ブログ運営

【プラグイン】ワードプレス初心者が導入するべきおすすめのプラグイン一覧!

どうも!コバです。

ワードプレスの運営で欠かせないのがプラグインの存在です。最適なプラグインを活用することはブログ運営を効率化してくれるだけでなく、アクセスアップにも繋がります。

なので、このページでは実際に僕が使っているプラグインの中で特にワードプレス初心者の方におすすめのプラグインを紹介していきたいと思います。

[voice icon=”https://tax-freelance.com/wp-content/uploads/2016/11/0204571753d67c817bb4a84581f7ccd1.png” name=”コバ” type=”l big”]

まだ初心者だからいきなりプラグインなんて…

[/voice]

[voice icon=”https://tax-freelance.com/wp-content/uploads/2016/11/ae68f646f4b49e317029e1c9666cb2b3.png” name=”ネット関係に詳しいキッズ” type=”r big”]

おバカ!むしろ初心者の方ほどプラグインを使うべきなのです。

[/voice]

プラグインは本当に色々なことが出来る便利なツールです。個人的には初心者の方ほど最初は便利なプラグインを使ってもらって、ワードプレスの楽しさを実感してもらいたいと思います。

僕も初めてプラグインを使った時は

「え!?こんなことが出来ちゃうの?!すげー!」

「そうそう!これこれ!これがしたかった!」

と感動しっぱなしでした。

ただプラグインは名前をはじめちょっと英語が多いので、「うっ!」って思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、間違いなくあなたのブログ運営の効率化に役に立つはずです。

「プラグインって何?」という方はまずはワードプレスの特徴をまとめたこちらの記事をご覧下さい。

絶対に導入しておくべきプラグイン

まずは何と言ってもこれ。ブログを運営していく上で絶対に欠かせないプラグイン達です。

①All In One SEO Pack(SEO対策)

「All In One SEO Pack」はブログを検索エンジンで上位に表示させるために重要な役割を果たしてくれるプラグインです。

色々あるのですが、主に下記の3つが特に重要です。

・検索エンジンの検索結果に表示される記事のタイトルやキーワード、導入文などをページ毎に細かく設定することが出来ます。

・ソーシャルメディアで拡散された時の内容や画像を設定することが出来ます。

・ブログの更新情報などをまとめた独自のファイル(XML Sitemapと呼ばれているもの)を作成し、そのファイルを検索エンジンに伝えてくれるので、検索エンジンに記事が表示されるスピードが早くなります。

これらをちゃんと設定していることが、そのまま検索で上位に表示されることにも繋がってくるので必ず導入しておきましょう。

②Akismet(スパム対策)

ブログを更新していくと必ずと言っていいほど出くわすのが、スパムコメント。ブログが大きくなればなるほど、スパムコメントは増えていきます。

ただ、1つ1つ削除していたらもの凄く手間がかかってしまいますよね。そんな時に役に立つのが「Akismet」です。

自動でスパムコメントをブロックしてくれるのでかなり助かります。必ず導入しておきましょう。

③WordPress Ping Optimizer(ping送信)

インターネットの世界には世界中のブログやサイトの更新情報を収集しているpingサーバーというものがあります。

このpingサーバーに更新の通知を行うと、検索エンジンに表示されるスピードが早くなると言われているのですが、「WordPress Ping Optimizer」はその通知の役割を果たしてくれます。

あらかじめpingサーバーを登録して設定しておけば、あとは自動でブログの更新情報を送ってくれて検索エンジンへの表示速度を上げる手助けをしてくれるという訳です。

また基本的にこのping送信(pingサーバーへの通知のこと)というのはブログ更新時だけではなく、記事を修正した時などにも送られるのですが、何度も同じ記事のping送信を送っているとスパム判定されてしまうことがあるので覚えておきましょう。

ただこのプラグインはどんなに記事を修正しても記事の更新時に一度しかping送信を行わないので、スパムになる心配がありません。非常に優秀なプラグインです。

④WP Multibyte Patch(日本語バグ修正)

