冠婚葬祭

【ご祝儀袋のマナー】正しい書き方と絶対にやってはいけない注意点まとめ

このページではご祝儀袋のマナーを知りたい方に向けて、

正しい書き方と絶対にやってはいけない注意点についてまとめておきます。

このページを読むことで、ご祝儀袋の正しいマナーを身に付けることができるはずです。

ご祝儀袋の選び方

まずご祝儀袋には格式があり、包む金額によってどれを選ぶべきかが変わってきます。

目安としては包む金額の100分の1程度のものを選ぶとよいです。

例えば、ご祝儀として5万円を包むのなら500円程度のご祝儀袋を選ぶという感じです。

包む金額に比べてご祝儀袋の格式が高いものだと、マナー違反とされるので注意しましょうね。

ご祝儀袋自体は百貨店や文房具屋などのほか、Amazonなどでも購入することができます。

こちらはAmazonでベストセラー1位のご祝儀袋です。

基本的にご祝儀袋を購入すると下記のものが入っています。

  • ご祝儀袋
  • 中袋(お金を入れる袋)
  • 短冊(1枚〜複数枚)
  • 短冊をご祝儀袋に貼り付けるシール

またご祝儀袋に付いているリボンのような帯紐の飾りのことを水引といいますが、

水引はその結び目で意味が変わってくるので気を付けましょう。

上記の画像の水引は結び切り(あわび結び・真結び)といって、1度結んだらほどけない結び方です。

なので、1度限りで繰り返さないで欲しいという願いをこめて、結婚式の際に用いられます。

結び切りは弔事(葬儀などの不幸な出来事)の際にも用いられます。

そして、もう一つの結び目が上記の蝶結び(リボン結び・もろなわ結び)と呼ばれるもので、これは何度でも結び直せる結び方です。

何度あっても祝いたいという思いを込めて、出産合格祝い入学祝いなどの際に用いられます。

コバ
コバ

結婚式のご祝儀袋は1度限りなので「結び切り」です!

