ブログ運営

【1クリック】WordPressのリビジョンを削除してページの表示速度を上げる方法を解説!

ワードプレスを運営する上で「リビジョン」はとても便利でありがたい機能です。

しかし、リビジョンを放ったままにしておくと、サーバーの容量を圧迫してブログ自体の表示速度が遅くなってしまう可能性があります。

なので、ブログを運営する上で、不要なリビジョンは定期的に削除するべきです。

このページではWordPressのリビジョンを削除したい方に向けて、

  • リビジョンの基礎知識
  • リビジョンを削除する方法

これらについてまとめていきます。

ウル
ウル

リビジョンの削除は1クリックでできるのでとても簡単です!

WordPressのリビジョンについて

①リビジョンとは?

リビジョンとは「過去に更新した投稿内容を保存しておく機能」のことです。

僕は記事を書いている時に

ウル
ウル

間違えて保存しちゃった!

というミスをすることがよくあります。

そんな時はリビジョンを使うことで、過去に保存していた内容を簡単に復元することができるので重宝しています。

②リビジョンの確認方法

リビジョンの確認はとても簡単です。

記事の編集画面の右上にある「公開設定内」に表示されています。

また記事下のメニューにも設定で表示させることが可能です。

上の画像の場合、リビジョンが4つ保存されていることを表しています。

「自動保存」とは?

編集中の記事を自動的に保存してくれるワードプレスの独自機能です。

③リビジョンの復元方法

リビジョンを復元させるには、まずリビジョンをクリックして編集画面に移動します。

中央にバーがあるのですが、このバーを左に移動させることで今までのリビジョンを確認することができます。

今回の場合、リビジョンは4個だったので、選択出来るポイントが4個あります。

バーを移動させてリビジョンを表示させると色が付いている部分があるのですが、そこが変更された箇所です。

復元したいリビジョンがあった場合は、右側の「このリビジョンを復元」のボタンをクリックすれば復元することが出来ます。

またこの状態だと、時系列が前後しているリビジョンしか確認することができません。

しかし、右上の「2つのリビジョンを比較」にチェックを入れることで、任意の2つのリビジョンを比較することができます。

④リビジョンと記事の投稿IDの関係性

リビジョンは「記事を下書き保存した時」に自動的に保存されていくのですが、記事の投稿IDと密接な関係性があります。

というのも記事の投稿IDは、今までに保存されたリビジョンの数によって決まるのです。

例えばワードプレスを開設したばかりで、記事Aを新規作成したとします。

この場合、記事Aには一番最初の投稿なので記事IDとして「ID:1」が割り振られます。

そして、この記事Aを作成する過程でリビジョンが10個保存されたとします。

すると次に記事Bを新規作成した時にはリビジョンの分だけプラスされて、記事IDは「ID:11」になるのです。

スポンサーリンク

WordPressのリビジョンを削除する方法

WordPressのリビジョンを削除するには、プラグイン「WP-Optimize」を活用するのがおすすめです。

WP-Optimizeのメリットは下記のとおりです。

  • 難しい設定は不要
  • 1クリックでリビジョンを削除
  • データベースの最適化も可能

それと使わない時は有効化を解除しておけばいいので、ブログへの負担にもなりません。

手順としてはワードプレスのプラグインから新規追加を選択し、「WP-Optimize」をインストールし有効化をしましょう。

あとはWP-Optimizeの最適化画面に移動して、「すべての投稿リビジョンをクリーン」の右側にある「最適化を実行」をクリックするだけです。

難しい設定もなく、1クリックでリビジョンを削除することができます。

またWordPressのデータベースを最適化することも可能です。

データベースを最適化することで、余計なデータを削除してくれるので、表示速度の向上に繋がります。

手順はリビジョンと同様に「データベーステーブルの最適化」の右側にある「最適化を実行」をクリックするだけです。

リビジョンの削除とデータベースの最適化は、一ヶ月に1回は行うといいですね。

データベースの最適化は、念の為WordPress全体のバックアップを取ってから行うようにしてください。

WordPressのリビジョンを削除してページの表示速度を上げる方法を解説!│まとめ

リビジョンはとても便利な機能なのですが、こまめに記事を保存をする方だと

ウル
ウル

いつの間にか膨大なリビジョンが保存されてる!

ということが結構あります。

リビジョン一つ一つのデータ量は微々たるものですが、長い間蓄積され続けると馬鹿にできないデータ量になります。

そうするとサーバーの容量を圧迫し、ブログ自体の表示速度に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので、不要なリビジョンは削除するようにしましょう。

今回紹介したプラグイン「WP-Optimize」は

  • 難しい設定は不要
  • 1クリックでリビジョンを削除
  • データベースの最適化も可能

と非常に使い勝手の良いプラグインです。

ブログにとって表示速度は非常に重要な要素なので、ぜひ活用して読者の方にとって快適なブログ運営を心がけましょう。

それと「WP-Optimize」の他にも役立つプラグインをまとめたので、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

WordPressの運営に役立つプラグインはこちら

WordPress初心者が導入しておくべきおすすめのプラグイン12選!このページでは便利なプラグインを探している方に向けて、月間10万PVを達成するために僕が活用してきたおすすめのプラグインを紹介していきます。どれも便利なものばかりなので、ぜひあなたのブログ運営に役立ててください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です