スマホ・格安SIM

【節約】格安SIMとは?格安スマホに乗り換えたので初心者の方にわかりやすく解説します!

月々の携帯料金って高くないですか?

毎月の固定費って本当に馬鹿にならないですよね。

どうにかもっと安く抑えられないかな〜と色々試した結果、最終的にたどり着いたのが格安SIMでした。

結果からお伝えすると、僕は格安SIMのおかげで毎月の携帯料金が半分以下になりました。

ただ、僕は格安SIMを知るまでは

ウル
ウル

「格安」とかなんだか胡散臭くない?

安くなるらしいけど面倒くさいんでしょ?

こういったイメージを抱いていました。

この時はろくに調べようとすらしなかったのであまり人のことは言えないのですが、「知っている上で選ばない」のならいいと思います。

ですが「知らないから選べない」のであれば凄くもったいないです。

なので、このページでは格安SIMがどんなものなのかを知りたい方に向けて、

  • そもそも格安SIMとは?
  • 格安SIMのメリット・デメリット
  • おすすめの格安SIM会社

これらについて、わかりやすくまとめていきます。

あなたも格安SIMに乗り換えることで、毎月の携帯料金をかなり節約できるはずです!

格安SIMをわかりやすく解説!

格安SIMとは?

まずは「格安SIMとは?」というところからお話していきます。

格安SIMの「SIM」とは、スマホの中に入っている「SIMカード」のことを指します。

小さいチップのような形状をしており、携帯の端末によって、Mini(ミニ)、Micro(マイクロ)、Nano(ナノ)の3つに分かれています。

このSIMカードには購入者の情報が埋め込まれていて、SIMカードを携帯端末に入れることで音声通話やネットが出来るという仕組みになっているのです。

なので、スマホからSIMカードを抜いてしまえば、音声通話もネットも出来なくなってしまいます。

このSIMカードは個人情報が入っているものなので、取り扱いには気をつけましょうね。

ちなみに店頭で携帯電話を購入した場合は、ショップのスタッフさんがSIMカードを端末に入れてくれるので、実物を見たことがないという人もいるかもしれません。

そして、このSIMカードは、

  • 大手携帯会社で提供しているものを「キャリアSIMカード」
  • その他の携帯会社で提供されているものを「格安SIMカード」

このように呼ばれています。

SIMカード自体にはそんなに差はありませんが、SIMカードを提供する会社によって名称が変わってくるという訳です。

そして、SIMカード自体には差がないにも関わらず、キャリアSIMカードよりも格安SIMカードの方が圧倒的に料金が安いんです。

  • 格安SIMとは「大手携帯会社以外の携帯会社で提供されているSIMカード」のこと
  • キャリアSIMカードより、格安SIMカードの方が圧倒的に安い

MVNOとは?携帯電話業界の実態

現在の大手の携帯会社といえば、ドコモ、au、ソフトバンクの3つが有名ですね。

というかこの大手3社が強すぎるので、その他に肩を並べられる企業が存在しませんでした。

そもそもなぜこの3社が強いのかというと、電話の回線をこの3社で独占していることが最大の理由でした。

しかし、そんな状況が長年続いていると3社とも安泰なので、価格競争が起きずに値段は高いままです。

そんな状況を見た国がこれはいけないということで、

国

大手3社くん達!

回線を独占してないで、他の業者にも分けてあげてね!