「蝶結び」を選ばないように気を付けてくださいね。

包む金額の目安

ご祝儀袋は包む金額によって変わってくるとお話しましたが、

包む金額は兄弟、親族、友人、職場関係(上司・先輩・後輩)など、相手との関係性で大分変わってきます。

一般的な包むべき金額の目安を載せておきます。

相手との関係 金額
欠席 1万円
友人・職場関係 3万円
兄弟・親族 5万円~

上記の金額はあくまで一般的な相場なので、お世話になった人などであれば、

感謝の気持ちを込めて目安以上の金額を包んでも構いません。

ただし、包む金額には注意するべき点があります。

  • 割り切れない奇数の金額を包む

割り切れない奇数がよいとされているのは、

2人の仲が分かれない(離婚しない)ようにという配慮からです。

ただし、「八」は割り切れますが末広がりとしての意味もあるのでよしとされており、

奇数でも「九」は苦を連想させるので避けるのがマナーです。

また夫婦で出席する場合などは、

2人分をまとめて10万円(5万円×2人分)とする場合もあります。

ご祝儀袋のマナー

ご祝儀袋は格式の他にも色や形など様々な種類が存在しますが、基本的なマナーはどれも同じです。

その①:短冊の書き方

短冊は「寿」、「御祝い」、「Happy wedding」など、

複数入っていることがありますが、好きなものを使用して問題ありません。

無難なのは「寿」なので、迷ったらそれにしましょう。

短冊に名前を書く際の注意点としては、

  • フルネーム
  • 楷書体で書く
  • 毛筆か筆ペン(黒色)を使う

たまにボールペンや万年筆で書く方がいますが、

ボールペンや万年筆だと字体が細くて見栄えが悪くなってしまいます。

なので、必ず毛筆か筆ペンを使うようにしましょう。

またその際の色ですが、必ず黒色を使います(薄墨は絶対にダメです)。

薄墨は弔事などの不幸があった際に使われるものです。

薄墨には「涙が落ちて墨が薄くなってしまった」という意味合いがあり、弔事を悔やんでいることが伝わります。

短冊に名前を書く際のポイントとしては、一度短冊をご祝儀袋に合わせて水引の位置を確認し、

どこから書き始めるか印を付けてから書いた方がいいです。

いきなり名前を書いてしまうと、

短冊を貼った時に名前が水引とかぶってしまって隠れてしまうことがあるので、

名前は水引より下から書くように気を付けましょう(ソースは僕)。

短冊に名前を書いたらシールを使ってご祝儀袋に貼り付けておきましょう。

その②:中袋の書き方

続いては中袋の準備です。

表面には包んだ金額を縦書きで記入し、

裏面に住所と自分の名前を縦書きで記入しておきます。

中袋の中には表面に住所と名前、裏面に金額を記入する欄が印刷されているものもあります。

その場合は印刷してある項目に従って記入して問題ありません。

  • 包んだ金額を旧字体で書く
  • 楷書体で書く
  • 毛筆か筆ペン(黒色)を使う

中袋で特に注意したい点として、表に書く金額は旧字体で書くのが正式とされています。

理由としては、後からの加工を防ぐためです。

例えば「一」は後から本数を足して「三」や「十」などに簡単に加工できてしまいますからね。

こういったことを防ぐために画数の多い旧字体が使われています。

金額 旧字体
1万円 金壱萬円
3万円 金参萬円
5万円 金伍萬円
7万円 金七萬円
8万円 金八萬円
10万円 金拾萬円

なので3万円を包む場合は、




と中袋の表面に縦書きで書くのが正式な書き方です。

その③:中袋に入れるお札について

中袋の準備ができたら、お札を入れましょう。

ただし、中袋にお札を入れる際にも注意点があります。

  • 入れるお札は新札
  • お札の向きを揃えて表面が上になるように

お祝いごとなのでお札は新札を予め用意しておきましょう。

銀行などで両替してもらうことが可能です。

そして、お札を出した時に諭吉さんが

福沢諭吉
福沢諭吉

やぁ、おめでとう!

と歓迎しているように、向きを揃え表面を上にして中袋に入れておきましょう。

ちなみに中袋は糊付けやテープなどで封をする必要はありません。

その④:形を崩さずに中袋をご祝儀袋へ入れる方法

中袋にお札を入れたら、ご祝儀袋の中に包みます。

ここでワンポイントなのですが、ご祝儀袋の水引を取って全て開いてしまうと形が崩れてしまいます。

なので、ご祝儀袋の形を崩さないように中袋を入れる方法を紹介します。

まずご祝儀袋の裏側を上にして持ちます。

そして、下側の部分だけ水引から抜き取ります。

次に左右からご祝儀袋を押して隙間を作り、

その隙間から中袋を入れ、

下側の部分を水引で止めて元の形に戻します。

この時必ず下側を上に重ねるようにしましょう。

下側を上に重ねるのは「幸せがこぼれて逃げないように」という意味合いがあります。

逆に上側を上に重ねるのは弔事の際に使われるものなので、真逆に意味になってしまいます。

この場合は不幸が早くこぼれ落ちて逃げますようにという意味を持っています。

スポンサーリンク

袱紗(ふくさ)の使い方

ご祝儀袋はそのままではなく、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのがマナーです。

袱紗を使う理由としては下記の2つです。

  • ご祝儀袋が崩れたり汚れたりするのを防ぐため
  • 金封を受けとる相手への心遣い

また袱紗は慶事と弔事で使う色が違います。

  • 慶事…赤やオレンジ、ピンクなどの暖色系
  • 弔事…紺や緑、グレーなどの寒色系

※「紫」は慶事・弔事どちらでも可

それでは袱紗でのご祝儀袋の包み方を紹介していきます。

(※今回は弔事用の袱紗を使っています。)

まず袱紗を裏返してひし形のように広げ、中央左寄りにご祝儀袋を置きます。

刺繍があるタイプのものなら刺繍が右側にくるようにしましょう。

左側を折り曲げ、余った部分はご祝儀袋の裏側へ回します。

次に上から折り曲げます。

そして、下から折り曲げ、余った部分は手前に折り返しておきます。

最後に右側から折り曲げて、

ご祝儀袋をグルっと包み込めば完成です。

この手順とは逆に「右→下→上→左」の順で折りたたむと弔事の際の包み方になります。

折りたたむ順番を間違えないように気を付けましょう。

ご祝儀袋の渡し方

受付に到着したらまず「本日はおめでとうございます」と挨拶をしましょう。

そして下記の手順で受付の方にご祝儀袋を渡します。

  1. 持参したご祝儀袋を左手に持ち袱紗から取り出す
  2. 袱紗を畳み、畳んだ袱紗の上にご祝儀袋を乗せる
  3. 右回し(時計回り)にしてご祝儀袋を受付の方に向ける
  4. 両手で手渡す

ご祝儀袋を渡したら、芳名帳(ほうめいちょう)に名前を記入して受付を済ませましょう。

芳名帳(ほうめいちょう)とは?

結婚式などで出席したゲストが名前や住所を記帳する帳簿のことです。

「ゲストブック」とも呼ばれます。

まとめ:マナーを守る理由

あくまで個人的な考えですが、マナーを守る理由は

  • 相手に不快な思いをさせないため
  • 自分の振る舞いで大切な家族や周りに迷惑をかけないため

この2つが大きいと思っています。

特に結婚式など特別な行事の時って意外とマナーができているか見られているものです。

サラッとマナーのある振る舞いができる方は、やはりそれだけでカッコいいですよね。

マナーは身に付けてしまえば一生役に立ってくれるものなので、

ぜひこの機会にしっかりと身に付けて、幸せの門出に華を添えましょう。

コバ
コバ

それとご祝儀袋と同様に礼服のマナーも重要です。

礼服について知っておくべき知識をまとめたのでこちらにも目を通してみてください。

あわせて読みたい
礼服はシングルとダブルどちらを選ぶべき?礼服の種類やスーツとの違いまとめこのページでは礼服でシングルとダブルのどちらを選ぶべきか悩んでいる方に向けて、 礼服を選ぶ際の基準についてまとめておこうと思います...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。