「WP Multibyte Patch」は日本語版ワードプレスに最初から導入されているプラグインです。

色々な役割を果たしてくれますが、主にひらがなや漢字などを使う際に不具合やバグを修正して最適化してくれてくれるプラグインです。

設定などは特に必要ないので、必ず活用するようにしましょう。

ブログの運営に役立つプラグイン

続いてはブログを運営する上でかなり役に立ってくれるプラグイン。便利なものが揃っています。

⑤Contact Form 7(お問い合わせフォーム)

「Contact Form 7」はお問い合わせフォームを簡単に作ってくれるプラグインです。

下記にこのブログのお問い合わせページへのリンクを載せておくので実際に見てみて下さい。

あわせて読みたい
お問い合わせ 当ブログに関するお問い合わせは、下記のフォームからお気軽にご連絡下さい。 ※内容によっては返信を控えさせて頂く場合がござい...

こんな感じでお問い合わせフォームが簡単に作れてしまう優れものなんです。

ちなみに何かしらの理由がない限り読者の方から連絡出来る手段は作っておいた方がいいです。思わぬチャンスが舞い込むこともありますからね。

⑥Broken Link Checker(リンク切れ通知)

記事を書いていくと様々なブログやサイトへのリンクを貼ったりすることがありますよね。

そうするとどんどんリンクが増えていく訳ですが、貼ったあとにリンク先の都合でリンクが切れてしまうことがあります。

リンクが切れているリンクをそのまま放置しておくのは、読者の方のユーザビリティを損ないますし、検索結果に悪影響を与えてしまうことになります。

ですが膨大なリンクを一つ一つチェックしていくのは物凄い非効率ですよね。

そこで、活躍してくれるのが「Broken Link Checker」です。万が一リンク切れがあった場合は、トップページとメールですぐにお知らせしてくれるのです。

非常にありがたいプラグインなので導入しておきましょう。

⑦EWWW Image Optimizer(画像圧縮)

記事を書いていくと数多くの画像を使うことになります。ただ画像はその分容量を使うので、増えてくると記事の表示速度に悪影響を及ぼすこともあります。

でも読者の方に分かりやすく伝えるために画像は使いたいですよね。

そんな時に役に立つのが「EWWW Image Optimizer」です。このプラグインは画像を圧縮してくれて、容量を空けてくれるのです。

画像をアップロードした時に自動的に画像を圧縮してくれますし、過去にアップロードした画像も一括で圧縮してくれるプラグインなのです。

特に画像を多様する方は必ず活用しましょう。

記事の作成を効率化出来るプラグイン

次は記事の作成を効率化してくれるプラグインです。これらのプラグインを導入することで記事を作成する時間を短縮することが出来ます。記事は積み重ねていくものなので、本当にバカになりません。

⑧TinyMCE Advanced(エディター設定)

「TinyMCE Advanced」は記事編集画面の編集ボタン(太文字とかテキスト色)の種類を増やしたり、配置を変更したりして自分が使いやすいようにカスタマイズする事が出来ます。

一度設定してしまえば、あとはその通りに使えるので、自分が使いやすいように設定しましょう。

⑨AddQuicktag(タグ挿入)

「AddQuicktag」は予めタグを設定しておくことで、設定したタグをワンクリックで呼び出すことが出来るプラグインです。

例えばこんな感じで名前とタグと順番を登録しておけば、

記事編集画面でボタンをワンクリックするだけで、設定しておいたタグを簡単に挿入することが出来ます。

タグをいちいち覚えたり、打ち込んだりするのは手間なのでかなり重宝しています。

⑩ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment(ID表示)

記事やカテゴリーなどのIDを表示してくれるプラグインです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

[box class=”green_box” title=”関連記事”]

【プラグイン】各IDを簡単に表示してくれる「ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment」が超便利!

