使ってみて感じたメリットとデメリットは下記の通りです。

  • スペースが広いので物をたくさん置ける
  • その結果、作業がとても捗る
  • 秘密基地にいるようでテンションが上がる

最大のメリットとしては、作業効率がグーンとアップしたことです。

椅子を少し回すだけで、新たな作業スペースが目の前に現れるのです。

サブのPCやプリンターを置いてもいいですし、逆に何も置かないことで手書きの作業スペースにすることもできます。

それと自然とテンションが上がるのが、地味に嬉しいポイントでした。

自ら進んでデスク前に移動するようになるので、結果的に生産性が上がります笑

  • 組み立てが大変
  • ゴミの処分が面倒
  • 大きいのでスペースをとる

L字デスクは基本的に組み立て式です。

組み立てる過程で重たい天板を持ち上げたり、骨子を支えておく必要があるので1人だと結構厳しいです。

また大型のL字デスクになると2梱包で送られてくるのですが、ダンボールと発泡スチロールが出るので、その処分が意外と面倒でした。

あとはL字デスクは単純にデスク2枚分の大きさなので、スペースが必要です。

狭い部屋だとL字デスクにかなりスペースをもっていかれるので、しっかりサイズを測ってから購入するようにしましょう。

おすすめのL字デスクについて

L字デスクのメリットとデメリットをお話しましたが、個人的には圧倒的にメリットの方が大きいです。

最初の設置や片付けが少し大変ですが、設置してしまえばそれ以降は生産性がずっと向上してくれます。

部屋にL字デスクを設置できるスペースがあるのであれば、正直導入しない手はありません。

その上で僕が購入した「ロウヤのL字デスク」がとてもよかったので紹介しておきます。

ロウヤのL字デスクを選んだ理由

L字デスクといっても様々なタイプがあるので、まず自分が求めるL字デスクの条件をまとめてみました。

L字デスクは本当に種類が多いので、最初に条件を絞るのはかなり大事です。

僕が設定した条件は下記の通りです。

  • 材質は木製
  • 奥行き50cm以上
  • 収納がある
  • 評判がいい(実績がある)
  • 予算2万円以内

人によっては組み換え可能な「分離タイプ」や、配線を収納できる「ケーブルホール付き」、電源がある「コンセント付き」、段差防止の「アジャスター付き」なども条件に入れてもいいかと思います。

そして、これらの条件を満たしてくれたのが、「ロウヤのL字デスク」でした。

ロウヤは株式会社ベガコーポレーションが運営する、家具やインテリアのオンライン通販サイトです。

実績もあり商品自体の評価も高かったので、こちらのL字デスクに決定。

(画像引用元:ロウヤ)

耐荷重は天板が約30kg、棚が約5kg、フリーラック(ミニラック)が約3kgです。

カラーは「オーク」「ウォルナット」の2種類から選べるのですが、落ち着いた雰囲気にしたかったのでウォルナットでお願いしました。

(画像引用元:ロウヤ)

ロウヤのL字デスクは、注文してから6日後に2梱包で送られてきました。

それぞれに天板が入っていて、重量は39kgもあり、かなり重いので注意してください。

また天板を傷つけてしまわないようにカッターでの開梱は厳禁です。

あとはネジ穴がたくさんあるので、電動ドライバーがあると組み立てがかなり楽になります。

電動ドライバーは安いものでもいいですが、できれば乾電池式よりも充電式、また逆回転もできてネジを外せる機能が付いているものが便利です。

個人的には「BOSCH(ボッシュ)のバッテリードライバー」がおすすめです。

Amazonのドリルドライバー売れ筋ランキング2位、楽天ランキング1位とかなり評価の高い電動ドライバーです。

部品のパーツを確認し、説明書を見ながら組み立てて完成したのがこちら。

組み立ては大人2人で行ったのですが、片付けまで含めると2時間ほどかかって結構大変でした。

スポンサーリンク

ロウヤのL字デスクのメリット・デメリット

ロウヤのL字デスクのメリット

①奥行きがある

元々iMacを置くつもりだったので、奥行きの広さを重要視していたのですが、奥行きが56cmもあるので広々と使うことができました。

ただ56cmと言ってもイメージが湧きづらいと思うので、参考までにパソコンを置いてみるとこんな感じです。

iMacを設置しても圧迫感を感じることがありませんし、MacBook Airなら2台分くらいは余裕で置くことができます。

奥行きが広いことでかなり広々と使うことができ、作業効率がかなり上がりました。

②配線がスッキリする

それぞれの天板の中央奥にケーブルホールがあるのと、天板が長い方のデスク下にコードを収納できるタップ収納を付けることができます。

(画像引用元:ロウヤ)

パソコンやモニターなどを置くと配線が多くなりがちですが、これらがあることで見た目がスッキリします。

地味な部分ですが、足元が配線でぐちゃぐちゃにならないので、絡まることもなく個人的にかなり重宝している部分です。

③収納ラックが便利

収納ラックは、こんな感じで物を置いておけるので、かなり役立ってくれています。

ちなみに収納ラック自体は、左右好きな方に設置することができます。

(画像引用元:ロウヤ)

ただし、左右で組み立て方が異なるので、あとから付け替える場合は1度ネジをバラして組み立て直す必要があるので注意してください。

ロウヤのL字デスクのデメリット

これは人によるところが大きいのですが、組み立てたあとのネジに注意が必要です。

フレームと天板を止めるのにネジを使うのですが、ネジ自体がむき出しになっています。

背が高い人や足が長い人は、椅子を回した際にズボンがネジで擦れてしまって、傷がついてしまうことがあります。

ウル
ウル

対処法として、ネジの上にビニールテープを貼ることで解決しました。

候補だったL字デスク達

僕がギリギリまで悩んでいた候補達も紹介しておくので、L字デスクを購入される方は参考にしてみてください。

ドリス コーナーデスク PRIME

もの凄く安くてびっくりしました。

ケーブルホールも3つあるし、特にこだわりがなくコストを抑えたい方にはおすすめかもしれません。

ただ片方の天板の奥行きが狭かったのと、やはり若干の安っぽさがあったので断念。

ロウヤ L字デスク コンセント2口付き

こちらもロウヤなのですが、デスクにコンセントが欲しい方はありだと思います。

僕はそこまでコンセントにこだわりがなったので、収納を優先しました。

山善 PND-1600

こちらも上記と同様にコンセントが付いているのが特徴です。

2口コンセントが2箇所も付いているので、電子機器を複数使う方は使い勝手がかなりいいと思います。

作業効率アップする?L字デスクのメリット・デメリットをわかりやすく解説!│まとめ

ウル
ウル

L字デスクは本当に快適です!

L字デスクならちょっと椅子を回すだけで、新たなデスク環境が目の前に現れます。

コックピット感があって楽しいですし、作業効率がものすごく上がってとても快適です。

横長のデスクを使っている方は、ぜひ1度L字デスクを使ってみることをおすすめします。

それとL字デスク以外のおすすめの作業環境も公開しているので、下記の記事も参考にしてみてください。

Macブロガーの作業環境はこちら

月間10万PVのMacブロガーの作業環境を公開!デュアルディスプレイで作業効率が42%UP!このページでは他のブロガーの作業環境を見てみたいという方に向けて、僕の作業環境を公開しようと思います。紹介するものは、僕が実際に購入して使っているものなので、良さそうなものがあればぜひあなたも取り入れてみてください。...
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です