スマホ・格安SIM

格安SIMとは?auからmineoに乗り換えたので初心者の方にわかりやすく解説!

月々の携帯料金って高くないですか?

どうにかもっと安く抑えられないかと色々試した結果、僕が最終的にたどり着いたのが格安SIMでした。

格安SIMとは、スマホを安く使うことができるSIMカードのことです。

auなどの大手スマホ会社から乗り換えることで、月々3,000円以上も料金を下げることができます。

ただ、僕は格安SIMを知るまでは

ウル
ウル

「格安」とかなんだか胡散臭くない?

安くなるらしいけど面倒くさいんでしょ?

こういったイメージを抱いていました。

この時はろくに調べようとすらしなかったのであまり人のことは言えないのですが、格安SIMを利用しないのはすごくもったいないです。

このページでは格安SIMが何なのかを知りたい方に向けて、

  • 格安SIMとは?
  • 格安SIMのメリット・デメリット
  • おすすめの格安SIM会社

これらについて、わかりやすくまとめていきます。

あなたも格安SIMに乗り換えることで、毎月の携帯料金をかなり節約できるはずです。

ウル
ウル

1つ1つわかりやすく解説していくので、スマホが苦手な方も安心して読み進めてください。

格安SIM初心者の方にわかりやすく解説!

格安SIMとは?

格安SIMの「SIM」とは、スマホの中に入っている「SIMカード」のことを指します。

SIMカードは下の画像のような小さいチップの形状をしています。

そして、携帯の端末によって、Mini(ミニ)、Micro(マイクロ)、Nano(ナノ)の3つの大きさに分かれています。

このSIMカードには購入者の情報が埋め込まれていて、SIMカードを携帯端末に差し込むことで音声通話やインターネットが出来るという仕組みになっているのです。

なので、スマホからSIMカードを抜いてしまえば、音声通話もインターネットも出来なくなってしまいます。

店頭で携帯電話を購入する場合は、ショップのスタッフさんがSIMカードを端末に入れた状態で端末を渡してくれるので、実物を見たことがないという人もいるかもしれません。

そして、このSIMカードを格安で提供しているのが、大手のスマホ会社以外の新しい携帯会社です。

名称の通り、大手のスマホ会社よりも格安SIMの方が圧倒的に料金が安くなっています。

実際に僕は大手のauから格安SIM会社のmineoに乗り換えたおかげで、毎月の携帯料金が半分以下になりました。

具体的には、僕のauの毎月の料金は2,500円程度でした(端末代は最初に一括で支払い済)。

ただWiMAXのモバイルWi-Fiのキャンペーンで、携帯料金が毎月934円割引になっていたので、実際の携帯料金は3,500円程度です。

そこから、mineoに乗り換えたのですが、余裕を持って音声通話付きの3GBにしても月々の支払いが1,510円程度になり、元の料金の半額以下になりました。

  • 格安SIMとはスマホを格安で利用できるSIMカードのこと
  • 大手スマホ会社より、格安SIMの方が圧倒的に安い

MVNOとは?携帯電話業界の実態

現在の大手の携帯会社といえば、ドコモ、au、ソフトバンクの3つが有名です。

というかこの大手3社が強すぎるので、その他に肩を並べられる企業が今まで存在しませんでした。

そもそもなぜこの3社が強いのかというと、電話の回線をこの3社で独占していたことが最大の理由です。

しかし、そんな状況が長年続いていると3社とも安泰なので、価格競争が起きずに値段は高いままです。

そんな状況を見ていた国がこれはいけないということで、

国

大手3社くん達!

回線を独占してないで、他の業者にも分けてあげてね!

