【古き良きRPG】感動する超おすすめの名作ランキング10選!ゲーム歴20年以上のゲーマーが本気で厳選してみた!

「涙で画面が見えない…」

世の中はたくさんのRPG作品で溢れていますが、涙を流すほど感動できるRPGは一握り。

個人的に最近のRPGはグラフィックに力を入れている反面、「冒険の要素」が少なくなってしまった気がしています。

なので、このページではゲーム歴20年以上の僕が、心の底から感動し涙した古き良きRPG達をあなたに紹介していこうと思います!

まとめる途中で懐かしい過去の作品達を思い返していたのですが、それだけで涙がでてきました笑

ネタバレも多少含んでいますので、ネタバレOKという方のみご覧ください!

感動する超おすすめの名作ランキング10選

第10位 スーパーマリオRPG


画像引用元:任天堂

「RPGス〜パ〜、マリオ〜RPG〜、

ロ〜ルプレイングゲーム、やりつくした人も〜

まんぞくさせます、マ・リ・オ・でっす!」

今でもあのCMの曲が忘れられません。

僕の中で「走ってジャンプする」という位置付けだったマリオが、一気にヒーローになった作品です。

天敵だったクッパや、普段は助けられる側のピーチ姫もプレイアブル化し、

「ちょ!おま!クッパ!良い奴かよ〜」

とクッパの株が急上昇したのを覚えています。

「昨日の敵は今日の友」

この言葉を地で行ったRPGだと思います。

ちなみに僕のベストメンバーは「マリオ・ジーノ・ピーチ」の3人。

そこにクッパはいなかった。

発売当初のハードはスーパーファミコンで、1996年に発売されています。

その人気からWiiのバーチャルコンソール(2008年)とWii Uのバーチャルコンソール(2015年発売)でも配信されているので、今プレイするならWii Uがおすすめです。

バーチャルコンソールとは?

バーチャルコンソールとは過去のゲーム機で発売されたゲームソフトをWii上で再現したものです。
ファミリーコンピュータ、スーパーファミコン、NINTENDO64、PCエンジン、メガドライブ、 NEOGEO、マスターシステム、MSXのゲームに加え、アーケードゲーム(ゲームセンター用ゲーム)をWii上で再現した「バーチャルコンソール アーケード」のソフトをWiiショッピングチャンネルでダウンロードしてWiiでお楽しみいただけます。

引用元:任天堂ホームページ

第9位 ヴァルキリープロファイル


画像引用元:スクウェア・エニックス

「その身に刻め!神技ニーベルン・ヴァレスティ!!!」

いったい何度この台詞を聞いたことか…。

ヴァルキリープロファイルは僕が北欧神話にハマるキッカケになった作品です。

オーディン、フレイ、トールなど、北欧の神々がモチーフとなったキャラクターが多数登場します。

個性溢れるキャラクターを仲間にできたり、戦闘では各ボタン毎にキャラが対応しているというシステムが斬新でした。

僕の最終的なパーティは「フレイ・レザードヴァレス・ブラムス」の3人。

裏ダンジョンであるセラフィックゲートの周回を繰り返し、「謎の書物」と「咎人の剣“神を斬獲せし者”」を無事獲得しました。

ヴァルキリープロファイルは1999年にプレイステーションで発売されたあと、2006年にPSPへ「ヴァルキリープロファイル-レナス-」として移植されています。

ヴァルキリーシリーズはやはり根強い人気を誇ってますね。

そんな愛されて続けるヴァルキリーシリーズの原点となった作品です。

フレイのエーテルストライクは必見。

第8位 ゼノギアス


画像引用元:スクウェア・エニックス

「シタン先生ー!!!」

主人公のフェイがピンチの時に颯爽と現れるシタン先生に惚れました。

コマンドの入力順でキャラクターの必殺技が変わったり、RPGなのにギアと呼ばれる人型ロボットに乗って闘うという斬新ぶり。

コマンド入力の必殺技の爽快感はクセになります。

またギアは燃料を消費して稼働するので、序盤の洞窟のダンジョン探索で燃料が切れないか緊迫感があってドキドキしました。

さらにギアはエンジン・フレーム・装甲のカスタマイズが面白く、ストーリーが進むにつれて各キャラクターのギアが進化していくのには興奮しました。

このギアが進化するとめちゃくちゃカッコイイんですよね!

