ブログ運営

ワードプレス初心者は無料テーマと有料テーマのどちらを使うべき?

ワードプレスを運営していく上でブログの「デザイン」「カスタマイズのしやすさ」はとても重要です。

また読者が「読みやすくて居心地がよい」と感じるブログにすることも大切な要素です。

どちらも重要な要素ですが、この2つにダイレクトに関わってくるのが今回取り上げる「テーマ」です。

テーマは本当に様々なものがありますが、どのテーマを使うかでブログは全くの別物になります。

特にワードプレス初心者の方は「無料テーマ」を使うべきか?

それとも有料テーマ」を使うべきか?

一度は悩むと思います(僕はめちゃくちゃ悩みました)。

結論からお伝えするとワードプレス初心者の方ほど「有料テーマ」を使うべきです。

このページではワードプレスのテーマ選びに悩んでいる方に向けて、「有料テーマを使うべき理由」とおすすめできるテーマである「ストーク」についてまとめておきます。

この記事を読んでもらえれば、テーマ選びに悩む時間を削減できるはずです。

なぜ「有料テーマ」を使うべきなのか?

ワードプレスのテーマには「無料テーマ」と「有料テーマ」の2種類が存在します。

無料で配布されているテーマにも素晴らしいものはたくさんあるのですが、僕はブログ初心者の方ほど有料テーマを使うべきだと思っています。

その理由は大きく3つほどあります。

  1. デザインやカスタマイズがスムーズに行える
  2. 他のブログとの差別化ができる
  3. サポートが充実している

①デザインやカスタマイズがスムーズに行える

ワードプレスにテーマを入れた時にデザインやカスタマイズを行う必要がありますが、無料ブログだとどうしてもその設定に時間がかかってしまうものが多いです。

実際に僕も以前無料テーマを使わせてもらった時に、ブログのデザインがなかなか決まらず、カスタマイズに3日間も費やしてしまったことがありました(ワードプレスに慣れていなかったのもあります)。

それにブログを始めたばかりの頃って楽しくてデザインに凝ったり、色々なカスタマイズを試してみたくなるんです。

もちろんそれ自体はいいのですが、そればっかやってると肝心の記事を書き始めることができないんですよね。

特に几帳面な人とかこだわりが強い人だと、ずっと微調整を繰り返すことになります。

当たり前ですが、優先順位が高いのは「記事を書くこと」です。

なので、デザインやカスタマイズは有料テーマに全部まかせて、その節約できた時間で記事を書いた方が圧倒的に効率がよく生産的です。

ネット関係に詳しいキッズ
ネット関係に詳しいキッズ

細かい部分は有料テーマにまかせて、すぐに記事を書き始めた方がいいのです!

②他のブログとの差別化ができる

あなたのブログを読者の方に覚えてもらえるように他のブログと差別化する必要があります。

特に無料テーマは無料ゆえに使用している方がたくさんいます。

そこで、同じ無料テーマを使っていてはその他のブログに埋もれてしまい、いつまで経っても読者の方に覚えてもらえずリピーターが増えません。

なので、有料テーマを使用することで「このブログは他と違う」「このブログのデザインかっこいいな〜」といった感じで、ブログを差別化することが出来るのです。

ブログを差別化するもっとも手軽な方法の1つがワードプレスのテーマなのです。

③サポートが充実している

有料テーマはお金を払って購入しているので、サポートが充実しています。

何か困ったことや気にあることがあれば、気兼ねなくサポートに問い合わせることが出来ますし、自社のサイトで購入したテーマのカスタマイズ方法などを紹介してくれているところもあります。

スポンサーリンク

「ストーク」の特徴とおすすめできるポイント

「初心者の方こそ有料テーマを使うべき」とお伝えしましたが、一概に有料テーマと言ってもたくさんのテーマが存在します。

なので、ここからは数あるテーマの中で特におすすめできるテーマである「ストーク」の特徴とおすすめできるポイントについてお話していこうと思います。

ストークを見てみる

特徴①:洗練されたデザイン

ネット関係に詳しいキッズ
ネット関係に詳しいキッズ

ストークの一番の特徴は「洗練されたデザイン」なのです。

僕が購入する一番の決め手になったのが、スタイリッシュなデザインです。

僕はデザインにこだわってしまうタイプなので、今まではそこに時間をかけてしまいなかなか記事を書く作業に移れませんでした。

しかし、ストークのデザインは非常に洗練されていて一瞬で気に入りました。

またストークはカスタマイズの方法が非常に分かりやすく、メニュー一覧のカスタマイズから簡単にデザインすることができます。

なので、ブログのデザインや各種設定の時間を大幅に短縮することが可能です。

特徴②:スマホ特化型のテーマ

ネット関係に詳しいキッズ
ネット関係に詳しいキッズ

ほとんどのブログで半分以上がスマホからの閲覧になってきていて、今後この流れはさらに加速するのです!