[/box]

スポンサーリンク

ユーザビリティを向上させるプラグイン

続いては読者の方のユーザビリティ(読みやすさ)を向上させてくれるプラグインです。

⑪PS Auto Sitemap(サイトマップ作成)

ブログを更新していくと記事が増えていきますが、ブログ全体の記事の構成を一目で確認できるページがあると読者さんはスムーズに興味のある記事を読めますよね。

このページのことをサイトマップと読んでいます。サイトマップがあった方が読者さんも分かりやすいですし、親切な印象を持ってもらえますよね。

ただ更新する度にいちいちサイトマップも更新するのは手間がかかっていまします。

そこで役に立つのが「PS Auto Sitemap」です。一度設定しておけばサイトマップを自動的に更新してくれます。

⑫Table of Contents Plus(目次作成)

「Table of Contents Plus」は見出し毎に目次を作ってくれるプラグインです。

目次はリンクになっているので、クリックすることでその場所まで飛ぶことも出来ます。

⑬Category Order and Taxonomy Terms Order(カテゴリー並び替え)

ブログを更新して記事数が増えてくるとカテゴリー別に分けてサイドバーに表示したりしますよね。

この時カテゴリーがぐちゃぐちゃだと読者の方が行きたい場所にたどり着けず迷ってしまいます。

そんな時に役立つのが「Category Order and Taxonomy Terms Order」です。

ドロップ&ドラッグで簡単にカテゴリーを並び替えることが出来ます。

導入しておくと便利なプラグイン

続いては必須ではありませんが、導入しておくと便利なプラグインを紹介していきます。

⑭WordPress Popular Posts(人気記事表示)

「WordPress Popular Posts」を使うことでサイドバーなどにブログでよく読まれている人気記事を表示させることが出来ます。

人気記事は読者の方も興味を持ちやすいので、PVや回遊率の上昇に繋がる大事な要素の一つです。

⑮Yet Another Related Posts Plugin(関連記事表示)

「Yet Another Related Posts Plugin」を使うことでフッターに関連記事を表示させることが出来ます。

関連記事も人気記事同様にアクセスや回遊率の上昇に繋がる大事な要素の一つです。

⑯Display Widgets(ウィジェット条件指定)

ブログが大きくなっていけば広告などを掲載する機会が増えてくると思います。

そうすると特定の広告を特定の記事やカテゴリーで表示させたくないということも出てきます。

そんな時に役に立つのが「Display Widgets」です。ウィジェットと呼ばれるパーツごとに表示する条件を指定することが出来ます。

特に「検索結果ページ」や「404ページ(ページが存在しない場合に、表示されるエラーページのこと)」には広告は表示させない方がいいと言われているので、広告をウィジェットに掲載する場合は表示と非表示の設定をしっかり行っておきましょう。

⑰adMore(広告自動挿入)

記事中に広告などを自動的に挿入してくれるプラグインです。

挿入できるのはヘッダー、フッター、moreタグの3箇所あり、広告コードを記載しておくだけで簡単に表示してくれます。

設定もシンプルで分かりやすいです。

詳しくは下記の記事にダウンロードの仕方から設定の方法までまとめてみたので参考にしてみて下さい。

[box class=”green_box” title=”関連記事”]

【プラグイン】記事中にアドセンス広告を自動挿入するならシンプルに設定できる「adMore」がおすすめ!