ストーリーの合間合間で挿入されるアニメーションも世界観にマッチしていてよかった。

またミニゲームも凝っていてギア同士でバトルを行うバトリングにもハマってましたね。

発売当初のハードはプレイステーションで1998年に発売。

その後に2008年にプレイステーションストアのゲームアーカイブス(PS3/PSP/PSVita)でも発売されています。

若干大人な展開があるので17歳以上が対象です。

ゲームアーカイブスとは?

「ゲームアーカイブス」は過去に発売された、各ゲーム機の懐かしの名作ゲームソフトをダウンロードしてお楽しみいただけるサービスです。初代「プレイステーション」とPCエンジンアーカイブスは、PlayStation®3とPSP®(PlayStation®Portable)、PlayStation®Vita向けに、PlayStation®2アーカイブスは、PlayStation®3向けに配信中です。 WebのPlayStation®Storeでは、全てのゲームアーカイブスをご購入いただけます。

引用元:プレイステーション® オフィシャルサイト 

第7位 ペルソナ3


画像引用元:アトラス

「銃で頭を撃って闘う少年少女達」

そのインパクトが購入の決め手でした。

僕は元々アトラスのペルソナシリーズが好きなのですが、ペルソナ3は今までのシリーズのテイストをガラッと変えた作品です。

ダークな世界観から一変して、ポップな世界観へ。

その意外性も面白かった。

主人公目線で学園生活を過ごしながら、キャラクター達と接することで好意度が変化してストーリーに分岐ができます。

また自身の分身として闘うペルソナの育成・合成システムのやり込み要素にとことんハマりました。

そしてなにより、「昼間は平凡な高校生、夜は特別課外活動部で人知れずに敵対するシャドウと闘う」というワクワク感がヤバかった。

ヒーローを絵に書いたような王道の展開ですが、所々にギャグの要素も含まれていて、「高校生活ってこんな感じだったな〜」と懐かしい気持ちにさせてくれます。

何よりも仲間との絆の大切さを教えてくれる作品でした。

ゆかりか美鶴先輩で悩んだ人は多いハズ。

ちなみに僕は風花派です。

発売当初のハードはプレイステーション2で2006年に発売。

その人気から翌年の2007年には追加要素を加えた「ペルソナ3フェス」とペルソナ3所有者向けの「アペンド版」が発売。

その後、2009年にプレイステーションポータブルに移植されて発売されています。

ペルソナシリーズも未だに根強い人気を誇ってますね。

第6位 レジェンドオブドラグーン


画像引用元:ソニー・コンピュータエンタテインメント

「友との友情を学べるRPG」

主人公ダートの友であるラディッツが旅立った時はマジで泣いた。

そして、再会した時、また泣いた。

最後にダートがラディッツとの約束を果たした一杯に泣かされた。

元々はゲームのチラシを見ていてキレイなグラフィックに惹かれて購入した作品でした。

映像のクオリティは当時の作品の中では群を抜いていました。

中世の西洋をモチーフとした世界観の中で、主人公達がドラグーン(竜騎士)としての力に目覚めていきます。

キャラそれぞれに対応する竜がいて、戦隊モノ感がありますね。

そして、この作品はグラフィックだけではなく、とにかくシナリオが良すぎる。

特に序盤のヘルライナ監獄からの脱出とホークスでの防衛戦。

臨場感が半端なくてワクワクしっぱなしでした。

戦闘はターン制はではあるのですが、緊迫感があるバトルシステムが斬新でした。

具体的には攻撃の時にタイミングよくボタンを押し続けることで連続攻撃を繋げ、最終的に必殺技を出せるというもの。

上手くタイミングを合わせられれば、敵に与えるダメージも増えていくのですが、これが本当に奥深い。

何度も何度も練習して慣れたとしても常に気は抜けませんでした。

特に終盤に習得するロゼのデモンズダンスとか「成功させる気ないよね?」ってレベル。

技名というか難易度が悪魔でした。

ハードはプレイステーションで1999年に発売。

その後は2010年にゲームアーカイブスからPSPとPS3向けに配信されています。

スポンサーリンク

第5位 クロノ・クロス


画像引用元:スクウェア・エニックス

名作と名高い「クロノ・トリガー」の関連作品。

戦闘BGMからフィールド曲まで名曲の数々が揃っています。

個人的にはオープニング曲「時の傷痕」が最高に好き。

いつ聞いても鳥肌が立ちます。

戦闘システムは「弱・中・強」の3段階の攻撃があるのですが、スピーディーな攻撃モーションなのでその爽快さがクセになりました。

そしてストーリーは、主人公が選んだ選択肢によって分岐するマルチストーリーになっています。

仲間になるキャラクターが数十名もいるのですが、選択したシナリオによっては仲間にならないキャラクターもいるので注意。

1週目でキッドを見捨てることができず、グレンを仲間にできなかった人は多いハズ。

自分はグレンには2周目で加入してもらい、イルランザー二刀流で暴れてもらってました。

マジでカッコイイです!