となり、これにより大手3社の回線を借りて携帯電話業界に参入してきた企業が増えてきたのです。

この新たに参入してきた企業のことを

「仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)」

と呼びます(略して「MVNO」)。

ようは「大手3社から回線を借りて携帯電話事業始めました!」という新しい企業さん達です。

そして、このMVNOと呼ばれる企業が、先程の格安SIMを提供してくれています。

ただ最近参入してきた企業さんが多いので、大手に比べると知名度がまだまだ低いのです。

格安SIMカードを購入する際の注意点

格安SIMカードはネットで購入するのが一般的ですが、実店舗を構えている企業であればショップに出向いて購入することもできます。

ただし、購入する際に気をつけなければならない点があるので注意してください。

①SIMロックについて

SIMロックとは「特定の端末」で「特定のSIMカード」しか使えないように制限されている状態を指します。

例えば、「ドコモで購入した携帯端末」には「ドコモのSIMカード(回線)」しか使えないようにSIMロックされています。

なので、「ドコモで購入した携帯端末」「auで購入したSIMカード(回線)」は使うことができません。

格安SIM会社は、大手3社の回線を借りているのですが、どこの回線を借りているのかはそれぞれで異なります。

つまり、格安SIMに乗り換える際には、今現在使っている大手キャリアと同じ回線を利用している格安SIMでないと使えないのです。

例えば、ドコモで携帯端末を購入してドコモのSIMロックがかかっていた場合は、ドコモの回線を借りている格安SIM会社でなければ使えません。

ただし、SIMロックは条件を満たせば、解除することも可能です。

SIMロックを解除することができれば、どの回線でも利用することができるので自由に格安SIM会社を選ぶことができるようになります。

SIMロックを解除できるのは、基本的に2015年5月以降に発売された機種のみとなっています。

また購入してから規定の日数(約100日)が経過していることを条件としていることが多いです。

ちなみにAppleストアなどでiPhoneのみを購入した場合は、そもそもSIMロックがかかっておらず、どの格安SIMでも使うことができます。

ウル
ウル

SIMロックがかかっていない携帯端末は「SIMフリー端末」と呼ばれています。

②手持ちの携帯端末を使う場合は対応端末を確認しよう

格安SIMカードを購入する場合に、手持ちの端末をそのまま使いたいという方は、手持ちの端末がその格安SIMカードでしっかり動作するか事前に必ず確認しておきましょう。

どの格安SIM会社にも「動作確認済端末一覧」というページがあります。

参考までに、mineoの動作確認済端末のページを載せておきます。

動作確認済み端末のページはこちら

③携帯端末も一緒に購入出来る

携帯端末も新しくしたいという方は、SIMカードを購入する際に携帯端末もセットで購入することが出来るようになっています。

SIMカードと端末をセットで購入した場合、値段がお得になっていることもあるので、各格安SIM会社の公式サイトをチェックしてみましょう。

④格安SIMの契約タイプは2つ

会社によって多少の違いはありますが、格安SIMの契約タイプは大きく分けて次の2タイプが存在します。

  • データ通信のみ
  • データ通信+音声通話

「データ通信のみ」は、インターネットのみの利用なので通話はできません。

「データ通信+音声通話」は、インターネットに加えて通話も利用できますが、その分料金が少し高くなります。

音声通話の機能が付くタイプにするかは、あなたの使い方によるので、まずはどちらのタイプにするかを決めておきましょう。

その後に、月毎に使える「基本データ容量」を何GBにするか決めていくとスムーズです。

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMメリットとデメリットは次の通りです。

  • 月々の料金が安い
  • プランがシンプルでわかりやすい
  • 契約の縛りがゆるい
  • キャリアメール(@ezweb.ne.jpなど)が使えない
  • ネット通信が遅い時間帯がある
  • ほぼクレジットカード決済のみ

表にまとめるとこのようになります。

格安SIM 大手キャリア
料金 安い 高い
プラン シンプル 複雑
契約の縛り 数ヶ月 2年間
キャリアメール 使えない 使える
通信速度 時間帯によって遅い時がある 常に早い
支払い方法 ほぼクレジットカード 口座振替も可

格安SIMのデメリットについてですが、格安SIMでは「◯◯◯◯@ezweb.ne.jp」のような専用のメールアドレスはありません。

ただメールアドレスはgmailなどのフリーメールでいくらでも代用できるので、そこまでデメリットではないと思います。

もちろんキャリアメールを使いたい人や、今使っているキャリアメールを失いたくない人にはおすすめはできません。

あとはネット速度に関しては、特に利用が集中するお昼の休憩時間だと、回線が混雑して通信速度が遅くなりやすいです。

混雑時以外の時間帯は特に問題ありませんが、「一瞬でも回線が遅くなるのは困る!」という方にはデメリットだと思います。

スポンサーリンク

格安SIMについて気になる疑問

Q:回線の性能は心配ないの?

