ブログ運営

【プラグイン】リビジョンの削除とデータベースを最適化する「Optimize Database after Deleting Revisions」で表示速度を上げよう!

このページでは僕がお世話になっているリビジョンの削除とデータベースの最適化が簡単に出来るプラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」を紹介していきます。

あなたはワードプレスで記事を作成している時にリビジョンがどんどん増えていって煩わしく思ったことはありませんか?

リビジョンはとても便利な機能ですが、放っておくとサーバーの容量を圧迫しブログ自体の表示速度が遅くなってしまう可能性があります。

こういったことを防ぐためにもリビジョンはこまめに削除してデータベースを最適化しておくようにしましょう。

リビジョンについて

リビジョンってなぁに?

まずはリビジョンについてしっかり理解しておきましょう。

僕は記事を書いている時に

[voice icon=”https://tax-freelance.com/wp-content/uploads/2016/11/0204571753d67c817bb4a84581f7ccd1.png” name=”コバ” type=”l big”]

記事間違えて保存しちゃったぁぁぁぁぁぁぁ!

[/voice]

というミスをすることがよくあります。

[voice icon=”https://tax-freelance.com/wp-content/uploads/2016/11/ae68f646f4b49e317029e1c9666cb2b3.png” name=”ネット関係に詳しいキッズ” type=”r big”]

アホなのです。そんな時はリビジョンで一発なのです。

[/voice]

リビジョンとは過去に更新した投稿内容を保存しておく機能です。これにより過去に保存していた内容を簡単に復元することが出来ます。

リビジョンの確認方法

リビジョンの確認はとても簡単です。

ワードプレスの「投稿」から「投稿一覧」を選択し、リビジョンを確認したい記事の「編集」をクリックしましょう。

リビジョン 確認方法1

記事の編集画面に移ったら右上の「表示オプション」をクリック。

リビジョン 表示オプション1

表示オプションのボックスの中の「リビジョン」にチェック。

リビジョン 表示オプション2

表示オプションの「リビジョン」にチェックを入れたら画面を下にスクロールしていきましょう。

リビジョン 確認方法2

そうするとリビジョンの一覧が表示されます。この記事の場合10個ありますね。

リビジョン 確認方法3

この他にも右上の公開設定の部分からリビジョンを確認することも出来ます。

リビジョン 確認方法4

クリックしてリビジョンの画面に移動しましょう。

リビジョンの復元方法

続いてリビジョンの復元方法について見ていきます。リビジョンの画面に移ったら中央にメニューバーがあります。

リビジョン メニューバー

このメニューバーを左に移動させることで今までのリビジョンを確認することが出来ます。この記事のリビジョンは10個だったので、選択出来るポイントが10個ありますね。

リビジョンを表示させると色が付いている部分がありますが、そこが変更された箇所です。

リビジョン メニューバー 移動

復元したいリビジョンがあった場合は右上の「このリビジョンを復元」のボタンをクリックすれば簡単に復元することが出来ます。

またこの状態だと時系列が前後しているリビジョンしか確認することができませんが、右上の「2つのリビジョンを比較」にチェックを入れることで任意の2つのリビジョンを比較することも出来ます。

リビジョン メニューバー 2つ移動

リビジョンと記事の投稿IDの関係性

リビジョンは記事を「下書き保存した時」に自動的に記録されていくのですが、記事の投稿IDと密接な関係性があります。

記事の投稿IDの決まり方ですが、これは今までに記録されたリビジョンの数によって決まります。

どういうことかというと、例えばワードプレスを開設したばかりで最初に記事Aを新規作成したとします。

この場合、記事Aには一番最初の投稿なので記事IDとして「ID:1」が割り振られます。

そして、この記事Aを作成する過程でリビジョンが10個記録されたとします。

すると次に記事Bを新規作成した時にはリビジョンの分だけプラスされて、記事IDは「ID:12」になるといった感じですね。

リビジョンがもたらす弊害

リビジョンはとても便利な機能なのですが、こまめに保存をする方だと気付いたら膨大なリビジョンが記録されていたということが結構あります。

リビジョン一つ一つのデータ量は微々たるものですが、長い間蓄積され続けると馬鹿に出来ないデータ量になります。

そうするとサーバーの容量を圧迫しブログ自体の表示速度に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので、不要なリビジョンは削除するようにしましょう。