ハードはプレイステーションで1999年に発売。

関連作品であるクロノ・トリガーをクリアしてからプレイするのがおすすめです。

おすすめの関連商品はこちら

クロノ・トリガー(1995年/PS)

第4位 ファイナルファンタジーⅥ


画像引用元:スクウェア・エニックス

ファイナルファンタジーシリーズの中でスーパーファミコンからリリースされた最後のタイトル。

友人が魔導アーマーと戦っているのを横で見ていて「面白そう」と思って購入した作品でした。

個人的にはパーティが分断されてバラバラになった後に、それぞれの視点でストーリーを進めたり、仲間が一堂に会しパーティを3つの部隊に編成して闘う場面がとても好き。

普段では使わないキャラクターにも活躍できる場面があるので、みんなで一緒に戦っている感じが凄くよかった。

キャラクターの中ではカイエンが渋くて好き。

カイエンのテーマは名曲過ぎるのでぜひ聞いてもらいたいでござる。

そして、次いでシャドウ。

僕は1週目シャドウを見捨てて仲間に出来ませんでした…。

ごめんよ、シャドウ(2周目はちゃんと待って仲間にしました)。

ハードはスーパーファミコンで1994年に発売。

その人気からPSをはじめ、バーチャルコンソール、ゲームアーカイブス、スマホアプリなどでも配信されています。

第3位 シャドウハーツ2


画像引用元:アルゼ

「シャドウハーツ」の続編タイトル。

悪魔の力を取り込んで、自分の力として使うことができる主人公ウル。

ガラが悪く、子供っぽい性格ですが、どこか憎めない性格。

作品のストーリー自体はシリアスなんですが、全体を通してコメディな要素が含まれていて笑わせてくれました。

バトルシステムもタイミングよくコマンドを入力していくものなので、常に緊張感を持って臨むことができます。

ヒロインであるカレンの剣技「ゲシュペンスト」「ゾンネスターク」がカッコ良すぎて何度も使ってました。

そして、忘れては行けないヨアヒムの変身した正義のヒーロー「グラン・パピオン」。これは必見。

ハードはPS2から2004年に発売。

隠し要素がふんだんに盛り込まれているので、特にやり込みが好きな方におすすめ。

プレイする際はぜひ前作のシャドウハーツをクリアしてからプレイしてみてください。

アリスとの再会に涙腺崩壊します。

おすすめの関連作品はこちら

シャドウハーツ(2001年/PS2)

第2位 聖剣伝説3


画像引用元:スクウェア・エニックス

名作シリーズ「聖剣伝説」の3作品目。

主人公を含め残りの仲間2人も最初に自分で選択出来るという自由度の高さ、作り込まれたトライアングルストーリー、可愛らしい精霊達が存在するファンタジーな世界観。

そして、なにより聖剣伝説3の代名詞とも言えるクラスチェンジシステム。

成長させることで各キャラクター毎に光か闇かのクラスを選択でき、その後選択した属性でさらにもう一段階の派生が可能。

クラスチェンジはプレイヤーによって、色々な意見や考え方があるので、議論できるのがめちゃくちゃ楽しかったです。

本当に僕はもう何周したか分かりません。

ハードはスーパーファミコンで1995年に発売。

また2017年にニンテンドースイッチから発売された聖剣伝説コレクションにも収録されています。

ちなみに僕の中で聖剣伝説4はまだ発売されていません←

おすすめの関連商品はこちら

聖剣伝説2(1993年/SFC)

聖剣伝説3の魅力はこちらに凝縮させたので一緒にどうぞ!

