ブログ運営

WordPress初心者が導入しておくべきおすすめのプラグイン12選!

ワードプレスの運営で欠かすことができないのがプラグインの存在です。

適切なプラグインを活用することは、ブログ運営の効率化だけでなく、アクセスアップにも繋がります。

ただし注意したいのが、プラグインを入れすぎるとブログ自体が重くなってしまって、ページの表示速度が落ちてしまうということです。

なので、プラグインは厳選して入れるようにしましょう。

このページではWordPress初心者の方に向けて、ブログ運営に役立つプラグインを紹介していきます。

この記事で紹介するプラグインは、実際に僕が活用して本当におすすめできると思ったものなので、ぜひあなたのブログ運営に役立ててください。

ウル
ウル

WordPressに入れるプラグインは10個程度がベストなので、本当に必要なものだけを入れましょう。

WordPress初心者が導入しておくべきおすすめのプラグイン12選!

導入しておくべきプラグイン

①Google XML Sitemaps(サイトマップ送信)

「Google XML Sitemaps」は、XML Sitemap(ブログの更新情報などをまとめた独自のファイル)を作成し、検索エンジンに伝えてくれます。

これにより検索エンジンに記事が表示されるスピードを早くすることができるので、必ず導入しておきましょう。

②WordPress Ping Optimizer(ping送信)

インターネットの世界には、世界中のブログやサイトの更新情報を収集している「pingサーバー」というものがあります。

このpingサーバーに記事投稿の通知を行うと、検索エンジンに表示されるスピードが早くなるのですが、「WordPress Ping Optimizer」はその通知の役割を果たしてくれます。

あらかじめpingサーバーを登録しておけば、あとは自動で記事投稿の通知をしてくれて検索エンジンへの表示速度を上げる手助けをしてくれます。

またこのping送信(pingサーバーへの通知のこと)は記事の投稿時だけではなく、記事を修正して更新した際にもその都度送られます。

本来は同じ記事のping送信を何度も行っているとスパム判定されてしまうのですが、このプラグインは記事の投稿時に一度しかping送信を行わないので、スパムになる心配がありません。

下記の画像は記事を修正した更新履歴なのですが、「NOT」となっておりping送信されていないことが分かると思います。

③BackWPup(自動バックアップ)

「BackWPup」は、ワードプレスのバックアップを取ってくれるプラグインです。

設定をしておけば、あとは自動的にバックアップを取り続けてくれます。

ワードプレスは繊細なので、ちょっとしたことでエラーになることがあります。

万が一に備えて、復元できるように必ずバックアップを取るようにしましょう。

ブログ運営に役立つプラグイン

④Akismet(スパムコメント対策)

ブログを更新していくと、必ずと言っていいほど出くわすのがスパムコメントです。

ブログの規模が大きくなればなるほど、スパムコメントは増えていきます。

しかし、1つ1つ削除していたらもの凄く手間がかかってしまいますよね。

そんな時に役に立つのが「Akismet」です。

「Akismet」は、自動でスパムコメントをブロックしてくれるのでかなり助かります。

必ず導入しておきましょう。

⑤Contact Form 7(お問い合わせフォーム)

「Contact Form 7」は、お問い合わせフォームを作ってくれるプラグインで、下記のようなお問い合わせフォームを作ることが可能です。

ちなみに何かしらの理由がない限り、お問い合わせフォームは作っておいた方がいいです。

読者の方からの問い合わせや、企業から思わぬチャンスが舞い込むこともありますからね。

それとブログの規模が大きくなってくると、スパムメールが増えてくるので注意してください。

その際の対処法はこちらにまとめました。

スパムメールの対処法はこちら

【5分】WordPressプラグイン「Contact Form 7」に来るスパムメールの対処法を解説!このページではWordPress経由で送られてくるスパムメールへの対処方法を紹介していきます。スパムメールで悩んでいる方はぜひ試してみてください。...

⑥Broken Link Checker(リンク切れ通知)

記事を書いていく中で、外部のブログやサイトへのリンクを貼ることがあると思います。

外部リンクは記事の補足に有効ですが、貼ったあとにリンク先の都合でリンクが切れてしまうことがあります。

リンクが切れている状態をそのまま放置しておくのは、読者の方のユーザビリティを損ないますし、検索結果にも悪影響を与えてしまいます。

しかし、リンクを1つ1つチェックしていくのは、ものすごく手間がかかりますよね。

そこで、活躍してくれるのが「Broken Link Checker」です。

リンク切れがあった場合に、ダッシュボードとメールですぐに知らせてくれます。

非常に便利なプラグインなのでこれも導入しておきましょう。

⑦Simple Local Avatars(アバター設定)

「Simple Local Avatars」は、アバター(プロフィール画像)を設定することができます。

アバターの部分に画像を設定すると、著者のプロフィール欄やコメント欄で設定した画像が表示されるようになります。

アバターはあなたの個性を出せるものですし、信頼にも繋がりますのでしっかり設定しておきましょう。

⑧WP Multibyte Patch(日本語バグ修正)

「WP Multibyte Patch」は、日本語版ワードプレスに最初から導入されているプラグインです。

主にひらがなや漢字などの日本語を使う際に、不具合やバグを修正して最適化してくれるプラグインです。

設定などは特に必要ないので、削除せずに必ず活用するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の作成を効率化できるプラグイン

⑨AddQuicktag(タグ挿入)

「AddQuicktag」は、あらかじめタグを設定しておくことで、設定したタグをワンクリックで呼び出せるプラグインです。

例えば、こんな感じでラベル名とタグと順番を登録しておけば、

記事編集画面でボタンをワンクリックするだけで、設定しておいたタグを簡単に挿入することができます。

タグをいちいち覚えたり、打ち込んだりするのは手間なのでかなり重宝するプラグインです。

ユーザビリティを向上させるプラグイン

⑩Table of Contents Plus(目次作成)

「Table of Contents Plus」は、見出し毎に目次を作ってくれるプラグインです。

目次はリンクになっているので、クリックすることでその場所まで飛ぶこともできます。

書籍と同じで、記事にも目次があった方が全体の構成を把握できるので便利です。

⑪Category Order and Taxonomy Terms Order(カテゴリー並び替え)

ブログを更新して記事数が増えてきたら、カテゴリー別に分けて表示してあげると親切です。

しかし、カテゴリーの順番がぐちゃぐちゃだと、読者の方が迷ってしまって行きたい場所にたどり着けません。

そんな時に役立つのが「Category Order and Taxonomy Terms Order」です。

ドロップ&ドラッグで簡単にカテゴリーを並び替えることができます。

⑫WP-Optimize(リビジョン削除)

「WP-Optimize」は、リビジョンの削除とデータベースを最適化してくれるプラグインです。

ブログの表示速度を上げるためには、リビジョンを小まめに削除しておく必要があります。

WordPressを運営しているのであれば、リビジョンの役割や弊害は理解しておいた方がいいです。

リビジョンの詳細はこちら

【1クリック】WordPressのリビジョンを削除してページの表示速度を上げる方法を解説!このページではWordPressのリビジョンを削除したい方に向けて、「リビジョンの基礎知識」「リビジョンを削除する方法」これらについてまとめていきます。...

WordPress初心者が導入しておくべきおすすめのプラグイン12選!│まとめ

今回は実際に僕が活用しているプラグインを紹介しました。

どのプラグインもブログ運営に役立ってくれるものなので、日々のブログ運営で上手く活用してみてください。

ただし、便利だからといってプラグインを導入し過ぎることがないように注意です。

繰り返しになりますが、プラグインは厳選して活用するようにしてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です