ブログ運営

【月間10万PV達成】月間10万PVを達成するために活用したおすすめのプラグイン一覧

ワードプレスの運営で欠かせないのがプラグインの存在です。

僕は初めてプラグインを使った時は

コバ
コバ

え!?こんなことが出来ちゃうの?!すげー!

コバ
コバ

そうそう!これこれ!これがしたかった!

と感動しっぱなしでした。

最適なプラグインを活用することはブログ運営を効率化してくれるだけでなく、アクセスアップにも繋がります。

なので、このページではどのプラグインを導入すればいいのか迷っている方に向けて、月間10万PVを達成するために僕が活用してきたおすすめのプラグインを紹介していきます。

どれも便利なものばかりなので、ぜひあなたのブログ運営に役立ててください。

絶対に導入しておくべきプラグイン

まずはブログを運営していく上で絶対に欠かすことのできないプラグインを紹介していきます。

①All In One SEO Pack(SEO対策)

「All In One SEO Pack」ブログを検索エンジンで上位に表示させるために重要な役割を果たしてくれるプラグインです。

様々な機能があるのですが、主に下記の3つが特に重要です。

  • 検索エンジンの検索結果に表示される記事のタイトルや導入文をページ毎に細かく設定できる
  • ソーシャルメディアで拡散された時のタイトルや導入文、画像を設定できる
  • XML Sitemap(ブログの更新情報などをまとめた独自のファイル)を作成し、検索エンジンに伝えてくれるので検索エンジンに記事が表示されるスピードが早くなる

これらをちゃんと設定していることが、そのまま検索で上位に表示されることにも繋がってくるので必ず導入し設定しておきましょう。

②WordPress Ping Optimizer(ping送信)

インターネットの世界には世界中のブログやサイトの更新情報を収集しているpingサーバーというものがあります。

このpingサーバーに記事投稿の通知を行うと、検索エンジンに表示されるスピードが早くなるのですが、「WordPress Ping Optimizer」はその通知の役割を果たしてくれます。

あらかじめpingサーバーを登録しておけば、あとは自動で記事投稿の通知をしてくれて検索エンジンへの表示速度を上げる手助けをしてくれます。

またこのping送信(pingサーバーへの通知のこと)は記事の投稿時だけではなく、記事を修正して更新した際にもその都度送られます。

本来は同じ記事のping送信を何度も行っているとスパム判定されてしまうのですが、このプラグインは記事の投稿時に一度しかping送信を行わないので、スパムになる心配がありません。

下記の画像は記事を修正した更新履歴なのですが、「NOT」となっておりping送信されていないことが分かると思います。

③BackWPup(自動バックアップ)

「BackWPup」ワードプレスのバックアップを取っておいてくれるプラグインです。

設定をしておけば、あとは自動的にバックアップを取り続けてくれます。

ワードプレスは繊細なので、ちょっとしたことでエラーになることがあります。

万が一に備えて、復元できるように必ずバックアップを取るようにしましょう。

ブログ運営に役立つプラグイン

続いてはブログ運営に役に立ってくれるプラグインです。

とても便利なものが揃っています。

①Akismet(スパムコメント対策)

ブログを更新していくと必ずと言っていいほど出くわすのがスパムコメント。

ブログの規模が大きくなればなるほど、スパムコメントは増えていきます。

ただ、1つ1つ削除していたらもの凄く手間がかかってしまいますよね。

そんな時に役に立つのが「Akismet」です。

自動でスパムコメントをブロックしてくれるのでかなり助かります。

必ず導入しておきましょう。

②Contact Form 7(お問い合わせフォーム)

「Contact Form 7」お問い合わせフォームを簡単に作ってくれるプラグインです。

下記に当ブログのお問い合わせページへのリンクを載せておくので見てみて下さい。

こんな感じでお問い合わせフォームが簡単に作れてしまう優れものなんです。

ちなみに何かしらの理由がない限り、お問い合わせフォームは作っておいた方がいいです。

読者の方や企業から思わぬチャンスが舞い込むこともありますからね。

③Broken Link Checker(リンク切れ通知)

記事を書いていく中で外部のブログやサイトへのリンクを貼ったりすることがありますよね。

外部リンクは記事の補足に有効ですが、貼ったあとにリンク先の都合でリンクが切れてしまうことがあります。

リンクが切れているリンクをそのまま放置しておくのは、読者の方のユーザビリティを損ないますし、検索結果に悪影響を与えてしまいます。

そこで、活躍してくれるのが「Broken Link Checker」です。

万が一リンク切れがあった場合は、ダッシュボードとメールですぐに知らせてくれます。

非常に便利なプラグインなのでこれも導入しておきましょう。

④Simple Local Avatars(アバター設定)