第1位 グランディア


画像引用元:ゲームアーツ

「汚れなき冒険者の魂だけが、未知なる世界への扉を開く」

やられた…もう完全にやられました。

このキャッチコピーが完全に当時の僕にヒットしました。

グランディアは僕がRPGに完全にハマるキッカケになった作品です。

グランディアのテーマは「冒険者」。

とある大陸の港町で生活する主人公ジャスティン。

「冒険者」になることに憧れるわんぱくな主人公が、海の向こうにある「世界の果て」を目指して旅立つことになります。

そして、その冒険の中で仲間達との出会いと別れを繰り返して成長していきます。

幼馴染のスーとの別れに涙し、師匠であるガドインの竜陣剣に度肝を抜かれました。

ヒロインであるフィーナがパコンにさらわれた時、チャン先生に挑んでボコボコにされたのはいい思い出。

常に主人公を通して「冒険をしている」というワクワクが止まりませんでした。

発売当初のハードはセガサターンで1997年に発売。懐かし過ぎますね。

そして、2000年にプレイステーションへ移植。

グランディアはまさに僕が求めていたRPGでした。

RPGが好きな方はぜひプレイしてみてください。

間違いなく忘れられない冒険になります!

大切な事はRPGから学んだ

気がつけばかれこれRPGを好きになってから20年以上が経っていました。

その間に僕は数え切れないほどのRPGをプレイしてきました。

特に学生時代は食事もろくに取らず寝る時間を削ってRPGをプレイ。

平日は学校が終わればすぐに帰宅し、休日は一日中ゲームに熱中していましたね。

おかげで両目とも視力が0.1以下になってしまったのですが、後悔はしていません。

RPGはそれ以上に大切なものを僕にくれました。

  • 経験を得て成長することの喜び
  • かけがえのない仲間の存在
  • 諦めないことの大切さ
  • 目標を達成して得られる達成感

大切なことはRPGから教わったと言っても過言ではないです。

まとめ

最後に僕のRPGの定義をお話しておくと

いつだって僕たちを童心に戻してくれるモノ

それがRPG(ロールプレイングゲーム)だと思っています。

  • 未知なる大地での冒険
  • 旅立ちの朝のワクワク感
  • 新たな人々や仲間達との出会い
  • 強敵と遭遇した時の緊張感

ラスボスを倒し、エンディングを迎えた時には鳥肌が立ち、今までの旅路を振り返る。

そして、気が付けば頬を涙が伝っていました。

クリア目的で始めたはずなのに、いざクリアしてしまうと

「まだ冒険を終わらせたくない!もっと冒険を続けたい!」

そんな思いを抱いていました。

いいゲームは心を震わせる。

あの時の感動は今でも忘れられません。

今回紹介したタイトルは僕が胸を張っておすすめできるものばかりです。

まだプレイしたタイトルがなかったら、この機会にぜひプレイしてみてください。

名作の感動は色褪せることはありませんので!

※2017年10月5日追記

2017年10月5日に発売されたニンテンドークラシックミニスーパーファミコンに収録されているタイトルに、今回紹介したRPGが含まれていました!

  • スーパーマリオRPG
  • ファイナルファンタジーⅥ
  • 聖剣伝説3の前作である聖剣伝説2

これらのタイトルを

「これからプレイしてみたい!」

「久しぶりにプレイしたい!」

という方にはめっちゃおすすめです!

僕は予約して発売日当日にプレイしてました!

クラシックミニスーパーファミコンをプレイした感想はこちらの記事をどうぞ。

スポンサーリンク









3 件のコメント

  • はじめまして、エバンと申します。
    コメント欄から大変恐れ入りますが、
    貴サイトを拝見し是非、ゲーム案件のご掲載をご提案させていただけないでしょうか。

    弊社はアプリに特化した完全クローズド型ASPを運営しており、
    ご興味ございましたらご連絡いただけますと幸いでございます。

    お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願い致します。

  • えっとですね……
    クロノクロスをトリガーの続編と勘違いする人が多いようですが、クロスは続編ではありませんよ。
    途中の蛇骨館でヤマネコが「クロノトリガー」と言うし、ボスとしてサラ達も出てきます。

    が、決して続編ではありません。
    公式も続編とはハッキリ言っていないうえに、続編という見方をする人が多いせいで「クロノクロスは駄作、トリガーのほうが良かった」などと言う人も出てくる始末。

    トリガーとクロスの世界観を混ぜないようにしてほしいものです。

    • Zenoさん

      記事を読んで頂きありがとうございます!!

      Zenoさんのおっしゃる通りクロスは続編ではなく「関連作品」とするべきでした。
      該当箇所を修正させて頂きました。

      ご指摘頂きありがとうございますm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。