当ブログもそうなんですが、アクセスの半数以上がスマホからの閲覧です。

今後はさらにスマホからの閲覧が増えてくるので、ブログのスマホ対策は必須になってきます。

その点ストークのコンセプトは「モバイルファースト」なので、スマホからの見やすさや操作性などスマホ対策もバッチリです。

グローバルメニューの表示はこんな感じになります。

特徴③:PCとスマホで表示形式を別々に設定出来る

通常なら専用のコードなどを記載して分けるのですが、ストークならPCとスマホの設定をそれぞれ簡単に行うことが出来ます。

例えば記事のタイプは4タイプあります。

【シンプル】

【カード型】

【マガジン】

【ビッグ】

このようにPCとスマホそれぞれで、この4種類から記事の表示形式を選ぶことが出来ます。

また広告などの表示もPCとスマホの両方でそれぞれ自由に設定することが可能です。

特徴④:各記事のレイアウトをワンクリックで設定可能

ストークには各記事に「記事レイアウト」の項目が設定されています。

これによりワンクリックで記事ごとに3つレイアウトの中から好きなレイアウトを設定することが可能です。

【デフォルト(2カラム)】

【フルサイズ(1カラム)】

【バイラル風(1カラム)】

記事の内容や役割によってレイアウトを変えたいことはよくあるので、これは本当に便利で助かっています。

特徴⑤:ショートコードが超便利

「ショートコード」とは便利な機能を記事の中に呼び出すことが出来る短いコードのことです。

例えば

こういった「関連記事の表示」「枠組み」「補足」「注意」などをボタン一つで呼び出すことができます。

いちいちコードを記載する手間がないので、これは時間の短縮になり本当に便利な機能です。

ネット関係に詳しいキッズ
ネット関係に詳しいキッズ

ちなみにショートコードで吹き出しも作れるのですが、左右の位置や色などを変えることもできるのです。

特徴⑥:様々な便利機能

ストークには他にも便利な機能がたくさんあります。

個人的にありがたいと思ったのが

  • 「コンテンツスライダー機能」
  • 「オリジナルのSNSボタン」
  • 「ランディングページ作成機能」

この3つです。

【コンテンツスライダー機能】

トップページのヘッダー下に任意のコンテンツを複数設定することができます。

このコンテンツは左右に動くので読者の方の目に止まりやすいです。

【オリジナルのSNSボタン】

SNSボタンもオリジナルで目に止まりやすいデザインになっています。

【ランディングページ】

ランディングページは使わない方も多いと思いますが、申し込みページなどを作る際に重宝します。

特徴⑦:サポートが充実している

ストークを提供して下さっているOPENCAGEさんですが、自社のサイトの中でストークの使い方についてまとめてくれています。

どの記事もとても丁寧で分かりやすくまとめてくれているので、一度サイトに目を通してもらえば、サポートの手厚さを実感してもらえるはずです。

また更新情報の通知や何か不明な点があれば問い合わせもできますし、安心して使うことができる環境が揃っています。

ストークの注意点

ここまでストークの特徴とおすすめできるポイントをお話してきましたが、注意するべき点もあります。

個人的にここが唯一のデメリットだなと感じているのですが、ストークは「1回の購入で1サイト」のみ利用できます。

【1. テーマについて】

オープンケージ(以下:当社)で配布しているテーマはWordPressを専用のブログテーマです。テーマをご利用頂くにはWordPressが正常に動作する環境が必要です。

本テーマは主要ブラウザにて動作確認していますが、100%の表示保証、動作保証はできませんので、十分にデモサイトをご確認になり納得の上でお申し込みください。
また、WordPress本体のアップデートに伴う100%の動作保証もできません。

1回の購入で1サイトにご利用可能です。※1

当サイトで提供しているテーマは日本語向けに製作されたものとなります。(英語サイトなどに完全に適用するにはファイルのカスタマイズが必要になります)

本テーマは主要ブラウザにて動作確認していますが、100%の表示保証、動作保証はできませんので、十分にデモサイトをご確認になり納得の上でお申し込みください。(CSS3を使用していますので、Internet Explorerでは見え方が異なる場合があります)

※1. テーマ内のPHPファイルはGPLライセンスです。画像やCSSファイル、JavaScriptファイルは独自ライセンスとなりますので、それらをコピーして別サイトとしてご利用いただくことはできません。

(文章引用元:STORK「ご利用規約」

元々1サイトのみ運営しているという方であれば問題ありませんが、複数サイトで「テーマを使い回したい」という方にはストークは向いていません。

その場合は当ブログでも使っている「JIN」がおすすめです。

ストークよりも値段は上がりますが、1回の購入で複数のサイトで使うことができます。

JINを見てみる

まとめ:ストークは「かゆい所に手が届くテーマ」

ストークはブロガーの意見を取り入れた「かゆい所に手が届くテーマ」です。

初心者の方だとテーマにお金を払うことに多少抵抗があるかもしれませんが(僕がそうでした)、ストークは間違いなく値段以上の価値があると断言できます。

難しいhtmlの知識とかも必要なくワンクリックで様々なことができますし、なにより「できない〜」って悩むストレスがないです。

僕は今までに様々な有料テーマと無料テーマを使ってきましたが、正直ここまでブロガーのことを考えたテーマはないと思います。

ストークを見てみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。