「Simple Local Avatars」アバター(プロフィール画像)を設定することができます。

アバターの部分に画像を設定すると、著者のプロフィール欄やコメント欄で設定した画像が表示されるようになります。

アバターはあなたの個性を出せるものですし、信頼にも繋がりますのでしっかり設定しておきましょう。

⑤No Self Pings(セルフピンバック防止)

ワードプレスには「ピンバック」という機能があります。

例えば自分のブログの記事が他のブログでリンク付きで紹介された場合、「リンクが貼られましたよ」と通知が来るのです。

逆に自分のブログに外部のブログのリンクを貼った場合は、相手に通知がいきます。

ただしピンバックの機能を使うにはワードプレス同士という条件があり、ピンバックの送受信設定を許可しておく必要があります。

このように通知をしてくれるピンバックですが、1つ問題点があって自分のブログのリンクを自分の記事に貼った場合もピンバックの通知が送られてしまいます。

これを「セルフピンバック」と言います。

ただ記事を書いていると内部リンクで自分の記事を貼ることも多くなってくるので、セルフピンバックが煩わしく感じることがあります。

そこで活用したいのが、「No Self Pings」です。

通常のピンバックはそのままで、セルフピンバックのみを停止してくれます。

ピンバック機能を活用している方は導入しておきましょう。

⑥WP Multibyte Patch(日本語バグ修正)

「WP Multibyte Patch」は日本語版ワードプレスに最初から導入されているプラグインです。

主にひらがなや漢字などを使う際に不具合やバグを修正して最適化してくれるプラグインです。

設定などは特に必要ないので、削除せずに必ず活用するようにしましょう。

⑦show_article_map(内部リンク可視化)

「show_article_map」内部リンクを可視化してくれる非常に面白いプラグインです。

内部リンクを可視化することで、どの記事同士が繋がっているのか?

ブログ全体の構造を目で見て把握することができます。

内部リンクの最適化に非常に有用なプラグインなので、ぜひ活用してみてください。

ただし、中には対応していないテーマもあるので注意しましょう。

「show_article_map」のダウンロード方法や設定方法はこちらを参考にしてください。

記事の作成を効率化できるプラグイン

続いては記事の作成を効率化してくれるプラグインです。

これらのプラグインを導入することで記事を作成する時間を短縮することができます。

①TinyMCE Advanced(エディター設定)

「TinyMCE Advanced」は記事編集画面の編集ボタン(太文字とかテキスト色)の種類を増やしたり、配置を変更したりして自分が使いやすいようにカスタマイズできるプラグインです。

一度設定してしまえば、あとはその通りに使えるので自分が使いやすいように設定しましょう。

②AddQuicktag(タグ挿入)

「AddQuicktag」はあらかじめタグを設定しておくことで、設定したタグをワンクリックで呼び出せるプラグインです。

例えばこんな感じでラベル名とタグと順番を登録しておけば、

記事編集画面でボタンをワンクリックするだけで、設定しておいたタグを簡単に挿入することができます。

タグをいちいち覚えたり、打ち込んだりするのは手間なのでかなり重宝しています。

③ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment(ID表示)

「ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment」記事やカテゴリーなどのIDを表示してくれるプラグインです。

IDの詳細や使い方に関してはこちらの記事をどうぞ。

あわせて読みたい
投稿IDとカテゴリーIDを一発で表示させるプラグイン!「ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment」が超便利!ワードプレスを利用していると、ウィジェットなどで細かい設定をする際に投稿やカテゴリーなどの各IDが必要になってくることがあります。 ...

スポンサーリンク

ユーザビリティを向上させるプラグイン

続いては読者の方のユーザビリティ(読みやすさ)を向上させてくれるプラグインです。

①Table of Contents Plus(目次作成)

「Table of Contents Plus」は見出し毎に目次を作ってくれるプラグインです。

目次はリンクになっているので、クリックすることでその場所まで飛ぶこともできます。

②Category Order and Taxonomy Terms Order(カテゴリー並び替え)

ブログを更新して記事数が増えてくると、カテゴリー別に分けてサイドバーに表示したりしますよね。

この時カテゴリーがぐちゃぐちゃだと読者の方が行きたい場所にたどり着けず迷ってしまいます。

そんな時に役立つのが「Category Order and Taxonomy Terms Order」です。

ドロップ&ドラッグで簡単にカテゴリーを並び替えることができます。

③PS Auto Sitemap(サイトマップ作成)

サイトマップ(ブログ全体の構成を一目で確認できるページ)があると読者はスムーズに目当ての記事を読むことができます。

そこでサイトマップの作成に役立つのが「PS Auto Sitemap」です。

一度設定しておけばサイトマップを自動的に更新してくれる優れものです。

参考までに当ブログのサイトマップはこんな感じになっています。

④EWWW Image Optimizer(画像圧縮)