僕もこまめに保存するタイプなので気付いたらリビジョンが結構な量になっていることがあります。

リビジョン

[aside type=”normal”]

上記の画像にある「自動保存」とは60秒ごとに自動的に投稿を保存してくれるワードプレスの機能です。

[/aside]

スポンサーリンク

リビジョンを削除するプラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」の使い方

ではいよいよリビジョンを削除してみましょう。「Optimize Database after Deleting Revisions」を使います。

このプラグインを導入することで下記の2つが出来るようになります。

[aside type=”boader”]

・リビジョンの削除

・データベースの最適化

[/aside]

まずはワードプレスの「プラグイン」から「新規追加」を選択。

ワードプレス 新規追加

右上のキーワードの箇所に「Optimize Database after Deleting Revisions」と入力し、「今すぐインストール」をクリックします。

Optimize Database after Deleting Revisions インストール

インストールが完了したら「有効化」をクリック。

Optimize Database after Deleting Revisions 有効化

有効化できたら「設定」から「Optimize Database」を選択しましょう。

Optimize Database after Deleting Revisions 移動

続いて「Optimize Database after Deleting Revisions」の設定を行っていきます。

Optimize Database after Deleting Revisions 設定

①設定した日より前のリビジョンを削除

②リビジョンを「残しておく数」を設定

③「ゴミ箱」内のデータ削除

④「スパム」内のデータ削除

⑤「未使用タグ」の削除

⑥「内部キャッシュ」の削除

⑦「ピンバック」と「トラックバック」の削除

⑧「InnoDBタイプのテーブル」も最適化の対象にする

⑨「ログデータ」の保存

⑩自動最適化のスケジュール設定
NOT SCHEDULED(停止)
run optimization HOURLY(1時間ごとに自動で最適化します)
run optimization TWICE A DAY(1日に2回自動で最適化します)
run optimization DAILY(1日ごとに自動で最適化します)
run optimization WEEKLY(1週間ごとに自動で最適化します)
→自動最適化のスケジュール設定はサーバーに負荷がかかるので僕は設定していません。

⑪管理バーにリンクボタンを表示

⑫管理メニューにアイコンを表示

特にこだわりがなければ上記の画像の通りの設定でいいと思います。

また下部にはワードプレスで利用されているデータベースが表示されています。チェックを入れることで最適化から除外することも出来ますが特にいじる必要はありません。

Optimize Database after Deleting Revisions データベース

設定が完了したら下にある「Save Settings」を忘れずにクリックして保存しておきましょう。

Optimize Database after Deleting Revisions 設定保存

リビジョンの削除とデータベースの最適化

それではリビジョンの削除とデータベースの最適化を実際に行っていきましょう。

先ほど同様に「設定」から「Optimize Database」を選択し、下にある「Go To Optimizer」をクリック。

Optimize Database after Deleting Revisions 最適化

設定した内容が表示されるので、問題がなければ「Start Optimization」をクリック。

Optimize Database after Deleting Revisions 設定確認

スクロールして下記の画面が表示されればリビジョンの削除とデータベースの最適化が完了です。

Optimize Database after Deleting Revisions 最適化

具体的なデータベースの最適化の結果が表示されています。

①最適化前 8.625MB

②最適化後 8.625MB

今回は最適化をしたばかりだったのでデータの削除はありませんでした。

最適化は一ヶ月に1回は手動で行うようにしましょう。

まとめ

ブログにとって表示速度は非常に重要な要素です。

[voice icon=”https://tax-freelance.com/wp-content/uploads/2016/11/ae68f646f4b49e317029e1c9666cb2b3.png” name=”ネット関係に詳しいキッズ” type=”l big”]

ページの読み込みが3秒以上かかると約4割の読者が離脱するのです。

[/voice]

ページが中々表示されないと結構ストレスを感じますよね。読者の方が快適に見てもらえるようなブログ運営を心がけましょう。

今回紹介したプラグインは簡単にリビジョンを削除してデータベースを最適化することができるのでぜひ活用してみて下さい。

また僕が厳選したワードプレスを運営していく上で必須のプラグインを下記のリンク先にまとめておいたので、こちらもチェックしてみて下さいね。

[box class=”green_box” title=”関連記事”]

【プラグイン】ワードプレス初心者が導入するべきおすすめのプラグイン一覧!

[/box]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。