となり、これにより大手3社の回線を借りて携帯電話業界に参入してきた企業が増えてきたのです。

この新たに参入してきた企業のことを

「仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)」

と呼びます。

略して「MVNO」

秘密組織みたいでカッコイイのですが、ようは「大手3社から回線を借りて携帯電話事業始めましたー!」という新しい企業さん達です。

そして、このMVNOと呼ばれる企業が、先程の格安SIMを提供してくれています。

ただ最近参入してきた企業さんが多いので、大手に比べると知名度がまだまだ低いのです。

格安SIMカードを購入する際の注意点

月々のコストを抑えられることが魅力のSIMカードですが、購入する際に気をつけなければならない点がいくつかあるので紹介していきます。

ちなみに格安SIMカードはネットで購入するのが一般的ですが、実店舗を構えている企業であればショップに出向いて購入することもできます。

①SIMロックについて

まずは一番重要な「SIMロック」について知っておきましょう。

SIMロックとは「特定の端末」で「特定のSIMカード」しか使えないように制限されている状態を指します。

例えば、「ドコモで購入した携帯端末」には「ドコモのSIMカード(回線)」しか使えないようにSIMロックされています。

なので、「ドコモで購入した携帯端末」「auで購入したSIMカード(回線)」は使うことができません。

このSIMロックは携帯端末によって解除できたり出来なかったりするのですが、ここが非常に重要なポイントになっています。

というのも格安SIM会社は、主に下記の3つの回線を使っています。

  • ドコモの回線
  • auの回線
  • ソフトバンクの回線

ドコモで携帯端末を購入してSIMロックがかかっていたとしても、ドコモの回線を使っている格安SIM会社であれば、SIMロックを解除する必要なく使うことができます。

一方でドコモで購入した携帯端末で、auの回線を使っている格安SIM会社を使う場合は、SIMロックの解除をしなければいけません。

ただし、端末によってはSIMロックの解除自体が出来ないものもあるので気をつけて下さい。

ウル
ウル

ちなみにSIMロックがかかっておらず、どの会社のSIMカードでも使うことが出来る状態の端末は「SIMフリー端末」と呼ばれています。便利です。

②手持ちの携帯端末を使う場合は対応端末を確認しよう

格安SIMカードを購入する場合に、手持ちの端末をそのまま使いたいという方は、手持ちの端末がその格安SIMカードに対応しているか事前に必ず確認しておきましょう。

どの格安SIM会社にも「動作確認済端末一覧」というページがあります。

③携帯端末も一緒に購入出来る

携帯端末も新しくしたいという方は、SIMカードを購入する際に携帯端末もセットで購入することが出来るようになっています。

SIMカードと端末をセットで購入した場合、値段がお得になっていることもあるので、各格安SIM会社の公式サイトをチェックしてみましょう。

④格安SIMの契約タイプは2つ

会社によって多少の違いはありますが、格安SIMの契約タイプは大きく分けて2タイプ存在します。

それが「データ通信のみ」「データ通信+音声通話」の2タイプです。

前者はインターネットのみの利用で通話はできませんが、後者はインターネットに加えて通話も利用できるというものです。

例えば下記はmineoという人気の格安SIM会社の料金プランです。

(画像引用元:mineo)

データ通信のみの方が料金が安く、音声通話を加えると月々の支払いが610円ほど高くなっているのが分かると思います。

音声通話の機能が付くタイプにするかは、あなたの使い方によるので、どちらのタイプにするかを決めておきましょう。

その後に月毎に使える「基本データ容量」をいくつにするか決めていくとスムーズです。

格安SIMのデメリット

格安SIMは月々の料金の安さが最大の魅力なのですが、もちろんデメリットもあります。

こちらもしっかり把握しておきましょう。

【格安SIMのデメリット一覧】

  1. キャリアメールが使えない
  2. ネット通信が遅い時がある
  3. テザリングに対応していないこともある

1つずつ詳しく見ていきます。

キャリアメールが使えない

大手のキャリア会社だと「◯◯◯◯@ezweb.ne.jp」のように専用のメールアドレスをもらえます。

しかし、格安SIMではこういったメールアドレスがないのでキャリアメールが使えなくなります。

ただメールアドレスはgmailなどのフリーメールでいくらでも代用できるので、これも人によってはそこまでデメリットではないと思います。

僕はそもそも普段の連絡にキャリアメールは使っていないので、全く問題ありませんでした。

②ネット通信が遅い時がある

回線が込むお昼や夕方辺りは若干回線の繋がりが遅くなることもあるようです。

ただ僕は携帯でゲームアプリをよくやるのですが、普通に使っている分には全く問題ありません。

「一瞬でも回線が遅くなるのは困る!」という方にはデメリットですね。

③テザリングに対応していないこともある

テザリングとは「携帯電話に繋がっているネット回線をパソコンやタブレットに分けてあげること」です。

これにより携帯電話以外の端末でもインターネットが使えるようになります。

格安SIM会社で扱う端末は、このテザリングに対応していないなかったり、対応していても通信の容量が決まっているのですぐに上限に届いてしまう場合が多いです。

なので、頻繁に携帯でテザリングを使うという方はかなりのデメリットだと思います。

ただ逆にそもそもテザリングを使っていない人からすると、そこまでのデメリットではありませんね。

スポンサーリンク

格安SIMについて気になる疑問

ここまでの内容で、格安SIMがどんなものなのかはご理解頂けたと思います。

次は格安SIMに関してよくある疑問についてまとめておきます。

Q:回線の性能は心配ないの?