[/box]

⑱Regenerate Thumbnails(画像再生成)

例えばテーマを新しく変更した際などに、サムネイルの切り取り方が変わって画像の比率がバラバラになってしまうということがあります。

もう一度画像をアップロードし直せばサムネイルが再設定されて統一された画像の比率になるのですが、かなり手間ですよね。

そんな時に役に立つのが「Regenerate Thumbnails」です。

すでにアップロード済の画像を一括で再生成してくれて画像の比率を統一して表示してくれます。

⑲Simple Local Avatars(アバター設定)

アバター(プロフィール画像)を設定することが出来ます。

アバターの部分に画像を設定すると、

著者のプロフィール欄やコメント欄でアバターとして設定した画像が表示されるようになります。

アバターはあなたの個性を出せるものですし、信頼にも繋がりますのでしっかり設定しておきましょう。

⑳No Self Pings(セルフピンバック防止)

ワードプレスにはピンバックという機能があります。

例えば自分のブログの記事が外部のブログでリンク付きで紹介された場合、「リンクが貼られましたよ」と通知が来るのです。

もちろん自分のブログに外部のブログのリンクを貼った場合は、相手に通知がいきます。この通知のことをピンバックと言います。

ただしピンバックの機能を使うにはワードプレス同士という条件があり、ピンバックの送受信設定を許可しておく必要があります。

このように便利なピンバックなのですが、問題点があって自分のブログのリンクを自分の記事に貼った場合もピンバックの通知が送られています。これをセルフピンバックと言ったりします。

記事を書いてくると参考や関連記事として自分の過去記事を紹介することも多くなってくるので、煩わしく感じることが多くなります。

そこで通常のピンバックはそのままでセルフピンバックのみを停止してくれるのが「No Self Pings」なのです。

ピンバック機能を活用している方は導入しておきましょう。

㉑SNS Count Cache(ソーシャルボタンのカウント機能)

「SNS Count Cache」はソーシャルボタン内にカウント数を表示させることができます。

特に設定などは必要ないのでソーシャルボタン内にカウント数を表示させたい方は使ってみましょう。

㉒Optimize Database after Deleting Revisions(リビジョン削除)

「Optimize Database after Deleting Revisions」はリビジョンの削除とデータベースを最適化してくれるプラグインです。

詳しくは下記の記事を参考にしてみて下さい。

[box class=”green_box” title=”関連記事”]

【プラグイン】リビジョンの削除とデータベースを最適化する「Optimize Database after Deleting Revisions」で表示速度を上げよう!

[/box]

㉓Revision Control(リビジョン保存数設定)

「Revision Control」はリビジョンの最大保存数を設定して管理することが出来るプラグインです。

詳細は下記の記事にまとめたので参考にしてみて下さい。

[box class=”green_box” title=”関連記事”]

【プラグイン】リビジョンは最大保存数を設定出来る「Revision Control」でスマートに管理しよう!

[/box]

まとめ

[voice icon=”https://tax-freelance.com/wp-content/uploads/2016/11/0204571753d67c817bb4a84581f7ccd1.png” name=”コバ” type=”l big”]

いや〜便利便利!

あ!これ入れとこ!おっとこっちのも!

ん?あれもいいな!もうポンポンいれちゃうぜ!

[/voice]

[voice icon=”https://tax-freelance.com/wp-content/uploads/2016/11/ae68f646f4b49e317029e1c9666cb2b3.png” name=”ネット関係に詳しいキッズ” type=”r big”]

待つのです!プラグインの導入のしすぎには注意するのです。

[/voice]

プラグインには非常に便利なものが多いのですが、注意点として導入のしすぎには気をつけましょう。

あまりプラグインを導入し過ぎると、ブログ自体が重くなってしまい表示速度が遅くなってしまうことがあるのです。

これはそれぞれの環境や使うプラグインによって変わってくるので、一概に何個入れたら表示速度に影響が出るとは言えませんが、僕の場合この記事で紹介したプラグインを全て入れたくらいでは特に問題はありませんでした。

ただ100個とか200個ってなってくると、さすがに影響が出てくると思うのであまり欲張って導入しすぎないように気をつけて下さいね。

また「ブログの開設から月5万円を収益化するまで」を最短で行えるようにフローチャートを作ったので、下記のリンクから併せてチェックしてみて下さい。

[box class=”green_box” title=”関連記事”]

【ブログ運営】ブログの開設から月5万円を稼ぐまでの副業初心者のためのフローチャート

[/box]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。