A:回線は大手から借りてきているものなので、性能自体は大手の回線と同じです。

ただ借りてきている性質上、利用が集中する混雑時には通信速度が遅くなることもあります。

ただ僕は普段からLINEのやり取りやゲームアプリを使っていますが、特に問題なく使えています。

Q:なぜそんなに安くできるの?

A:MVNOが提供するSIMカードは「格安」と呼ばれていますが、実はこちらの値段の方が適正であり、今までの大手3社が高過ぎたのです。

なので、格安SIMを使うことで値段が安くなるというよりは、適正な値段になるということですね。

Q:格安SIMは申し込みや設定が手間なの?

A:これは否定しません。

申し込みや設定に時間や手間はかかります(30分〜1時間くらい)。

ただ僕の場合ですが、auショップで携帯電話を新規で購入した時は1時間くらいかかったので、時間で考えるとどちらもそんなに変わらないかなと思います。

Q:使っていた電話番号って引き継げるの?

A:引き継げます。

格安SIMでも音声通話付きのプランを選択して、MNP制度を使えば今まで通りの番号を使うことができます。

MNPとは?

「Mobile Number Portability」の略で、携帯電話番号ポータビリティのこと。

携帯会社を乗り換える際に、電話番号をそのまま引き継げる制度のことです。

便利な制度ですが、発行手数料として3,000円(税別)ほどかかります。

おすすめの格安SIM会社はどこ?

格安SIMは年々数が増えてきていて、初めての乗り換えだとどこを選べばいいのか悩みがちです。

なので、そういった方に向けて、おすすめできる格安SIM会社を

  • 利用料金
  • 通信速度
  • 顧客満足度

これらの観点から総合して、3つに絞って紹介しておこうと思います。

初めての格安SIMならmineo

通信速度を重視するならY!mobile

家族や夫婦で一緒に乗り換えるならBIGLOBEモバイル

mineo」はドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアの回線に対応しているので初心者の方でも乗り換えやすいのが特徴です。

また2年連続で顧客総合満足度第1位を獲得しており、サポートも手厚いので初めて乗り換える方ならmineoがおすすめです。

Y!mobile」はとにかく速度にこだわりたい方向けです。

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドとして、独自の回線を持っているので格安SIMの中でもダントツで通信速度が早いです。

速度が遅いとイライラしてしまうという方はYmobileがおすすめです。

BIGLOBEモバイル」は2台目から毎月200円引きになる家族割や、900円から利用できるシェアSIMがあります。

お得な家族割がある格安SIMは少ないので、家族や夫婦で使いたいという人にはおすすめです。

それぞれの格安SIMについて、もっと詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

おすすめの格安SIMの詳細はこちら

【2019年】初心者におすすめの格安SIMはどこ?乗り換えにおすすめの格安SIM会社3選! 格安SIMの知名度が上がったことで、大手キャリアから乗り換えを検討する人が増えてきました。 ただ、格安SIMを取り扱う会社...

格安SIMとは?初心者の方にわかりやすく解説!│まとめ

まずは自分が一ヶ月にどれくらいの通信と通話をしているのかを確認して、格安SIM会社の料金プランを見てみてください。

この記事を読んで申し込みや設定などに1〜2時間を費やすだけで、その後は毎月ずっと数千円も節約することができるので、格安SIMを検討する価値は充分あると思います。

タイミング的に契約の更新月だという方はもちろんですが、

男性
男性

今の携帯会社で2年縛りがまだ終わっていない……。

という方も、長い目で見ると今すぐに乗り換えた方が損をしないケースが多いです。

早ければ早いほどお得になりますし、後に回すと面倒になってしまって結局やらないパターンが多いですからね。

今回、自分が知らないというだけで、「どれだけのお金を損してきたのか?」を改めて考えて反省するキッカケにもなりました。

今は毎月クレジットカードから引かれる携帯料金を見て、その安さに感動しています。

ウル
ウル

手間をかける価値は充分にあるので、あなたもぜひ格安SIM会社を検討してみてください!

おすすめの格安SIMの詳細はこちら

【2019年】初心者におすすめの格安SIMはどこ?乗り換えにおすすめの格安SIM会社3選! 格安SIMの知名度が上がったことで、大手キャリアから乗り換えを検討する人が増えてきました。 ただ、格安SIMを取り扱う会社...
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です