A:回線は大手から借りてきているものなので、性能自体は大手の回線と同じです。

なので、全く心配はいりません。

僕も普段からLINEのやり取りやゲームアプリを使っていますが、特に問題なく使えています。

Q:なぜそんなに安くできるの?

A:MVNOが提供するSIMカードは「格安」と呼ばれていますが、実はこちらの値段の方が適正であり、今までの大手3社が高過ぎたのです。

なので、格安SIMを使うことで値段が安くなるというよりは、適正な値段になるという感じですね。

Q:格安SIMは申し込みや設定が手間なの?

A:これは否定しません。

申し込みや設定に時間や手間がかかります(30分〜1時間くらい)。

ただ僕の場合ですが、auショップで携帯電話を新規で購入した時は1時間くらいかかったので、時間で考えるとどちらもそんなに変わらないかなと思います。

Q:使っていた電話番号って引き継げるの?

A:引き継げます。

格安SIMでも音声通話付きのプランを選択して、MNP制度を使えば今まで通りの番号を使うことができます。

MNPとは?

「Mobile Number Portability」の略で、携帯電話番号ポータビリティのこと。

簡単に説明すると携帯会社を乗り換える際に、電話番号をそのまま引き継げる制度のことです。

便利な制度ですが、事務手数料が3,000円(税別)かかります。

格安SIMをおすすめしたい人・おすすめできない人

では実際に「格安SIMをおすすめしたい人」「おすすめできない人」について、重要なポイント毎にまとめてみたいと思います。

①格安SIMをおすすめしたい人

  1. 自宅や職場にWi-Fi環境がある人
  2. スマホでインターネット回線(検索や動画閲覧など)をあまり使わない人

この2つのどちらかに当てはまる人は、格安SIMを検討してみた方がいいと思います。

まずは自宅や職場にWi-Fi環境がある人ですが、そのWi-Fiのインターネット回線をスマホでも使うことが出来ます。

実際に僕は自宅にWi-Fi環境があるので、スマホ自体の通信量は月間0.4GB程度でした。

スマホは月に1GBもあれば足りるので、格安SIMの割安プランに変更して、その分コストを下げることができました。

またインターネットをあまり使わない人にもおすすめです。

僕の両親がそうだったのですが、キャリアのプランでパケホを使っていました。

パケホとは?

パケホーダイの略です。

パケット通信料が月額で固定されており、インターネットが使い放題のプランのこと。

パケホは上限がないのが魅力ですが、それで月々4,000円〜5,000円くらいかかってたんですよね。

両親はほとんどインターネットを使わないので、格安SIMの割安プランで充分足りました。

あなたも月にどれくらいの通信料を使っているのか、ぜひ一度確認してみてください。

もし通信料に余裕があるようなら、その分大幅にコストを下げることができるので、格安SIMを検討してみるといいと思います。

②格安SIMをおすすめできない人

  1. キャリアメールのアドレスを失いたくない人

格安SIMをおすすめできないのは、キャリアメールを使いたい人や失いたくない人です。

格安SIMにはキャリアメールがないので、キャリアメールを使いたい人や、今使っているキャリアメールを失いたくない人にはおすすめはできません。

おすすめの格安SIM会社は?