記事を書いていくと数多くの画像を使うことになります。

ただ画像はその分容量を使うので、増えてくると記事の表示速度に悪影響を及ぼすこともあります。

そんな時に役に立つのが「EWWW Image Optimizer」です。

このプラグインは画像を圧縮し容量を空けてくれます。

画像をアップロードした時に自動的に画像を圧縮してくれますし、過去にアップロードした画像も一括で圧縮してくれる優れものです。

特に画像を多用する方は必ず活用しましょう。

⑤Optimize Database after Deleting Revisions(リビジョン削除)

「Optimize Database after Deleting Revisions」はリビジョンの削除とデータベースを最適化してくれるプラグインです。

ブログの表示速度を上げるためにはリビジョンを小まめに削除しておく必要があります。

詳しくは下記の記事を参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
リビジョンを削除しデータベースを最適化する「Optimize Database after Deleting Revisions」で表示速度を上げよう!ワードプレスを運営する上でリビジョンはとても便利でありがたい機能です。 しかし、放っておくとサーバーの容量を圧迫しブログ自体の表示...

広告表示に役立つプラグイン

続いては広告の表示に役立つプラグインです。

①adMore(広告自動挿入)

「adMore」記事中に広告などを自動で挿入してくれるプラグインです。

挿入できるのはヘッダー、フッター、moreタグの3箇所あり、広告コードを記載しておくだけで簡単に表示してくれます。

またadMoreはワードプレスの新規追加には掲載されておらず、個人サイトからダウンロードできます。

詳しくは下記の記事にまとめたので参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
記事中に広告を表示させるなら「adMore」がおすすめ!インストールと設定方法まとめワードプレスを運営している方なら「記事中に広告を表示したい」と思う方は多いと思います。 しかし、記事毎にいちいち広告のコードを貼り...

②Widget Logic(ウィジェット条件指定)

ブログが大きくなってくれば、特定の広告を特定の記事やカテゴリーで表示させたくないということも出てきます。

そんな時に役に立つのが「Widget Logic」です。

多少、htmlの知識が必要になってくるのですが、Widget Logicではウィジェットと呼ばれるパーツごとに表示する条件を指定することができます。

例えば、下記の画像では「そのウィジェットは404ページ(ページが存在しない場合に表示されるエラーページのこと)では表示させない」と指定しています。

特に広告は「404ページ」には表示させない方がいいと言われているので活用しましょう。

テーマ移行時に役立つプラグイン

続いてワードプレスのテーマを移行する際に役に立つプラグインです。

①Regenerate Thumbnails(画像再生成)

テーマを移行した際に、サムネイルの切り取り方が変わって画像の比率がバラバラになってしまうことがあります。

もう一度画像をアップロードし直せば、サムネイルが再設定されて統一された画像の比率になるのですがこれはかなり手間です。

そんな時は「Regenerate Thumbnails」を活用しましょう。

すでにアップロード済の画像を一括で再生成し比率を統一して表示してくれます。

②Customizer Export/Import(カスタム設定ファイルのインポート)

「Customizer Export/Import」カスタム設定ファイルをインポート(またはエクスポート)できるプラグインです。

テーマによってはサイトのテーマカラーやボタンの色、各パーツの設定などあらかじめデザインしてくれているものもあります。

そのデザインをそのまま使いたい場合は、このプラグインを活用してカスタム設定ファイルをテーマにインポートしましょう。

③Search Regex(文字列置き換え)

テーマを移行した際にショートコードを書き換えなければならない場合があります。

そんな時に便利なのが「Search Regex」です。

ブログ内の文字列をワンクリックで任意の文字列に置き換えることができます。

ただワンクリックで全て置き換わってしまうので、スペルミスなどには注意しましょう。

まとめ:プラグインを活用し快適なブログ運営を!

今回は僕が活用している便利なプラグインを紹介しました。

どれもブログ運営にはかかせない便利なものばかりなので、上手く活用して日々のブログ運営に活かしましょう。

ただし、便利だからといってプラグインを導入し過ぎることがないように注意してください。

あまりプラグインを導入し過ぎると、ブログ自体が重くなってしまい表示速度が遅くなってしまうことがあります。

だからこそプラグインは厳選して活用するようにしてくださいね。

【プライムデーが7月16日(月)12時からスタート】

年に一度のAmazonのビッグセール「プライムデー」が7月16日(月)12:00から開始されます!

毎年めちゃくちゃ割引されてお得なのでぜひチェックしてみてください。

今年の目玉商品はこちら↓

あわせて読みたい
【2018年最新】Amazonプライムデーの目玉商品まとめ!お得なAmazonデバイスを見逃すな!今年もAmazonプライムデーが開催されます! Amazonプライムデーとは年に一度開催されるプライム会員限定の超お得なビッグセー...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。