ここまで格安SIMについてお話してきましたが、

「格安SIMのことはわかったけど、どこを使えばいいの?」

と思った方も多いと思います。

なので、そういった方に向けて僕が厳選したおすすめの格安SIM会社も紹介しておこうと思います。

おすすめ①:LINEモバイル



対象のSNS(LINE、Twitter、facebook、Instagram)が、通信制限なく使い放題というのが一番の特徴です。

また回線はドコモとソフトバンクに対応しているので、使える端末としては下記のものが対象になります。

【LINEモバイル対応端末】

  • LINEモバイルで販売している携帯端末
  • ドコモの携帯端末
  • ソフトバンクの携帯端末
  • SIMロックが解除されているSIMフリー端末

SNSを頻繁に使う方にはLINEモバイルが一番おすすめです。

 

おすすめ②:mineo



「1,440円割引×3ヶ月」のようなお得なキャンペーンを定期的に行っています。

またauの回線に対応しているのも特徴の1つです。

auの回線を使っている格安SIM会社は少ないので、特にauで購入した端末をそのまま使いたい方におすすめです。

2018年9月からはソフトバンクの回線もスタートし、トリプルキャリアとなっています。

【mineo対応端末】

  • mineoで販売している携帯端末
  • ドコモの携帯端末
  • auの携帯端末
  • ソフトバンクの携帯端末
  • SIMロックが解除されているSIMフリー端末

僕はauのiPhoneを使っていたのですが、SIMロック解除が出来ない携帯端末だったのでau回線が使えるmineoに乗り換えました。

サポートも手厚くてよかったです!

 

mineoへの乗り換え手順をまとめたので、こちらの記事も参考にしてみてください。

【6ステップ】MNPを使ったmineoへの乗り換え手順をわかりやすく解説!このページではmineoへの乗り換えを検討している方に向けて、乗り換えの手順を6ステップでわかりやすくまとめておきます。最初に全体の流れを把握しておくことで、スムーズに乗り換えができるはずです!...

おすすめ③:楽天モバイル



楽天ポイントを貯めている方なら、使う度に楽天スーパーポイントが貯まってお得です。

またドコモの回線の他に、2018年10月からauの回線もスタートしました。

【楽天モバイル対応端末】

  • 楽天バイルで販売している携帯端末
  • ドコモの携帯端末
  • auの端末回線
  • SIMロックが解除されているSIMフリー端末

楽天を頻繁に利用している方におすすめです!

 

おすすめ④:DMMモバイル



月々の料金が業界で最安値レベルです。

またプランを小まめに変更できるのもDMMモバイルの特徴です。

DMMモバイルはドコモの回線を使っているので下記の端末が対象になります。

【DMMモバイル対応端末】

  • DMMバイルで販売している携帯端末
  • ドコモの携帯端末
  • SIMロックが解除されているSIMフリー端末

とにかく携帯料金のコストを抑えたい方、プランを頻繁に変更することがある方におすすめです!

 

まとめ:格安SIM初心者を卒業しよう!

僕はauのiPhoneを使っていたのですが、上記の画像のように毎月の料金は2,500円程度でした(端末代は最初に一括で支払いました)。

ただ僕はWiMAXのモバイルWi-Fiも契約していて、その関係でauの携帯料金が毎月934円割引になるというキャンペーンが適応されています。

なので、実際の携帯料金は3,500円程度ということになります。

そして、mineoに乗り換えたのですが、余裕を持って音声通話付きの1GBにしても月々の支払いが1,410円程度になり、元の料金の半額以下になりました。

(画像引用元:mineo)

もしあなたが「格安SIMをおすすめしたい人」に当てはまるのであれば、格安SIMを利用しない手はありません。

まずは自分が一ヶ月にどれくらいの通信と通話をしているのかを確認して、おすすめした格安SIM会社の料金プランを見てみてください。

この記事を読んで申し込みや設定などに1〜2時間を費やすだけで、その後はずっと節約することができるのだから、格安SIMを検討する価値は充分あると思います。

タイミング的に契約の更新月が迫っている方はもちろんですが、

「今の携帯会社でまだ2年縛りが終わっていない……」

という方も、長い目で見ると今すぐに乗り換えた方が損をしないケースが多いです。

早ければ早いほどお得になりますし、後に回すと面倒になってしまって結局やらないパターンが多いですからね!

今回、自分が「知らない」というだけで、「どれだけのお金を損してきたのか?」を改めて考えて反省するキッカケにもなりました。

今は毎月クレジットカードから引かれる携帯料金を見て、その安さに感動しています。

ウル
ウル

手間をかける価値は充分にあるので、あなたもぜひ格安SIM会社を検討してみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です